GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

森工塾「森の動物の暮らしを探る ガイドハイクと玩具づくり」開催しました!

今回は、森工塾の初企画。
ドイツの木工ろくろ技法「ライフェンドレーエン」を使った玩具づくりの体験とガイドハイクを行いました!

<<2018年5月26日 森工塾「森の動物の暮らしを探る ガイドハイクと玩具づくり」>>

講師は、共育工房IPPOのふくちゃんこと、福島計一さんです。
まずは、動物の玩具をつくるにあたり、
古城山には、いったいどんな動物がいるんだろう?
DSC_4245_450.jpg
ふくちゃんからお話しを聞いた後、動物の痕跡を探しに森へでかけました!

古城山の森には、リスやイノシシ、イタチ、カモシカ。
ひとりで歩いていては気づけない、いろんな動物の痕跡がたくさん!
DSC_4252_450.jpg

DSC_4267_400.jpg DSC_4284_400.jpg
DSC_4280_400.jpg DSC_4287_400.jpg

前日にしかけておいたセンサーカメラには、なんとおっきいイノシシも写っていました!
DSC_4256_450.jpg

↓動画はこちら(音量にご注意ください)


いろんな動物が森にいることを知って
午後からは、センサーカメラで見た、あの動物をつくります!
DSC_4301_450.jpg

なんの変哲もないドーナツですが
DSC_4296_400.jpg

割ってみると??
DSC_4297_450.jpg

断面がイノシシです!
DSC_4303_450.jpg

ドイツの伝統的な木の玩具の製造技法を、再現したものです。
本場ドイツでは、トウヒの生木で作られています。
この講座では、ヒノキで作ってもらいました!
要望を受けてドーナツを作ってくれたのは、美濃市に工房を構える「はしもと図工室」の橋本さん。ありがとうございます!
木工家ウィークにも出展されていました。

割ったドーナツのカケラにやすりをかけて
DSC_4305_450.jpg

彩色をして
DSC_4315_450.jpg
DSC_4308_450.jpg

動物だけでは寂しい!ということで、
DSC_4313_400.jpg
三角を切って、削って、樹もつくりました!
DSC_4319_450.jpg

樹を作っている間のイノシシたちはというと。
DSC_4317_450.jpg
足の絵具の乾燥待ちで、コロンと上を向いて寝てます。

33813060_1532623156847445_3178952209144479744_n450.jpg
森を歩いたのも、動物の痕跡を見つけたのも、
動物を作ったのも、ぜんぶ楽しかった!という声が子ども達から聞けました。
ライフェンドレーエン。グリーンウッドワーク協会の定番プログラムになりそうです!
33869754_1532623666847394_6986678684006481920_n450.jpg
(かしわ)
  1. 2018/06/10(日) 18:02:55|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ろうきん森の学校 森工塾「虫探しキャンプ」

8月の森工塾のご案内です。

古城山ふれあいの森では、森林整備で伐った木の枝葉をウッドチップにして、カブトムシの幼虫のすみかをつくっています。

ほかにも森にはたくさんの虫が棲んでいます。わなをしかけたり、夜に灯火採集をしたり。
20597428_1455029904585961_5150904954108700177_n(450)_20180528145224014.jpg

ナイトハイクや早朝ハイクでいろんな虫を探してみませんか。
IMG_20170806_091520(450)_20180528145227883.jpg

講師は、森工塾のガイドハイクでおなじみ。共育工房IPPOのふくちゃんこと、福島計一さんです。
20638824_1267977426645354_6420377189491817909_n(450)_20180528145228038.jpg

ことしも、昨年同様にカブトムシの放虫会実施予定です!
(もちろん、純・古城山のカブトムシさんです!ビートルベットが雨で流れてしまい、救出した幼虫をスタッフが自宅で育てたものです)
昨年の講座の様子はこちらから。

宿泊は基本テント泊となります。
テント泊が難しい方はご相談ください。

- - - - - - <イベント概要> - - - - - -

ろうきん森の学校 森工塾
夜の森と朝の森を探検 虫探しキャンプ

20638256_1267977633312000_5759337528212089484_n(450)_201805281449427a0.jpg

■日 程  2018年8月4日(土)15:00 ~ 5日(日)11:00
       ※3日間すべて参加できる方に限ります

■会 場  古城山ふれあいの森(美濃市環境保全モデル林)

■参加費  5,000円/一組(2名分)※追加は2,000円/名
        例)ご家族4名で参加なら9,000円

■定 員  親子・ご家族 5組
※定員に達しました。キャンセル待ちのみ受け付けします。

■講 師  福島計一(共育工房IPPO)

■申 込
>>森工塾「虫探しキャンプ」(google フォーム)

上記フォームがご利用いただけない方は、
『お名前・年齢・性別・住所・電話番号・ご希望の日程』を記入の上、
下記メールまでお申込みください。
gww.rokinnomori@gmail.com

※フォーム、メールともに一週間たっても確認のメールが来ない場合は、お手数ですがもう一度送信してください。
  1. 2018/06/04(月) 09:00:00|
  2. 講座のご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続き・・・~

今年2回目の報告です。

透かし網代の手提げ籠です。
 ☆ 母へのプレゼントで、前より小さいもの。網代は形をまとめるのが難しい。次は八つ目籠の予定。
P4084692_convert_20180527194411.jpg

ござ目のトレーです。
 ☆ 1個目より良く出来て、自分でも成長が感じられる。眼が出来てきたのでアラもよく解る。
P4204693_convert_20180527194431.jpg

味噌漉しです。
 ☆ 手間がかかったけど、達成感がある。イメージしていた通りのものが出来上がった。
P5114696_convert_20180527194457.jpg

 
ハイジの籠(六つ目の手提げ籠)です。
 ☆ 2個目で少し力加減が解ってきた。同じものを何個かつくることが大事だって解ってきた。
P4204694_convert_20180528143602.jpg

四つ目のセベです。
 ☆ 母へのプレゼントに作ったけれど、縁に苦戦しました。
P5134701_convert_20180527194542.jpg

八つ目の手提げ籠です。
 ☆ ずいぶん長くかかったけど、何とか完成して良かったです。
P5134702_convert_20180527194555.jpg

鉄線編みの手提げ籠です。
 ☆ 時間がかかった分、出来てうれしいです。
P5254717_convert_20180527194607.jpg
皆さん大きなものや手の込んだもの細いひごのものと、時間はかかってるけどちゃんと形になってきているのはすごいですね。


ついでに、小生の作ったものを便乗させてもらいます。ご笑覧あれ。

透かし網代の肩掛けカバン(て呼べばいいのかな)です。
手提げ籠を作った時も、ついでに投稿したけれど、これはその派生型です。
1個作ったら、もっと小さいのを作れと奥方からのお達し。
作れば作ったで、帯が可愛くないから気に入らねぇとか、も少し大きくしろとか注文が多い。
結局3個で打ち止め。(右端のは元になった、透かし網代の手提げ籠)
P5284725_convert_20180528142004.jpg

ぶら下げるとこうなる。
P5284719_convert_20180528154544.jpg


  1. 2018/05/28(月) 15:52:32|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森工塾「ゴッホの椅子づくり(後半)」を開催しました!

前回の講座から3週間。
ゴッホの椅子づくりの後半戦を行いました。

<<2018年5月19日(土)~20日(日) 森工塾「ゴッホの椅子づくり」(後半)>>

DSC_4195_450.jpg
ゴッホの椅子づくり講座、3日目の午前中は、前回できなかた前脚の加工から。余計な部分は、斧である程度はつります。

DSC_4193_450.jpg
前脚に続き、他の部材の最終仕上げも。

DSC_4197_450.jpg
お昼休みは、前日の雨で洗われた清々しいヒノキ林を眺めながら。
この日はまるで高原にいるように涼しく、気持ちのいい日でした(^^)v

DSC_4200_450.jpg
午後からは、ホゾ穴をあけて

DSC_4212_450.jpg
まずは、後脚側から組み立てます!

DSC_4214_450.jpg
ゆがみは「ペキッ」と直して。

DSC_4215_450.jpg
つづいて前脚も!

DSC_4219_450.jpg
この日はここでタイムオーバー。
恒例の、ニュー柳屋(とんちゃん(ホルモン)のお店)でお疲れさま会です!

4日目。
DSC_4223_45.jpg
前日に組んだ後脚と前脚をついに組み立てます!

DSC_4227_450.jpg
そして、後脚の飾りを銑でとり

DSC_4228_450.jpg
ナイフで微調整

DSC_4229_450.jpg
南京ガンナでさらにきれいに磨き上げて。

DSC_4230_450.jpg
椅子が組みあがりました!
「今までの苦労をすべて忘れてしまうほどの達成感……!」
フレームができた時のこの嬉しさと言ったら、くせになってしまいそう。

DSC_4235_450.jpg
午後からは、座編みに入ります。
本場スペインの椅子はラッシュ編みと呼ばれる、草の葉を編む手法で編まれていますが
今回は4日間で背もたれのある椅子をつくるという、時間に限りのある講座なのでイグサロープで。

DSC_4236_450.jpg
こちらの方は、時間をかけて丁寧に編まれていて、とてもきれいな仕上がりでした!

ということで、4日間かけて「ゴッホの椅子」完成!
DSC_4241_450.jpg
<参加者の感想>
・4日間でできるか心配だったが、連休を挟んで一息つけたので乗り切れた。
 「ゴッホの椅子」の本を仲間同士で買って読んだが、椅子の作り方の基本かなと思う。
・このサイズの木工ははじめてで、完成することができて自信がついた。
 朝練でスプーンをつくれたのもよかった。今後も、いろいろ作ってみたい。
・講座には何度か来たことはあるが、帰って家でやろうと思うとなかなか…。
 このグリーンウッドワーク漬けになる時間がいい。
 よその講座では、ある程度準備されているので、割るところから体験できるのもいい。
・椅子の白い色がきれい。節の周りをもっときれいにできるように研究したい。

32947065_1524342037675557_6258119550475173888_n_450.jpg
最後は、電車時間までまだ余裕があったので、他の人が作ったゴッホの椅子も座り比べてみたり。
「同じ図面で作ったはずなのに、みんな座り心地が違うね~」と盛り上がりました(^^)v

本場スペインの座編み「ラッシュ編み」を体験する講座も開催予定です。
イグサロープは、ロープの太さがまちまちなのでどうしても隙間が空いてしまったり、最後に穴が開いてしまったり、対角線が綺麗に出なかったりしますが、
ガマなどの葉で編むラッシュ編みは、自分で微調整ができるので、隙間のない、綺麗な対角線の座が編めます!
こちらもまだまだ募集中。
参加お待ちしています!
>>森工塾「ラッシュ編みの椅子づくり」
  1. 2018/05/25(金) 17:16:30|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千葉ニュータウンで、親子グリーンウッドワーク体験を行いました

5月12日、
今年も、千葉ニュータウンでグリーンウッドワーク体験会を開催してきました!
DSC_4150.jpg

オフィスビルの中庭を使っての開催。ちょうどビルが木陰になって、ビルの間を吹き抜ける風も気持ちいい!
DSC_4155.jpg

親子で手回しドリルを使って穴あけ
DSC_4144.jpg

削り馬で削って
DSC_4148.jpg

のこぎりで切り落として
DSC_4149.jpg

色えんぴつ!
DSC_4153.jpg
こちらは、昨年も来てくれたリピーターちゃん。
昨年作った色えんぴつも持ってきてくれました!今年はこれで全色コンプリート!

午後からは、
割って、削って
DSC_4157.jpg

切って
DSC_4171.jpg

色を塗って
DSC_4172.jpg

おうちがたくさん。
千葉ニュータウンのできあがりー。
DSC_4177 - コピー

新幹線、えんぴつたて、カードたて。
新しいアイデアも誕生です。
DSC_4176 - コピー

最後は大人が夢中になってしまいました
DSC_4173.jpg

DSC_4163.jpg

お箸を作った人も!
DSC_4174.jpg

午前の部
DSC_4154.jpg

午後の部
DSC_4180 - コピー

楽しい休日を過ごすことができました!
7月には、この会に毎年参加してくださっている方々を対象に美濃で「小さな腰掛け椅子づくり」の企画も。
いつもは、美濃の樹を千葉まで持っていきますが
ぜひ、その樹のある美濃の森にも遊びに来てもらえると嬉しいです!
  1. 2018/05/25(金) 16:20:32|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ