GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

アウトドアで自分のためのものづくり!スプーンづくりキャンプ(2日め)

ふつかめの朝。
DSC_0744 (255x450)
キャンプの醍醐味は、この清々しい朝ですね。最高です。

気持ちのいい陽光の中、朝からスプーンづくり。
DSC_0760 (450x255)

DSC_0752 (255x450)

お昼前までで、ここまでできました!
DSC_0762 (450x255)

今日は、自分が作ったスプーンを使ってお昼を食べてみます。
DSC_0764 (450x255)
「まだまだ、厚いな・・・」
「大きいと、食べにくかったな・・・」
「自分にとっては食べやすくても、人にとっては食べにくいっていうこともあるよね」
「お店に売ってるスプーンも、口に入れてみて買いたいよね」
これまでに、こんなにもスプーンのことばかり考えていたことがあったでしょうか。
FB_IMG_1496570228798 (450x338)
グリーンウッドワーク協会理事長の小野は、「スプーン解剖学」と名付けました。

午後からは、スプーンの微調整。
DSC_0765 (450x255)
時々口に入れてみたりしながら、モーラナイフで黙々と削っていきます。
もくもくって「黙々」と書くんですね。書いて字のごとく、
まるで蟹を食べているかのように、スプーンをひたすら削っていました。
DSC_0766 (255x450)
なんて贅沢な時間。

さあ完成です!
DSC_0769 (450x255)

完成したスプーンで、
ひるがのミルクプリンを食べてみます
DSC_0770 (450x255)
柄の持ちやすいさ、すくいやすさ、口当たり。
自分だけのための、最高の一本ができました。

1496559995949 (450x337)
<参加者のみなさんの感想>
・次つくるときは、もっと理想のカーブを目指したい。
・これからは、木を見たらスプーンが作りたくなっちゃいそう。
・心が折れそうになったけど、みんなのおかげで折れなかった。スプーンは折れたけど。
・試行錯誤する時間がゆっくりとれてよかった。みんなそれぞれが食べやすいスプーンができた。
・2日間が小学校の図工の時間みたいに「あっという間」だった。
・ゆっくり時間をかけれたので、はじめて最後まで完成させることができた。

ろうきんの森岐阜地区のすてきなフィールドがあってこそ実現した、『スプーンキャンプ』。
もっと内容をねりねりして、定番化していけるといいなぁ、とスタッフ間でも盛り上がりました。

(かしわ)
  1. 2017/06/09(金) 13:11:24|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アウトドアで自分のためのものづくり!スプーンづくりキャンプ(1日め)

グリーンウッドワーク協会、はじめてのキャンプに挑戦!
DSC_0731 (450x255)
グリーンウッドワークでよく使う道具のひとつ、『モーラナイフ』をつくる海外の企業では
モーラナイフアドベンチャーというキャンプを毎年開催されています。
https://morakniv.se/produkt/morakniv-adventure-2017/
ふと見渡すと、スタッフのほとんどがキャンプ経験者!
なんで今まで気づかなかったんでしょう。こんな楽しそうなこと、やるしかないじゃないですか。

<<2017年6月3日(土)~4日(日)の2日間をかけて、「五感で味わうスプーンづくりキャンプ」を開催しました。>>

今回の講師は、当協会でスプーンを作らせると右に出る者はいない、堀江宏喜が担当しました。
DSC_0701 (450x255)

この造形美!
右端の4本と、左下で横になっている1本は他所の木工作家さんの作品ですが、並べても引けを取りません!
DSC_0735 (450x255)

2日間たっぷりあるので、もちろん樹を切るところから。
DSC_0703 (255x450)

参加者の皆さんが交代交代で1本の木を伐採。
現役のキコリさん(参加者さんです)がまずはお手本。
FB_IMG_1496471717593 (338x450)

樹を搬出します。
FB_IMG_1496471706544 (338x450)

DSC_0715 (450x255)

DSC_0717 (255x450)
ここまではおなじみ、加工の工程です。

これからが新しい試み。
DSC_0719 (255x450)
時間がたっぷりあるので、理想のスプーンの型紙を作りました。
講師のスプーンや本を参考に、そして今割った材のどの部分を使いたいか考えながら、
自分のためのスプーンのかたちを想像していきます。
DSC_0720 (255x450)

お昼ごはんは、もちろん木のスプーンで!
DSC_0724 (450x255)
講師のスプーンや、様々な木のスプーンを実際に使って食べてみて、
「薄い方が食べやすいね」
「口に入る角度は?」「柄の持ちやすさ」など
理想のスプーンのイメージをさらに膨らませていきます。
DSC_0726 (450x255)

イメージを膨らませ、おなかも膨らませたところで、
午後から削り始めます!
DSC_0729 (450x255)

ときどきアドバイスを伝えながら、
DSC_0737 (255x450)

自分と、自分のためのスプーンだけの時間。
DSC_0738 (255x450)

理想通りになるでしょうか。わくわくします。
DSC_0741 (255x450)

陽が落ちる前にテントを張って、今日の作業は終了。
FB_IMG_1496580264040 (450x338)

夜は、参加者のみなさん同士で
ものづくりの話し、ものづくりとは関係ない話し(生き方とか、北海道とか、北海道とか。)で盛り上がりました。
FB_IMG_1496580238136 (450x338)
こんなゆっくりした時間がとれるのも、キャンプスタイルならではですね。

(かしわ)
  1. 2017/06/08(木) 10:11:32|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ろうきん森の学校】森工塾 虫探しキャンプ

ろうきん森の学校の夏休み企画。
”虫”をテーマにしたキャンプを、今年も開催します!


一昨年、木の枝葉を細かく砕いたウッドチップで、カブトムシの幼虫にとって最良のすみかを「ろうきんの森」につくりました。
ほかにも森にはたくさんの虫がすんでいます。

ワナをしかけたり、夜に投光採集をしたり。
IMG_6411_201608110000086d8.jpg

夜の森を歩くナイトハイクや


早朝ハイク。


ろうきんの森にすむ、いろんな虫を探してみませんか。
今年も、福島計一さん(ふくちゃん)が森の先生です!


今年はどんな虫に出会えるかな?
ご参加お待ちしています!

- - - - - - <イベント概要> - - - - - -

ろうきん森の学校 森工塾
夜の森と朝の森を探検! 虫探しキャンプ


■日時: 平成29年8月5日(土)15:00~8月6日(日)11:00 

■場所: 古城山ふれあいの森
      (美濃市古城山環境保全モデル林:岐阜県美濃市吉川町)
 ※長良川鉄道梅山駅から歩いて5分
 ※お車の方は美濃市斎場の駐車場にお停め下さい

■定員: 親子5組(先着順)
※定員に達しましたので
  キャンセル待ちのみ受け付けいたします。


■参加費: 4,000円/1組
※夕食、朝食付き
※宿泊はテントもしくは管理棟内で寝袋となります。
※4,000円/1組は2名様(大人1名、子ども1名)までの料金です。追加の場合は1,500円/1名を申し受けます。

■申込
ご参加される方は、下記リンク先の申込フォームにて送信ください。
>>森工塾「虫探しキャンプ」申込フォーム(google フォーム)

上記フォームがご利用いただけない方は、
『お名前・年齢・性別・住所・電話番号・携帯番号』を記入の上、
下記メールまでお申込みください。
gww.rokinnomori@gmail.com
  1. 2017/06/06(火) 23:46:11|
  2. 講座のご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大蛇(オロチ)の胴

美濃市の大矢田小学校の運動会で毎年行われる「こどもひんここ」。
ここで暴れまわる大蛇(オロチ)の胴を作ったんで報告します。

「こどもひんここ」の様子ですが、なかなか迫力があります。
とぐろを巻いているのが、後にスサノオノミコトに退治される大蛇です。
1_convert_20170604223446.jpg

大蛇の胴、といっても実際に作ったのはその中身。
竹(淡竹)で作った枠に、竿を差し込む為のパイプを固定しました。
2_convert_20170604223517.jpg

大蛇1体に10個の胴が使われ、2体分で20個を作りました。
竿は、何代もの子供たちが握ってきたものを流用するため、取り外せるようにしてます。
3_convert_20170604223559.jpg

こんな風に持ちます。
頭は別にあって、10個の胴を長い袋の中に収めるんですが、動きは最初の写真で想像してみてください。
4_convert_20170604223614.jpg

納入するため小生の軽トラに積んでみたけれど乗せ切らず・・・
5_convert_20170604223626.jpg

軽バンに分乗させてもらって納入しました。
6_convert_20170604223637.jpg
9月の運動会の本番の前に子供たちが練習します。
たぶん大丈夫だと思うけど、ちょっと心配です。

                       (キト)
  1. 2017/06/04(日) 23:50:46|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みんなで工房の棟上げを行いました!

ろうきん森の学校岐阜地区の、今年の一大イベント。
それは、森の工房建設計画です!
18739253_1377051825717103_4058367136534966874_o(450).jpg
1年間かけて、ワークショップ形式でみんなで工房を作っていきます。

初回の今回は、工房の建て方。
講師は、一般社団法人inkの中島さんと、後藤建築の後藤さんです。
IMG_5063(450).jpg

まずは、電動工具の使い方を教わります。
IMG_5067(450).jpg

IMG_5100(450).jpg

スギ材を使った木造の骨組みを組み立てていきます。
IMG_5127(450).jpg

IMG_5090(450).jpg

IMG_5114(450).jpg

IMG_5133(450).jpg

こんな感じで、柱と梁を立てていきましたー!(人海戦術です)
※動画を再生すると音が流れますのでご注意ください。


倉庫の柱もたちました!
IMG_5147(450).jpg

本日のベストスマイル賞。
IMG_5161(450).jpg


今日のお昼ご飯は、かまどで炊いた淡竹のタケノコごはん、肉じゃが、お味噌汁。
IMG_5178(450).jpg

ごはんを食べて、午後からは高所作業が続きます!
安全第一。
IMG_5210(450).jpg

予定通り、1日で全ての部材を組むことができました。
ここで上棟式。菓子まきもしました!!!!
18700097_1202919586484472_6299742219649600936_n(450).jpg

ということで、
ビフォー
18767433_1202933856483045_6223781467657720362_n(450).jpg

アフター!
18664539_1202933939816370_462626967642864462_n(450).jpg

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
18813527_1202918633151234_8979995076300994649_n(450).jpg

工房建設WS、まだまだ続きますよー!
毎回おいしい里山ごはん付き。ぜひご参加ください。
>>工房WSのご案内
次回は、6月10日(土)にデッキ張りを行う予定です。

(かしわ)
  1. 2017/05/28(日) 20:00:53|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ