GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

鵜籠の蓋とヘダテと脚

去年、某所に展示用として鵜籠(よつざし)を納めたんですが、今度はそれに蓋とヘダテと脚を追加してくれろという話があって、初めて作ることで引き受けるのはちょっと無茶かなと思ったけれど、材も形もすべて当方に任せてもらえたので、兎に角やっつけべえってんで出来上がったのが以下の通り。

鵜匠さんに聞いてみたところ、籠以外は全て、鵜匠さんが手元にある材料で作ってるってことでした。
蓋とヘダテの材料は今はほとんどヒノキのようですが、「スギでもヒノキでも何でもあるもんでええんじゃ」ってんで、今回はスギ。
芯材の赤が、何やら色っぽい。
1_201703201106229d5.jpg
ひもは全てしゅろひもを使った。

この蓋はスギの一枚板だけれど、幅の狭い板を組み合わせることも多い。
2_20170320110623e5d.jpg

蓋を開くとヘダテが見える。
よつざしは鵜を四羽入れるので、二羽のペア(かたらい)で仕切るためのヘダテを入れてる。
3_20170320110625f37.jpg

脚は分厚い孟宗竹。
横足を通す穴の下に節を持ってきて割れにくくしてある。
4_20170320110626494.jpg

写真では見にくいけれど、横足は縦足に通した先に節を持ってきて割れにくくしてある。
横足の両端に節が必要なんで、竹林の中でこの寸法の竹を探すのが一苦労。
横足と籠はひもで結ばないんだそうで、ひもがあるとそこに鵜のフンが溜まってしまうからという鵜匠さんの話。
5_20170320110628e74.jpg

籠は取り替えても、蓋やヘダテは使い回すという話は聞いてたけれど、全て鵜匠さん(船頭さん)が作ってるとは意外でした。
以前関市所有の蓋付きの鵜籠を借りた時に、籠だけでなく蓋やヘダテも細かく採寸しといたのが役に立ちましたが、やっぱり作ってみないと解らんことが多いですね。

                         (キト)



  1. 2017/03/20(月) 12:44:50|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続き・・・~

今年最初の報告です。
みなさんが大きなものを作るようになって、成果報告できるまでに時間がかかってます。

四つ目籠の変型判なんだけど、出来も変形してて・・
でもとにかく完成して良かったですね。
1_20170227191311c97.jpg

またまたでかい籠。
大き目のものが続いていて、差し六つ目という編み方では二つ目の作です。
2_2017022719131306e.jpg

二つ目の課題の茶碗籠です。
順調に進んでますね。
3_20170227191314b92.jpg

二個目の背負い籠が完成です。
一個目はござ目編みでご主人の分、二個目は六つ目編みで自分の分。
二人で背負って山仕事にお出かけですね。 いいなぁ。
4_2017022719131553e.jpg

                        (キト)
  1. 2017/02/27(月) 20:47:25|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続き・・・~

今年最後の報告です。

この教室では、パン籠から始まってこの芋振り籠まで、4つの籠たちを作って一通りのコースを終えます。
で、やっと芋振り籠が出来上がったわけです。
さて、次は何?
1_20161218225750d98.jpg

この教室で今ブームの八つ目編みです。
持ち手を付けて手提げかばんを作りました。
2_2016121822575250f.jpg

麻の葉つぶし編みの笊です。
細いヒゴを2本ずつ使って編んでいます。
3_201612182257539aa.jpg

鉄線編みの籠二つです。
いつも複数作られるので、時間はかかるけれど、その分の技術は身についている、ハズ?
4_201612182257543c1.jpg

やっと一通りのコースを終えて、芋振り籠が完成しました。
この籠のヒゴ作りは結構大変なんですけど、ヒゴ作りは楽しかったとのこと。
頼もしいですねぇ。
5_20161218225756bf8.jpg
今年もいろんなものが皆さんの手から作りだされました。
ヒゴが不揃いだ、形が歪だ、思ってたような形にならない、などなどなど、色々ありましたけど。
それでも、指導している我々が驚くほど完成度の高い(我々自身の完成度だってそれほど高くないけど)籠たちも作られました。
来年はどんな籠たちが作られていくんでしょうか、楽しみですね。

それでは皆さん、来年も元気でお会いできますように。
                              (キト)
                             
  1. 2016/12/19(月) 09:30:50|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹細工 ~持ち手付き六つ目の籠づくり  つくるのその6~

愛知県一宮市の ”つくる” で、今年3回目の講座を行いました。
”つくる”では初めて午前と午後を使って行ったんですが・・・
予定時間を越えそうな気がしてたんで、皆さんが集まり次第講座を始めました。

今回参加していただいた方々は六つ目の籠作りを経験済なので、底編みは順調に(それなりに)進みました。
1_20161128193346566.jpg

底編みはほぼ完成。
2_20161128193348fd4.jpg

立ち上げを開始、したところで昼食。
3_20161128193349894.jpg

胴編み作業中。膝や足の故障でイスを使って編んでます。
4_201611281933507df.jpg
    ・
 だんだん時間が無くなって撮影する余裕も無くなって・・・・ 
    ・
皆さん完成です。
5_2016112819335105c.jpg
予定時間を過ぎて、外が薄暗くなるまで頑張っていただきました。
有難うございました。
                    (キト)
  1. 2016/11/28(月) 22:12:23|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「美濃の竹細工展」

竹部会としては初めての展示会 「美濃の竹細工展」 が今日から始まりました。
11/13(日)まで連日の長丁場を、ちずさんをリーダーとして竹部会全員で取り組みます。
会場は住民の皆さんから美濃市に寄贈された民具をはじめ、鵜飼に関する籠類、我々竹部会メンバーが作ったもの、教室の皆さんが作ったものを並べていてとてもにぎやかになりました。

会場の吉田工房。美濃市うだつの上がる町並みのなかにある古民家です。
1_20161105191727530.jpg

”よつざしの底”が皆さんを出迎えます。太陽みたい。
2_20161105191815225.jpg

美濃の民具の数々。懐かしいという声や、風合いが渋くて良いという声が聞かれました。
3_20161105191816367.jpg

なんとなく邪魔くさい、けどインパクトがある民具。
4_2016110519182226b.jpg

教室の皆さんの作が並んでます。
5_201611051918232cb.jpg

我々が作ったもの。一部は販売もしていますので是非どうぞ手にとってご覧ください。
6_201611051918278ad.jpg
地元美濃の竹細工は、見に来られた方々(比較的高齢の方々)からは、昔使ってたという声を良く聞きます。
作ったことがあるという声はなかなか聞けませんが、まだまだ続く展覧会です。
いろんなお話が聞けるのを楽しみにしています。

この展示会は美濃市文化遺産活用実行委員会の主催で行っています。

                              (キト)
  1. 2016/11/05(土) 19:01:09|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ