GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続き・・・~

今月は、教室を始めた当初には思ってもみなかったものが出来上がりました。

それがこの竹箕。
石箕、草箕とも言われる、ひたすら頑丈な作りの箕です。
使ってるヒゴの種類が多い上に太いんで腕力がいるから、ご婦人が作るのはかなりキツイ。
おまけに片開きなので形が決め難いんだけれど、なんとまあ素敵にかっこいい箕ができちゃいました。
P4024104_convert_20170422205917.jpg

ひごづくりの精度が良かったんで、きれいな芋振り籠ができました。
P4074105_convert_20170422205939.jpg

差し六つ目の籠。
当て縁でずいぶん手こずりましたが、何とかまとまって良かったですね。
P4074107_convert_20170422205957.jpg

                                 (キト)
  1. 2017/04/22(土) 21:03:36|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工 ~ 鵜籠納入 ~

ぎふ長良川鵜飼の鵜匠さんにまとまった数の鵜籠類を納めました。
2年前にもこんな書き出しでブログに載せましたが、今回はその時の数(よつざし3個、鳥屋籠3個、吐け籠2個)より多く、よつざし7個、鳥屋籠3個。(二人分ですけど)
前回は軽トラに平積みでしたが、今回はご覧の通り2段積み。
金華山と岐阜城を背景にした愛車と鵜籠は、なかなかの眺めであります。
1 (2)

納入が終わって帰ろうと思ったら、河原で船頭さんが鳥屋籠を洗ってました。
長良川はおとといの雨のせいで流れが速くささ濁り。
2_20170419222814bc9.jpg

作業のお邪魔をして鳥屋籠を見せてもらったら、ずいぶんと修理の手が入ってて、ご苦労されている様子が解ります。
巻縁が傷むと切り取って当て縁にするんで高さがバラバラです。
3_2017041922281569d.jpg
今回の2段積みの鵜籠納入で取りあえず小生のささやかな夢は叶ったんだけれど、どうせなら、いつかは3段積みで走ってみたいなぁ。

                          (キト)
  1. 2017/04/19(水) 22:54:06|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も森の恵みを味わいました

ろうきん森の学校岐阜地区が始まって3年目の春です!
今年一番最初の講座は『森の恵みを味わう~春・山菜編~』と題して、
岐阜県立森林文化アカデミーの柳沢直先生から、山菜の見分け方などを教わりました。
DSC_0275(450).jpg

当日はあいにくの雨模様。
DSC_0280(450).jpg
ですが、定員を上回る大盛況な講座となりました(^^)/

まずは先生からの講義。
今回は雨だったので特別にちょっと長めのトーク!
DSC_0278(450).jpg
おなじみの?柳沢先生節で笑いの起こるあっという間の1時間でした

その後は古城山の森で山菜つみ
IMG_20170415_112328(450).jpg

DSC_0282(450).jpg

たくさんの山菜がとれました!
DSC_0285(450).jpg
あらためて今日の収穫を先生から解説。

この日のお昼ごはんは
ろうきん森の学校スタッフ謹製の、古城山で採れた山菜で作ったおひたしと
IMG_20170415_122613(450).jpg

かまどで炊いた菜花ご飯。
IMG_20170415_122621(450).jpg

もちろん、採った山菜もその場で揚げましたよ!
IMG_20170415_124528(450).jpg

スミレも天ぷらにしちゃいました
DSC_0286(450_2).jpg
見た目もいいし、もちもちでおいしいとなかなか好評でした(*´ω`*)

午後からは、この時期にみられる植物を探しに散策へ。
IMG_20170415_133122(450).jpg

食べられる野草、食べられない野草の見分け方も教わりました。
IMG_20170415_132544(450).jpg
柳沢先生と山を歩くと、新しいことをたくさん教えてもらえて本当に楽しいですね!

その間、台所スタッフはまたまた かまどでクッキング
IMG_20170415_145008(450).jpg

古城山で採ったよもぎで、よもぎ蒸しパン!
IMG_20170415_144116(450).jpg
参加者のみなさんに、おやつに食べてもらいました。

午前中の雨脚も午後には弱まり
古城山でお腹もこころも満たされた一日になりました(^^)v

(かしわ)
  1. 2017/04/16(日) 14:42:52|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美濃市産ヒノキでゴッホの椅子が完成しました

3月に開催したろうきん森の学校 森工塾(もっこうじゅく)
「ゴッホの椅子づくり」のご報告です。

今回使った材は全て美濃市の里山から調達しました。
まずは市内で活動する森林ボランティアクラブが里山整備で伐採したヒノキ。
IMG_3274.jpg
ゴッホの椅子の後ろ脚の長さは80cm
その材を木取るために長さ1mに玉伐りした材を山から下ろすのは
大変な労力が掛かります。

この時はくさびで半分に割ったあと、担いで山を下りました。
NEC_1925.jpg

それから、先日の伐倒研修で倒したろうきんの森のヒノキ。
IMG_3767.jpg

ここの山主さんが大切に育てたヒノキは
枝打ちもしっかりしてあったため、
節の少ない大トロがとれました。
IMG_3875_201704160030498d6.jpg

長くまっすぐに割れてくれたため、
後ろ脚の加工が非常に楽でした。
IMG_3883.jpg

今回の参加者は、東京、神奈川、埼玉、奈良
全て県外からお越しくださいました。
IMG_3888.jpg

素性のいい材と参加者の皆さんの頑張りの結果、
順調に講座も進行し、
最終日のお昼過ぎには座編みに取りかかることができました。
IMG_4073.jpg
シートの上で青空座編み教室、
非常に気持ちいいです。

そして、できあがった椅子に座りながらのお茶タイム
IMG_4081.jpg
「ゴッホの本のイメージ通りできた」
「妻に連れられてやってきたけど、やり始めたら夢中になって、立派な椅子ができあがった」
「椅子づくりが楽しくて、これから椅子が増えちゃいそう」
「自分の住む地域でもやっていきたい」
「ゴッホの椅子づくりは2回目だけど、一回目の失敗を克服することができた」

4日間お天気にも恵まれ、
素敵な皆さんと至福の時を過ごすことができました。
IMG_4084.jpg
コレだから椅子づくりはやめられません。
(小野)
  1. 2017/04/16(日) 00:39:16|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伐倒研修会

ろうきん森の工房建設工事が始まります。
それに先だって、3月4日(土)に
建設予定地となっているヒノキ林の支障木伐採を、
協会会員のチェーンソー技術向上のための研修会として開催しました。

講師は、森林文化アカデミーの先輩で、
きこりを生業としているじゅりーこと澤田さん。
1488624156568.jpg

まずは先生のお手本を見せていただきます。
流石、格好いいですね!
DSCN0051.jpg

このヒノキは、一週間後のゴッホの椅子づくり講座に使用します。
森の恵みをしっかりと循環させます。
DSCN0058.jpg

それでは、研修生の皆さんに倒していただきましょう。
DSCN0080X.jpg

先生の優しい眼差しに見守られながら追い口を入れていきます。
DSCN0101.jpg

もう少しです。
DSCN0105X.jpg

しっかりコントロールしながら
狭い敷地内に狙いを定めて倒します。
DSCN0108.jpg

ブラボー!
DSCN0111.jpg

さあ次は、管理棟建て家に近い木を倒します。
DSCN0114X.jpg

方向はこちら
DSCN0118X.jpg

しっかりと狙いを定めます。
DSCN0117X.jpg

さあ、いかがでしょうか?
DSCN0122.jpg

どんぴしゃ!
DSCN0123X.jpg

貴重な体験をさせていただきました。
自分たちの工房をつくる為の支障木の伐採を
自分たちの手で行う。
そんな願いを叶えていただいたジュリーに感謝します。
(記録:名和、編集:小野)


  1. 2017/04/10(月) 08:00:14|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ