FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

グリーンウッドワーク暮らしのものづくり体験活動 ゴッホの子ども椅子づくり体験in丹沢湖(11/17~18)

丹沢の森で間伐した生木を使った、「ゴッホの子ども椅子づくり」の講座を開催しました。
主催は「足柄丹沢の郷ネットワーク」の福島さん。
いつもお世話になっています!

今回の樹は、丹沢の森のヒノキの間伐材。
DSC_5582_450.jpg

伐ったばかりとあって、まだみずみずしく、削っているとヒノキのいい香りが漂ってきます!
DSC_5588_400.jpg

細かい部材は1日目にすべて荒削り。
DSC_5595_450.jpg
会場は、神奈川県山北町丹沢湖にあります鹿島山北高等学校のグランドと教室をお借りしました。
後に校舎が見えていますが、通信制の学校で、田舎ですが生徒数は300名以上だそうです。

2日目から加工していきます!
DSC_5596_400.jpg

夕方から、組立開始。
DSC_5598_400.jpg

DSC_5600_450.jpg

フレームが組み上がりましたー!
DSC_5604_450.jpg

山が近く、日暮れが早いので校舎の中へ移動。
編みの作業は校舎内の木工室で行います
DSC_5606_450.jpg

陽もとっぷり暮れた頃、
4脚のゴッホの子ども椅子が無事に完成しました
DSC_5607_450.jpg

今回の活動の詳細はこちらでも紹介されています
>>足柄丹沢の郷ネットワークブログ

スプーン、椅子ときて、次回は同じ会場にて、ニマ風の器づくりです。
>>講座の詳細はこちら
みなさんのご参加、お待ちしてます。
  1. 2018/11/27(火) 11:14:13|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラダーバックチェアづくり@山添村(後半)(10/6~8)

前半から引き続き、奈良山添村でのラダーバックチェア講座を行いました!
>>前半の様子はこちらから
DSC_5136_450.jpg

前回作った貫は、2週間の間で6割程乾燥しました。上々!
DSC_5138_450.jpg

その貫や脚を、南京ガンナで丸く仕上げていきます!
DSC_5153_450.jpg

後脚が丸くなったところで、ホゾ穴をあけて
DSC_5160_450.jpg

フレームを組み立てていきます!椅子の形が見えてきました!
DSC_5164_450.jpg

2日目には、椅子のフレームがぞくぞくと組みあがっていきましたよー!
DSC_5178_450.jpg

DSC_5180_450.jpg

こちらでは、糸鋸が登場
DSC_5171_450.jpg

山添の木工館の松村さんの手によって、背板に模様が切り抜かれていきます。かっこいい…!
DSC_5172_450.jpg
板の形そのものを加工するのはよくありますが、模様を切り抜くのははじめてですね。

組み上がった人から、背板のところにピンを打ち込んで。
DSC_5185_450.jpg

ナイフで脚の面取り。
DSC_5182_450.jpg

3日目の午後には、座編みスタートです!
DSC_5191_450.jpg

焼きペンを用意して、フレームに作成日を入れたりもしました♪
DSC_5192_450.jpg

ということで、前半・後半3日ずつ、計6日間かけて10脚の椅子ができあがりました!
DSC_5200_450.jpg

椅子を並べると、自然と撮影会がはじまります(^^)/
DSC_5201_450.jpg

できたての椅子に座る贅沢。これ、自分で作った椅子だよー!
DSC_5209_450.jpg
<参加者の感想>
・はじめてのことばかりで、とても勉強になった
・また作りたい!
・見学だけで来たが、自分も作りたくなった
・宿に泊まりながら、みんなと作って、飲んでとどちらも楽しい。次回もぜひ!
・久しぶりに木工に没頭できてうれしい。いつもとは違う人とも交流できるのもいい。
・飲んでいるとき、20年後どうしているか?という話が出たが、楽しく、一緒にものづくりをする仲間が近くにいたらいいと思った。
・初めての椅子づくり。たくさん手伝ってもらって、なんとか形になってうれしい。
・ぜひまた仲間に入れてほしい!
・今回で3脚目。あと1脚つくるとダイニングセットができるのでまた作りたい!
・たのしい時間を過ごさせてもらえた。仲間で集まってぜひまた楽しみたい。
・ものづくりをする人は、ものを大切にしてくれる。この雰囲気が大好き。

また、ぜひ一緒につくりましょう!
  1. 2018/10/19(金) 15:22:48|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラダーバックチェアづくり@山添村(前半)(9/15~17)

今年2度目のラダーバックチェアづくり講座を、奈良県の山添村で開催しました!
今回も、「グリーンウッドワーク自体はじめてです…」という方から、「スプーンの講座とかには出たけど、椅子ははじめて作ります!」という方、「グリーンウッドワークの椅子は8脚目です!!!」というコアなファンの方まで。
たくさんの方にご参加いただきました。

まずは、前半3日間。
今回の材は、岐阜県の材木市場でゲットしたクリ。
運よく「一カ月以内に伐ったばかり」という生木を一山ゲットすることができました。
これを割っていきます!
DSC_4905_450.jpg

DSC_4906_450.jpg

このクリ、節も少なくてゆがみもなく、ずぶ生なのでとても加工がしやすい!!
DSC_4907_450.jpg
市場でゲットしてくる木は、伐ってからかなり経っているものがほとんどなので、今回はみなさんラッキーでしたね!(^^)!

調子よく、後脚も取りますよー!
DSC_4911_450.jpg

完璧("´∀`)bグッ!
DSC_4913_450.jpg

一日目の夜は、山添村のぼたん鍋で交流会♪
DSC_4918_450.jpg

山添村の工芸品「茶袋(ちゃんぶくろ)」も見せてもらいました。かわいい!
これに、茶葉を入れてヤカンに入れて煮出すらしいです。
お茶処には、お茶関係のめずらしい竹細工があるんですね。
DSC_4919_450.jpg

2日目、3日目は、部材を加工しながら早くできた人から蒸し曲げをしていきます!
まずは、後脚。
DSC_4930_450.jpg
曲げはいつも、ドキドキしますね。。

背板用にクリの木を薄くへいで
DSC_4935_450.jpg

8mmの厚さまで、銑で薄くしたら
DSC_4938_450.jpg

こちらも、曲げ!
DSC_4947_450.jpg

蒸し曲げは、時間との勝負。皆さんチームプレーであっという間に曲げました!
DSC_4939_450.jpg
今回は10脚作っていますが、後脚一人2本、背板一人2枚+予備1枚の計41回の蒸し曲げで、ちょっとだけヒビが入ってしまったのが1つだけと好成績。
生なのがいいんですね。

お土産も、全国各地から。いろんなところから人が集うグリーンウッドワークの講座ならでは。休憩時間の楽しみです(^^)v
DSC_4944_450.jpg

ラストスパートで、前脚も加工!後脚のあとにやると楽ちん~
DSC_4952_450.jpg

貫を南京ガンナで削った削り屑を袋に貯めて
DSC_4951_450.jpg

貫のホゾ取りも、協力プレーで!
DSC_4953_450.jpg

前半3日間で、部材取り&蒸し曲げがすべて終わりました!
DSC_4954_450.jpg
後半では、仕上げ加工、組み立て、座編みで完成です!
楽しみですね。
  1. 2018/09/29(土) 09:10:21|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森工塾「ラッシュ編みの椅子づくり」開催しました(7/14~16)

さかのぼること2年前。日本のグリーンウッドワークの第一人者、井丸富夫さんが福島県で開催しているクラフトハウスで「ガマの葉で座面を編む」講座を会員数名で受講してきました。
>>その時の様子はこちら
スツールの部分(木)も、座面(ガマ)も全て自分で自然の素材を調達できる、100%自給のスツール。
これは楽しい!
ということで、美濃でも是非開催したいと考えていたところ、伊豆で、自由にガマを刈ってもいいと言ってくれる方を発見!伊豆まで会員数名でガマ刈りにでかけました。
>>その時の様子

ということで(前置きが長くなりましたが)、念願の森工塾「ラッシュ編みのスツールづくり」開催しました!

まずは、スツールの形を決めるところから。様々なスツールに腰かけてみて、用途に合わせた高さ・座面の広さなど設計して、チェアスティックをつくります。
37127965_1589730544470039_6349202123057528832_n_450.jpg

チェアスティックが完成したところで、丸太を木取りしていきます!
DSC_4703_450.jpg

7月頭の西日本豪雨の際には美濃も大雨が降り、長良川が何度も氾濫危険水位に達しました(何もなくてよかった!)
今回は、その時の土砂災害のために美濃の山から運び出された杉の木を使いました。
節の少ない子で、まっすぐ割れていい感じです!
DSC_4706_450.jpg

さー、2日間かけてガシガシ削っていきますよー!
DSC_4708_450.jpg

粗取りした材。芯がめちゃくちゃ黒いです💦
DSC_4711_450.jpg

1日目で、大体の部材が整いました。一番材料の多い参加者さん(貫8本!)も見事ここまで終了!
DSC_4717_450.jpg

2日目は、部材のホゾ取りや、面取りなどをして
IMG_20180715_115833_450.jpg

ホゾ穴をあけて
37112596_1591086177667809_1404719597331939328_n_450.jpg
組み立てまでできましたー!(フレームの状態の写真撮り忘れた💦)

酷暑が続く美濃市。。。森の中なので、街中よりはある程度涼しいですが、とはいえ暑いものは暑い。
時間が余ったので、美濃市の名物、とみやのかき氷を食べに街並みへでかけました。2日間のご褒美!
IMG_20180715_144132_450.jpg

3日目から、いよいよ待ちに待ったガマでの座編みです!
DSC_4726_450.jpg

IMG_20180716_141004_450.jpg

IMG_20180716_163706_450.jpg

今回は器用な参加者さんが多く、みなさん美しい…!
DSC_4728_450.jpg

夕方には、最後のしまいをして。
DSC_4727_450.jpg

見事完成しました。
IMG_20180716_172144_450.jpg
ちなみに、3日目はあまりにも暑すぎて、クーラーのある屋内施設に避難して行いました。
移動して正解!座編みに集中できて、みなさんきれいな作品ができましたー(^^)

IMG_20180716_172500_450.jpg
電車時間の都合で先に帰られた方、写れずごめんなさい💦
<参加者の感想>
・絶対間に合わないかと思ったけど、間に合ってよかった。燃え尽きた。
・告知を見て、すぐに申し込んだ。ラッシュ編みはなかなかできるものではないから参加できてよかった。材料の確保が大変そう。
・削り馬を初めて使って、とても楽しかった。暑かったけど。。。
・編むときはギリギリの精神状態で一気に編み上げた。
・もともと手は器用な方ではないが、形になっていくのは楽しい。おおざっぱでも大切なところを押さえれば、しっかりしたものができる。
・材料は天からのめぐみもの。座面もガマで、自然のものだけでできて感動。
・夏休みにおばあちゃんの家に遊びに来たみたいに、いろんなことがフルコースで体験できた。
・もう社会復帰できない。

伊豆で採取してきたガマは、この講座で全てきれいさっぱり使い切りましたー!
ガマを刈らせてもらえるところ、絶賛募集中ですーー!
  1. 2018/07/25(水) 13:05:29|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラッシュ編み講座・平日編開催しました!

7月に開催予定の森工塾「ラッシュ編みの椅子づくり」。
これに先駆けて、平日編の講座を先行開催しました!

<<2018年6月 ラッシュ編み講座>>

今回は、希望者で集まってのこじんまりとした集まり。
主に関西方面から、6名の方に古城山に集まっていただきました。

ラッシュとは、植物の茎や葉などの天然素材をよってコード状にしたもののこと。
今回は、スタッフ自ら採取してきた静岡・伊豆のガマを使って座面を編みました!
DSC_4568_450.jpg
まずは、用意したガマを選別します。なるべく長く、強度がありしなやかなものを使います。

編みスタート!
DSC_4570_450.jpg
この日は編みだけの講座だったので、みなさんご自身で事前に作ったスツールを持参してもらいました。
そう、今回はひとりでスツールが作れる、グリーンウッドワーク上級者のみなさんの集まりです!

DSC_4572_450.jpg
ガマの葉をよりながら、座面を編んでいきます。
濃いブラウンから、ベージュ、エメラルドグリーン、たまにあるパキッとした深緑…。数枚の葉をより合わせるので、色もカラフルできれいです!
もちろん、使ううちに焼けて全部セピア色になるんですけどね。その変化も楽しめそうです。

DSC_4573_450.jpg
普段の編みは、長く切ったコードを手繰り寄せながら行うのですが、
ラッシュ編みでは足りなくなったら細かく継ぎ足していくので、手繰り寄せるストレスがなくて「楽しい!!」の声続出。

DSC_4580_450.jpg
夕方に近づくにつれ、終わりが見えてきて。。。

DSC_4577_450.jpg
1日かけて、ほぼ全員完成です!!(一番手前の方はまだ未完成です!!)
いろんな椅子やスツールを持ち寄ったので、いろんなラッシュ編みの椅子ができました。

DSC_4579_450.jpg
<参加者の感想>
・手触りも匂いも良く、ガマは思った以上にいい素材だと思った。
・気持ちいい作業だった。コードをたぐりよせるストレスがなく、よりながら編んでいるからか、グイッとひっぱる必要もなく疲れもなかった。
・自分で実際やるとなると、ガマの入手方法が…。
・ガマを栽培したい!!
・ガマを使えるようにするまでの処理が大変そう。
・楽しかった!ガマの草の中に空気があって、フワフワなのが座り心地がよさそうで使うのが楽しみ。
・ストレスなくできた。良い加減で編める。
・素材が懐かしいのに新鮮。匂いや色にも癒された。ぜひ栽培したい!
・完成の自由度が高い。ペーパーコードは完成形が一つしかないけど、ガマはきつくしても、ゆるくしてもそれぞれのスタイルとして良いものができるし、編み終わりの調整もできる。ペーパーコードを経験したことのある人は、こっちの方がいいと思うのでは?

本番(7月14~16日)・フレームを作るところから行う森工塾も、まだまだ参加者募集中です!
>>森工塾「ラッシュ編みの椅子づくり」

※ここで特別告知です。
3日間通し参加は20,000円ですが、
今回のように自作のスツールを持参の方は、
参加費6,000円で3日目(ガマの葉による座編み)のみの参加を受け付けます!
是非ご参加ください。
  1. 2018/07/01(日) 22:35:01|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ