GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

里山の時間~マイタケ原木栽培~

20cmに玉伐りしたコナラとアベマキ、
全て、古城山ふれあいの森で伐採されました。
IMG_3582.jpg

平成29年3月3日
玉伐りした原木をドラム入れて、缶に水をため始めたのが早朝6時
森林文化アカデミーの学生さんがお手伝いしてくれました。
IMG_3584.jpg

そのドラム缶に薪をくべて煮続けます。
IMG_3590_20170408135148acd.jpg

朝霧にけぶる美濃まち
IMG_3597.jpg

天空の小倉山城の絶景
早起きは三文の得ですね。
IMG_3616_20170408135151766.jpg

延々薪をくべ続け、沸騰したのが着火3時間後の午前9時。
IMG_3686_20170408135344f4c.jpg
ここから約6時間さらに原木を煮沸します。
マイタケ菌は雑菌に弱い為、
それくらい煮沸殺菌したあとに植菌しないと雑菌に負けてしまうのです。

さあ、待っている間にクリーンルームの組み立て。
園芸用の温室を転用しています。
IMG_3652_20170408135224b40.jpg
左が森林文化アカデミーの津田先生。
年に一回の組み立て作業に、あーでも無いこーでも無い。

津田先生から、きのこの切り絵も教わりました。
講座の待ち時間に、子どもたちに楽しんでもらいます。
IMG_3655.jpg

たき火ついでに、ご飯もつくっちゃいましょう。
IMG_3658.jpg

お釜のご飯と、ちょっと手抜きのレトルト食品。
IMG_3659.jpg

定番のカレーと牛丼をいただきま~す。
IMG_3663_2017040813530039c.jpg
野外でみんなと食べるご飯は最高です。

昔々、アカデミーの学生が山でお洗濯!?
IMG_3667_20170408135303850.jpg
いえいえ、原木の煮汁を使った草木染めの準備です。
まずは豆乳で下処理をして乾かします。

絞り模様をつけて、煮汁(タンニンの液)に浸したあと、
IMG_3683.jpg

鉄媒染すると、、、結果は明日のお楽しみ。
IMG_3685.jpg

明日の講座の参加者の方が、
おやつを持参でお手伝いに来てくださいました。
IMG_3660.jpg

年度末の忙しい時期でしたが、
ご自身の息抜きと私たちへの激励に、
アカデミーの柳沢先生も立ち寄ってくれました。
IMG_3666_20170408135301676.jpg
ああ、なんてのどかで贅沢な里山の時間でしょう。

6時間煮沸し続けて、
午後の3時にようやく殺菌終了。
IMG_3700_2017040813534741c.jpg

手際よく栽培用の袋に詰め込みます。
IMG_3692.jpg

午後4時に作業完了。
IMG_3712_20170408135349977.jpg
このまま原木を冷まして、
明日のろうきん森の学校森工塾(もっこうじゅく)に備えます。

つづく



  1. 2017/04/08(土) 14:07:19|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あこがれのスモークライフ

グリーンウッドワークの講座では
会員の方々が手作りのお菓子や料理を
振る舞ってくださることがあります。
加藤哲さんもその一人
加藤さんがいつも作ってくださるのは美味しいくんせい
IMG_3230.jpg
その美味しいくんせいが誰でも作れるようになるための
くんせい箱づくり講座の開幕です。
加藤さんの英知がぎゅっと詰まっています。

グリーンウッドワーク協会の講座は
いつも生木ばかりとは限りません(笑)
ベニヤ板を木工用ボンドで接着します!
IMG_3200.jpg
なまじ木工をかじっていると、
箱づくりには框組みや留め加工、組み継ぎなんて思いがちですが、
もっとシンプルに考えましょう。
釘やビス留めをしないこの工法、
実は加藤さんのもう一つの趣味である
スピーカーづくりの手法を取り入れています。
参加者の方から
「ベニヤの加工精度が良ければ木工用ボンドでも箱ができることに感動した」
「固定に紐やマスキングテープが使えるのに驚いた」
などの声が聞かれました。

接着を待つ間、お待ちかねのお昼ご飯
IMG_3213.jpg
くんせい蛸の入った炊き込みタコ飯
角切りベーコンの入ったスープ
くん玉のサラダ
すべて事前に加藤さんが仕込んでくださったものです

ぽかぽか陽気の屋外でわいわいおしゃべりしながらの
くんせいランチは最高です
IMG_3220.jpg
「日々の仕事が煮詰まっているので、森でボーッとしたかった」
という人にも満足していただけたようです。

午後からは金具の仕込み
IMG_3222.jpg
ボルトナット一つとってみても、
鍋や皿、座金とバネ座金、
こだわりの設計となっています。

同時並行でくんせいの実演
IMG_3204.jpg
スモーク用のチップはもちろん
グリーンウッドワークの削り屑です

3時のおやつは
くんせいラーメンに
スモークチーズ
ビーフジャーキー
ピーナッツ
IMG_3234.jpg

やっぱり飲まずにはいられません!
(註:ノンアルです)
IMG_3233.jpg

できあがりました
「手を動かすのって楽しいですね」
「気の合う人たちとの楽しいひとときをありがとう」
IMG_3243_20170221001903888.jpg
皆さんの意気込みを
「まずはチーズのくんせいからはじめてみます」
「目指せべーこん!」
「アユのくんせい!」

IMG_3238.jpg
2月4日(土)に開催した
ろうきん森の学校 森工塾(もっこうじゅく)
「木屑も活用!くんせい箱づくり」
の報告でした。
(小野)



  1. 2017/02/21(火) 00:27:53|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森へのいっぽを踏み出そう

森へ出かけたいと思っているけど
踏み出せないでいるあなたへ贈る
「はじめてでもできる森の素材でクラフト体験」

森のクラフトを
より安全に、簡単に、そして楽しく
そのための3つのポイントは
・生木は案外やわらかい
・樹種による性質の違いを知る
・道具の固定方法を考える
IMG_2860.jpg

さあ、森の色えんぴつづくりです
もちろん削り馬と銑を使えば、安全に楽しくできますが、
道具の購入という大きなハードルが立ちはだかります。
IMG_2883.jpg

それではホームセンターで買える刃物を使ってみましょう。
IMG_2879.jpg

え?こんなものが??というものもありますが、
まずは試してみることが肝心です。
瑞々しい生木、その中でも柔らかい樹種を選べば、
野菜用のスライサーでもこの通り。
IMG_2912.jpg

銑の代わりになる刃物・・・
意外といけるのがオルファのフックカッター
IMG_2900.jpg

脚立を削り馬代わりに
足掛けもちゃんとあります!
IMG_2895.jpg

もちろん、切り出し小刀で普通に鉛筆削りもありですが、
さらに安全に、そして簡単に削るには、
刃物を木工用バイスで固定して、
削る木を引っ張ります。
IMG_2889.jpg

案外これが「森」につながる一番の近道かもしれません。
IMG_2887.jpg

参加者の皆さんからは、
「道具のこんな使い方があるなんてびっくり」
「生木ってこんなにいろいろ使える」
「子どもたちにより安全に道具を使わせることができる」
「熱中した」
「友達に自慢したい」
「自分のできることからやり始めたい」
「子どもを対象としたイベントに出展したい」
みなさん、森への一歩を踏み出せたでしょうか?
IMG_2916.jpg

1月29日(日)静岡県静岡市で開催された、
NPO法人ホールアース研究所主催
ろうきん森の学校共催の
「つながる教室~森へのいっぽ」の報告でした。
(小野)
  1. 2017/02/13(月) 17:34:43|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森のカフェでバレンタイン

自然の中で気持ちいい空気を吸いながら削ります
IMG_2776.jpg

使う材は、森の手入れの支障木として伐採されたコシアブラ
マンリキを使うときれいな板になりました
IMG_2759_20170213155145f89.jpg

生木の木工初体験の方が
「馬で削る作業が一番面白かった」
IMG_2772_20170213155147627.jpg

新鮮なコシアブラは彫刻刀でもさくさく削れます
IMG_2779.jpg

コーヒープレートのできあがり
森工塾の常連さんから
「木のアイテムがまた一つ増えた」
IMG_2817.jpg

さあ、もう一度森に出て、リーフチョコの型を採集しましょう
IMG_2786.jpg

板チョコを湯煎し、お気に入りの葉っぱに塗って
乾かします、、、が、固まらない
IMG_2793.jpg
ぽかぽか陽気と薪ストーブで
管理棟の中は気温が上昇
冷蔵庫で冷やしましょう

待っている間にマスターの出番です
IMG_2803.jpg

焙煎したコーヒー豆
きれいですね
IMG_2812.jpg

ミルで豆を挽くと部屋中が幸せな香りに包まれます
IMG_2822.jpg

マスターこだわりのコーヒーが入りました
IMG_2827.jpg

固まったチョコを葉っぱから剥がして
IMG_2835.jpg

さあバレンタインの準備は万端
IMG_2846.jpg

優しい時間が流れていた、そんな一日でした
IMG_2851.jpg

1月28日ろうきん森の学校森工塾(もっこうじゅく)
「コーヒープレートとリーフチョコづくり」の報告でした。
(小野)
  1. 2017/02/13(月) 16:02:33|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹林から竹かごまで

今年はじめての竹細工講座は11名の方にご参加いただきました。
竹かご編みを体験したことのある方数名、
魚を焼く竹串を作ったり、川舟を漕ぐ竹竿を作ったりと竹を扱ったことのある方数名、
竹かごを編む竹ひごづくりは全員ほぼはじめてでした。

rokintake5.jpg

竹を割るときも剥ぐ(へぐ)ときも、鉈の刃を自分の方に向けるので、
怪我をしないで安全に作業するための正しいフォームがとても重要です。

rokintake6.jpg

午前中はわいわいした楽しい雰囲気で進むのですが、
午後は作業が細かくなってきて全員無言。たまにもれるため息のような深呼吸。
私も竹細工をはじめた頃は、作業に集中しすぎると気づいたら息を止めていて、酸欠でよく頭痛になっていました。
でもものづくりに集中できる時間はいいもので、「たまにはこういう時間もいいものですね」と参加者。

rokintake1.jpg

2日目の朝は竹林からスタート。
竹細工に適した竹はどんな竹なのか、実際に竹林へ行って確認、そして伐採。
年齢や節の間隔、太さ、真っすぐ生えているかどうかなど選ぶポイントはたくさんあって、
今まで竹を伐採したことのある方も、「なるほどねぇ」と感慨深げでした。

rokintake2.jpg

心が折れそうになる仕上げの時間。
竹ひごの出来が、かごの仕上りの美しさを左右するのは言うまでもなく・・・

rokintake3.jpg

2日間の講座で、編みの時間は最後のたった2時間。
しかし、六つ目編みは、竹細工の基本的な編み方のひとつなのですが、
これを理解して編み方をマスターするのは容易ではなく、
頭をかかえ悶々としながらもなんとか全員完成までこぎつけることができました。

帰ったら早速竹割りナタを買います!これを機にもっとやってみたい!と
嬉しい感想もいただきました。

rokintake4.jpg

1月21日22日に開催したろうきん森の学校森工塾(もっこうじゅく)
「竹ひごからつくる竹細工講座・六つ目編みの盛りかごづくり」の報告でした。
  1. 2017/01/23(月) 23:57:36|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ