GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

里山とお正月

皆さん、年越しの準備はもうお済みですか?
年神さまを迎えるお正月飾りは、
里山から調達した材料でつくりましょう。
IMG_1465.jpg

門松になくてはならないのが「松」
明るいろうきんの森にはアカマツの実生がたくさんあります。
IMG_1471.jpg

以前、ここにあった市営住宅の名残から、
もしかしたら人が植えたのかもしれない「南天」の赤い実
難を転じてもらいましょう
IMG_1470.jpg

「万両」もあちらこちらに赤い実をつけています。
IMG_1475_20161227163646e7b.jpg

「シダ」も根っこが付いたまま採取しましょう
IMG_1481.jpg

森の中のちょっとじめっとしたところから、
苔のマットをきれいに剥がします。
IMG_1506.jpg

そしてやっぱりこれが無くては、
「モウソウチク」を伐採しました。
IMG_1520.jpg

あっという間にお昼の時間。
あったかご飯で話も弾みます。
IMG_1543.jpg

午後からはいよいよお正月飾りづくりです。
竹は皮がはがれないように、
慎重に竹細工用のノコで切断。
IMG_1552.jpg

表面についた汚れもきれいにこすって落とします。
IMG_1544.jpg

苔玉づくり用の土を器型に成形して、
根っこの付いたまま、
松や笹やシダなどを植えます。
IMG_1444.jpg

真ん中に3本の竹をさして、
土を丸くした後、
苔を巻いて出来上がり。
IMG_1446.jpg

苔玉風のお正月飾りです。
IMG_1559.jpg

これでお正月を迎える準備も万端。
しかし、問題なのは
年神さまを送る左義長で
燃やすことが出来ないこと。
だって、根っこが生えてますからね。
松の内が過ぎたら、3本の竹だけ抜いて、
どんぐりやチューリップの球根を植えてもいいかも
なんて話で盛り上がりました。

いろいろな実生を植えて、
苔玉風盆栽もいいですね。
IMG_1560.jpg

改めて、かつて里山として利用されていたであろう
ろうきんの森が宝の山だと実感した一日でした。
12月17日(土)ろうきん森の学校森工塾(もっこうじゅく)
「森で材料調達!お正月飾りづくり」の報告でした。
(小野)
  1. 2016/12/28(水) 10:04:19|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全国のろうきん森の学校が集合しました

12月8日(木)、9日(金)の二日間、
古城山ふれあいの森に全国5ヵ所のろうきん森の学校の
担当者が集結しました。
IMG_1177.jpg

ろうきん森の学校は
東から
福島地区「いわきの森に親しむ会」
新潟地区「魚沼伝習館」
富士山地区「ホールアース研究所」
岐阜地区「グリーンウッドワーク協会」
広島地区「ひろしま自然學校」
の5つのNPOがそれぞれの地域で活動しています。

>>>詳しくはここをクリック

年に一回各地区持ち回りで事務局会議が開催されますが、
今年は岐阜地区が担当となりました。
まずは、古城山ふれあいの森をご案内させていただきました。
IMG_1184.jpg
チャートという堆積岩で形成された地盤、
コナラやアベマキの林、
私たちが当たり前だと思っていた森が
実は全国共通ではないということを
改めて実感しました。

その後は管理棟内で各地区の活動報告会。
それぞれの地域の特徴を活かした取組みが発表されました。
IMG_1223.jpg

夜は古民家宿「陽がほら」に宿泊。
リニューアルしたばかりの納屋カフェや、趣のある宿は、
全国から集まった皆さんに非常に好評でした。
IMG_1232.jpg

翌日はグリーンウッドワーク体験会。
IMG_1246.jpg

木の伐採から生木の加工、
もちろん、お昼ご飯も
思う存分楽しんでいただきました。
IMG_1255.jpg

今後とも5地区の連携を深めながら、
ろうきん森の学校の活動を広めていきたいと思います。
(小野)



  1. 2016/12/26(月) 16:36:00|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東海ろうきんの皆さんから感想をいただきました

11月16日に開催した「東海ろうきん環境セミナー森の学校」に参加していただいた
入社1~3年目のろうきん職員の皆さんから、後日感想をいただきました。

ここに一部を紹介させていただきます。

「のこぎりを使って木を切ることは中学校以来のことで、
思うように切ることができませんでした。
簡単そうにみえていたことも、いざやってみると
コツをつかむことが必要で、とても良い体験をさせて頂きました。」
→立木を伐る体験ってサラリーマンの方にはほとんどないと思います。
 ここを入口として森への関心が高まってもらえると嬉しいです。

「思ったより大変でしたが同じチームで協力したため
楽しく作業でき、達成感がありました。」
「各支店の代表が集まって行った体験で
職員同士のつながりを深められました。」
「今回の環境研修を受講することで
金庫の職員としての社会貢献活動について
考える機会をいただきました。」
→森には人と人を繋ぐ力があるように思います。
 この研修を通じて労働金庫の皆さんが目指す「人間力」の向上に
 役立っていただければ嬉しいです。
IMG_0406.jpg

「滅多に山へは行かないのでとても楽しかったです。
外で食べたご飯は本当においしかったし、
午後からの色鉛筆づくりもとても楽しかったです。
自然教室の感覚で、リフレッシュもできました。」
→この感想が一番うれしいかもしれません。
 森には心も体も両方健康にする力もあるんです。
IMG_0453_20161216005503bcd.jpg

皆さんから最後には口々にこう言ってもらえました
「こういった研修の機会があれば、
ぜひまた参加したいと思います。」

「自分に子どもができたときには
小さなころから自然と触れ合う機会を
つくってあげたいと思います。」
→これが私たちの目指す姿です。

皆さんが伐った木を使って、薪小屋も完成しました。
IMG_1256.jpg

また是非この森に帰って来てください。
IMG_1174.jpg
(小野)
  1. 2016/12/16(金) 10:25:09|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

輝く森とクリスマスツリーづくり

お外は雨
予定を少し変えて
朝は屋根の下ではじめます。
福ちゃんがクリスマスツリーに集まる
妖精さんのお話をしてくれました。
IMG_0517.jpg

さあ、親子で一緒に削り馬にまたがって
IMG_0539.jpg

クリスマスツリーを削ります。
IMG_0543_20161125230505393.jpg

お星さまづくりは子どもたちのお仕事
IMG_0545.jpg

妖精さんの集まるツリーのできあがり。
IMG_0563_20161125230508a2b.jpg

お釜のご飯ではないけれど
IMG_0564.jpg

おいしい、おいしいって
みんながおかわりしてくれました。
IMG_0567_201611252305476f6.jpg

楽しい親子のふれあいの場となりました。
IMG_0572.jpg

外はまだ雨。
しかし、雨の森だからこそ楽しめることもあるんですよね。
森は幻想的な雰囲気に包まれています。
IMG_0600.jpg

雨合羽を着てろうきんの森へ出かけましょう。
IMG_0616.jpg

雨に濡れた葉は、きらきらと輝いています。
この葉っぱは「かいかい」になるから
触っちゃだめだよ
IMG_0607.jpg

大きな桐の葉はトトロの傘
IMG_0640.jpg

そして森は冬の支度をはじめました。
冬芽合唱団
ここを見てごらん
IMG_0648.jpg

何のお顔に見えるかな?
IMG_0654.jpg

森で集めた葉っぱや木の実を
カプセルに詰めて
IMG_0671.jpg

森のカプセルのできあがり
IMG_0682_20161125230722c49.jpg

おうちのクリスマスツリーにぶらさげて
オーナメントにしてもいいね。
IMG_0660.jpg

一日精一杯遊んで、
クリスマスの準備は万端。
森の妖精さんが来てくれるといいね。
IMG_0680_20161125230720d20.jpg

11月19日(土)に開催した
ろうきん森の学校森工塾(もっこうじゅく)
「秋のガイドハイクとクリスマスツリーづくり」の
報告でした。
(小野)
  1. 2016/11/25(金) 23:14:06|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東海ろうきん森の学校が開校されました

東海労働金庫(以下「東海ろうきん」と略)は
愛知・岐阜・三重の東海三県を営業エリアとする
非営利の金融機関です。
11月16日(水)東海ろうきんの入社して1~3年目の若手社員31名が、
ろうきんの森にやってきました。
環境セミナー森の学校の開校です。
IMG_0352_20161122234905df1.jpg

午前中は4つの班に分かれて、
里山整備をお手伝いしていただきます。
伐採班は、美濃市森林ボランティアクラブの指導の下、
安全を確保しながら手ノコで伐採します。
1479287637250.jpg

一つ一つの作業にコツがあって、
勉強になった。
楽しかったという感想をいただきました。
この材は後日、古城山イベントにて
薪小屋づくりの材料として使われます。
IMG_0430.jpg

階段班は、先月の古城山イベントで、
一般の方につくってもらった遊歩道の階段の、
続きの作業です。
斧で木を斫る作業
IMG_0384.jpg

カケヤで杭を打つ作業
IMG_0395.jpg

もちろん皆さんはじめての作業ばかり。
普段出来上がった階段を歩くことはあっても、
こんな風に出来ていたとは思ってもみませんでした。
貴重な体験ができたという感想をいただきました。
IMG_0435.jpg

削り馬で杭の側面を削って
IMG_0416.jpg

皆さんの足跡をしっかり残してもらいました。
IMG_0440.jpg

看板班は、案内看板の制作。
自由な発想でつくって欲しいとお題を出したところ、
こんなにも個性的な看板が出来上がりました。
IMG_0426.jpg

そしてもう一班は食事係。
IMG_0413.jpg

汗水たらして働く仲間のために、
心を込めてつくりました。
IMG_0442_20161122235235017.jpg

午後からはグリーンウッドワークの体験会。
こちらも楽しんでいただけたようです。
IMG_0471.jpg

地元ろうきんの職員の手によって
整備が進んだろうきん森の学校
IMG_0492.jpg

今後も緊密に連携しながら
一緒に森づくりを進めていけたら嬉しいです。
(小野)


  1. 2016/11/23(水) 00:01:32|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ