GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

長良川おんぱく「森の木からつくる子ども椅子」~コナラの森編~

毎年参加させていただいている長良川おんぱく。今年はスツールづくりでエントリーしています。
先月、白鳥会場(ブナの森編)のプログラムが終了しました。
>>長良川おんぱく「森の木からつくる子ども椅子」~ブナの森編~
今回は、美濃会場。コナラの森です!

<<2017年11月23日(木・祝) 長良川おんぱく「森の木からつくる子ども椅子」~コナラの森編~>>

まずはグリーンウッドワークの製材・割りから!
DSC_3000450.jpg
男の子たちがすごくはまってくれて、パカパカ割ってくれましたよ。
スツールの分では割り足りなくて、ごはんを炊くための薪まで割ってくれた子もいました。
DSC_2999450.jpg

みんなの薪でおいしいごはん、できましたよ♪
23722642_1359788677464228_6179834658760443763_n450.jpg
今回の講座で、日干し煉瓦のかまど初稼働です!
>>かまどづくりWSの様子

脚の部材を削り馬で成形。家族4人で一脚作りに来たところは、交替しながら。
子どもさんがなかなか替わってくれなくて、最後やっとちょっとだけ削らせてもらえた!という家族も。
23915651_1359788577464238_4053464316106454360_n450.jpg

家族で協力して、ホゾ取り!
DSC_3002450.jpg

講座の合間には、たき火を囲んで暖を取ります。
たき火の中には、焼き芋と焼きリンゴ。これぞ秋の講座の醍醐味ですね。
23844787_1359919794117783_5270092819029257132_n450.jpg

この時期は、夕方になると一気に冷え込むので、薪ストーブのある小屋の中へ移動して、座編みです。
好きな色のテープで座面を編んだらスツール完成!どれも表情が違ってかわいいです!
23843478_1360013997441696_8111973374586806416_n450.jpg 23794823_1360014057441690_7920008131349305161_n450.jpg
23755258_1360014087441687_3657107527048294477_n450.jpg 23844803_1360014110775018_7124940154695892941_n450.jpg
枝のところはそのまま残して、木のひねりも味になる。まさに「森のかたち」のスツールができました!

IMG_20171123_162957450.jpg
<参加者さんの感想>
・木を割るのも、工具を使うのも、何もかも初めて。自分で座面の色を選べるのも楽しかった。大事に使いたい。
・樹の特徴を生かした形!
・初めて使う道具ばかりで、その道具や木工の歴史の話しもとてもおもしろかった。
・樹を削るのが一番楽しかった。子どもがなかなか交替してくれなかった。
・焼きリンゴがおいしかった。
・子どもにやらせに来たのに、自分が楽しんでしまった。子どもも大人も一緒に楽しめた。
・樹とカラフルなテープの組み合わせがいい。
・樹を割るところからというのが楽しかった。生木が手に入ったら自分でも作ってみたい。
・薪ストーブの前に置くと似合いそう。
・森工塾には何度か来ているが、子どもが道具をだんだん使えるようになってきて、子どもの成長が感じれてうれしい。
・もう一個作りたい!
・割るところから、編むまで体験すべてがおもしろかった!

森との繋がりを感じることのできる椅子。
「子ども椅子」ですが大人のチョイ掛けにも使えます。
参加者の子どもさんが、大人になっても使い続けてくれて、美濃の森の事を思い出してくれるとうれしいですね。
(かしわ)
  1. 2017/11/30(木) 18:18:18|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白川郷へ行ってきました2017

11月の三連休
紅葉の美しい秋の白川郷へ椅子づくりに行ってきました。
IMG_20171103_112404.jpg

<<2017年11月3日(金・祝)~5日(日) ~自らの手で暮らしの道具をつくる~ ゴッホの子ども椅子づくり>>

会場のトヨタ白川郷自然學校では期間中クラフトフェアを開催中でした
IMG_20171103_115504.jpg

動物の足跡コースターのレザークラフト体験で使う革は、
トヨタのランドクルーザーのシートに使用された材料の端材だそうです。
IMG_20171103_115550.jpg

初日は午後から作業開始
芝生の上にタープを張って最高のロケーションの下での椅子づくりです。
IMG_20171103_122215.jpg

使う材料は、美濃から持参したコシアブラの小径木
IMG_20171103_130912.jpg

気持ちよく割れてくれます。
IMG_20171103_131804.jpg

自然学校の周りには文字通り自然がいっぱい。
駐車場に自然に生えてきたというオニグルミの木も使ってみました。
IMG_20171103_152323.jpg

二日目は雨天のため室内での作業です。
IMG_20171104_140505.jpg

椅子づくりには地域の家族連れにも参加していただき、
生木の木工を楽しんでいただきました。
IMG_20171104_142626.jpg

オニグルミを使って削った部材は赤身の茶色がとてもきれいです。
IMG_20171103_171031.jpg

四脚の子ども椅子のフレームが完成しました
IMG_20171104_150359.jpg

トヨタ白川郷自然學校の夕食は本格的なフレンチのコースです。
美味しい料理に一日の疲れも吹き飛びます。
IMG_20171104_193804.jpg

翌朝、三日目は気持ちの良い晴天。
遠くの山には白いものが被っていました。
IMG_20171105_075701.jpg

自然学校の敷地内には人工の池があり、
そこにはガマが生えています。
将来はこのガマの葉を使って座編みができたらいいですね。
IMG_20171103_112505.jpg

さあ座編みはお外で気持ちよく。
IMG_20171105_110733.jpg

合掌造りとゴッホの子ども椅子
とてもお似合いです。
IMG_20171105_115518.jpg
来年以降もぜひ続けたい講座です。
(小野)




  1. 2017/11/16(木) 17:24:36|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長良川おんぱく「森の木からつくる子ども椅子」~ブナの森編~

今年もこの時期がやってきました、、「長良川おんぱく」!
グリーンウッドワーク協会からは、「スツールづくり」でエントリーしましたよ。
DSC_2630(450).jpg

<<2017年10月14日(土) 長良川おんぱく「森の木からつくる子ども椅子」~ブナの森編~>>

今年も郡上市白鳥町六ノ里のブナの森で開催。。。の予定だったのですが、当日は雨予報(・.・;)
会場を六ノ里の樹を製材している「白鳥林工」さんに変更しての開催となりました!

せっかくなので、製材した六ノ里の材を見ていただきます。
DSC_2617(450).jpg

製材された樹を伐り出した山がこちら。
(※当日は行けなかったので、前日にスタッフで現場を見に行った時の写真です)
DSC_2608(450).jpg

今回のスツールは、この山で伐った際に出た「板にできない細い樹」を使用させていただきました。
この山を整備されている、ACフォレストの澤田さんに樹を用意してもらいましたよー!
DSC_2606(450).jpg
前日、山から伐り出されたばかりの樹が目の前に!
さっそく割っていきましょう。
DSC_2623(450).jpg DSC_2621(450).jpg
今回用意したのは「チョウセンミネバリ」と「シナノキ」です。(写真右上はチョウセンミネバリ)

「森の形を、椅子の形に」ということで、割ったそのままの形を活かして作っていきますよ!
DSC_2624(450).jpg

六ノ里の森で活動している「ものづくりで森づくりネットワーク」の山口さんもサポートしてくださいました!
DSC_2634(450).jpg

子どもさんも、飽きずに最後まで頑張って作ってくれました!
DSC_2638(450).jpg

椅子を組み立てて
DSC_2637(450).jpg

好きな色のテープで座面を編んだら
IMG_20171014_161259(450).jpg

完成です!
DSC_2647(450).jpg

講座が終ったら、もちろん作った椅子に座ってコーヒータイム♪
しあわせ~
IMG_20171014_164728(450).jpg

<参加者さんの感想>
・自然の形を活かして作る椅子はとても楽しかった。
・普段は仕事で電動工具を使っているが、いつもは味わえない感覚を体験できた。
・小2の子どもが脚を一本仕上げられて驚いた!
・次回あったら、違う色の椅子をもう一脚作りたい。
・自分でも木が削れたのが楽しかった。
・ずっと参加してみたかったので、体験できてうれしい。
・伐採しても使われない樹に使い道が与えられるという事がとても嬉しい!

製材された木の香りに包まれながらの講座もとてもすてきでした。
会場を貸していただいた白鳥林工さん、参加していただいたみなさんありがとうございました!
DSC_2646(450).jpg

(かしわ)

この講座は、岐阜県の清流の国ぎふ森林・環境税を基金とした「平成29年度清流の国ぎふ地域活動支援事業」の補助を受けて実施しました。
  1. 2017/10/22(日) 09:00:00|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

郡上高校森林科学科「ゴッホの椅子づくり」その3

今年は郡上高校森林科学科の生徒さんの課題研究として、ゴッホの椅子づくりを行っています。

>>第1回の様子
>>第2回の様子

今回は、いよいよ最後の工程!座編みに入ります。
まずは、ツノ(脚の上部の長めに残しておいた部分)をノコギリで切って落とし
DSC_2293(450).jpg

面を取ります。
銑の使い方も、もうお手の物です!
DSC_2294(450).jpg

午後から、座編みスタート!
22196147_1317294415046988_3097834511582527855_n(450).jpg

コツを掴めば、最後までスイスイ。
みんな、なかなかカイショウがありますね。(郡上弁で器用という意味らしいです)
DSC_2298(450).jpg

2脚の「ゴッホの椅子」が完成しました!!
DSC_2305(450).jpg

<参加者さんからの感想>
・達成感が得られた。他の木でも作ってみたい。
・最初は棒ばっかり作っていて、椅子になるのかと思ったが、形が見えてくると楽しくなってきた。
・椅子の形ができてうれしい。
・いつもは伐っても捨てたり、薪にしてしまう雑木が機械を使わずに椅子にできてしまう。
・ヌルデでも立派な椅子ができるということが新鮮。

樹を伐るところからの「ゴッホの椅子づくり」の全行程、
まさにグリーンウッドワークの真髄を高校生の子たちに体験していただけたのは、
グリーンウッドワーク協会としても大きな財産になりました!ありがとうございました。

DSC_2309(450).jpg
生徒さん達が作った椅子は校舎内の廊下に設置されるそうです。
郡高祭などで郡上高校を訪れた際には、ぜひ探してみてくださいね。

(かしわ)
  1. 2017/10/19(木) 14:53:58|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

郡上高校森林科学科「ゴッホの椅子づくり」その2

今年は郡上高校森林科学科の生徒さんの課題研究として、ゴッホの椅子づくりを行っています。
前回は、2日間かけて椅子の部材を作りました。
>>前回の授業の様子

第2回の今回は椅子を組み立てます!
まずは、前脚と後脚の最終加工。
DSC_2084(450).jpg

南京鉋で仕上げます。
DSC_2093(450).jpg

脚以外の部材を確認して、
こちらも最後の仕上げ。
DSC_2091(450).jpg
前回の作業から1か月以上経って、
ヌルデは、皮が薄く残っていたところはまだペタペタしましたが、
白木にしてしまったところは、まったくべたつきません。

午後からはいよいよ組み立てへ!
DSC_2101(450).jpg

慎重にホゾ穴あけ。
DSC_2105(450).jpg

ひねりを修正しながら
DSC_2099(450).jpg

椅子が組みあがってきました!
DSC_2109(450).jpg

椅子の形が完成です!
21617549_1305834442859652_7240376536419958385_n(450).jpg
4人それぞれが作った部材をふたつの椅子に組み上げました。
正直、部材の形は揃っていませんが(笑)
その不揃いなところも「いい味」になってしまうのが、ゴッホの椅子の魅力ですね。

次回はいよいよ最後の授業!座編みに入ります。

(かしわ)
  1. 2017/09/29(金) 08:35:25|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ