GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

里山の利活用を考える~森林文化アカデミー実習

岐阜県立森林文化アカデミークリエーター科1年生13人に、
里山利活用実習という授業で、ろうきんの森をフィールドとして利用していただきました。

まずは柳沢准教授から、
古城山環境保全モデル林(古城山ふれあいの森)が、
県のモデル林として開設された経緯が説明されました。
25399137_1380120645431031_4738438675371289086_n.jpg

グリーンウッドワーク協会の活動紹介の後、
フィールで6種類の小径材を伐採しました。
25395842_1380120695431026_8279779838291655233_n.jpg

久津輪准教授からのお題は樹種サンプルづくり。
伐採したヒサカキ、ウワミズザクラ、タカノツメ、アラカシ、ネジキ、アオハダをアカデミーに持ち帰り、
グリーンウッドワークです。
25635199_1386221861487576_1697251095_o.jpg

後日、キーホルダー状の樹種サンプルや鍋敷き、カスタネット、生木のドラム、ペン立てなど、
ユニークなアイテムが提案されたとの報告をいただきました。
25158035_1380120578764371_7180336477043890670_n.jpg

アカデミーから歩いて移動できる距離にあるろうきんの森、
これからも様々な連携ができると嬉しいです。
(小野)
  1. 2017/12/22(金) 11:42:15|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ろうきん森の学校中間事務局会議2017

グリーンウッドワークキャラバン、最後の二日間は広島です!
広島市でろうきん森の学校を運営している「ひろしま自然学校」さんにお邪魔しました。

<<2017年2月6日(水)~7日(木) ろうきん森の学校中間事務局会議>>

今回の滞在の目的は、ろうきん森の学校の平成29年度の中間報告会。
全国で「ろうきん森の学校」を運営する5地区の団体が集まりました!

到着して一番はじめに目に入ったログハウス「こぞってハウス」!
中はとても広々です!薪ストーブも入ってましたよー!(写真取り忘れたー!(>_<、))
DSC_3103.jpg

敷地周辺は、ピザ釜があったり
DSC_3106.jpg

干し柿がつるしてあったり
DSC_3107.jpg

ちょっとした設備も、岐阜地区で参考にしたいものばっかり!
うー、いいなあ。
DSC_3112.jpg

DSC_3119.jpg

そして見てくださいよこの湖畔の景色。
DSC_3114.jpg
癒されますねー
DSC_3130.jpg

そして、森の中には様々な手作りの設備や展示が。
DSC_3142.jpg

DSC_3122.jpg

DSC_3124.jpg

DSC_3144.jpg
ここのろうきん森の学校に関わる地域の方で、
チェーンソーが得意な方は森の整備を、
絵や文章が得意な方はこんな展示をつくってくれるんだそうです。
いろんな人が関われる、すてきな森ですねー!

森の中の広場には、こんなファイヤーベースも。
DSC_3141.jpg
広島のフィールドを見せていただいて、
動物園で園長もされている大丸さんの講演を聞かせて頂いたり、
他地区の取り組みの中間報告なども聞かせていただき、とても身になる二日間でした!
あと半期のやる気がみなぎりましたよー!

(かしわ)
  1. 2017/12/16(土) 17:20:19|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

能勢菊炭振興協議会さんが視察にきました

先日、大阪能勢田尻菊炭振興協議会の方が、ろうきんの森の学校を視察にいらっしゃいました。

まずは、グリーンウッドワークのこと、
ろうきん森の学校の取り組みの事を紹介させていただきました。
DSC_3027450.jpg

活発な質疑応答から、能勢田尻の皆さんの意気込みの大きさが伝わります。
講義後は、グリーンウッドワーク体験。削り馬15台がずらりと並びました!
24067775_1365600000216429_2478442607733106636_n450.jpg

クリスマスツリーと、色鉛筆を作ってもらいましたよ。
24131600_1365600096883086_7652581137431253297_n450.jpg

関西はグリーンウッドワークが広まりつつある地域。
能勢田尻でもがんばっていただきたいですね!
24067794_1365600140216415_687631157017611694_n450.jpg
  1. 2017/12/02(土) 09:00:10|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の森でクリスマスの準備!ガイドハイクとクリスマスツリーづくり

まだ初雪はありませんが、朝晩ぐっと冷え込むようになった美濃市。
紅葉はまだしばらく残りそうですが、空気はすっかり冬のようです。
この秋の森を歩く「ガイドハイク」の講座を開催しました。

<<2017年11月25日(日)秋のガイドハイクとクリスマスツリーづくり>>

講師は、共育工房IPPOのふくちゃんこと、福島計一さん。
まずは、講師のふくちゃんから、森と、モミの木のおはなし。
IMG_20171125_103631450.jpg

さあ、森へ出発ー!
23795380_1361788087264287_8197191560350369711_n450.jpg 23722688_1358508757592220_2663962242591614019_n450.jpg
23659586_1358508784258884_6102776441239234942_n450.jpg 23659436_1358508727592223_2323625086307163844_n450.jpg
23795840_1361788137264282_6987452184895799988_n450.jpg 23843199_1361788057264290_7201461880459254448_n450.jpg
秋の透き通った空気でキラキラ輝く葉っぱ。花。果実。
寒くてゴソゴソしている、バッタ。(簡単に捕まえられる!)
木の枝が落ちたところは、動物の顔みたい!
葉っぱが落ちた森は、さみしい森ではなくて、
葉っぱがたくさんある時よりも たくさんのものを見つけることができます。

森から戻ったら、みんなでガイドハイク中に拾ったものの見せ合いっこ。
IMG_20171125_134512450.jpg

それをカプセルに詰め込んで、クリスマスツリーのオーナメントの完成です!
IMG_20171125_142831450.jpg
みつろうキャンドルも一緒につくりました。
薪ストーブでぬくぬくの小屋の中なので、みつろうの状態もいい感じ。きれいに作ることができましたよ!

次はクリスマスツリーづくり。
IMG_20171125_145414.jpg

今日のオーナメントを飾るには小さいですが
大きなモミの木の元や、玄関、窓際などにチョコンと置くとかわいい
木のクリスマスツリー(木の木(笑))ができました!
DSC_3010450.jpg

子ども達も、森で走り回って、おみやげもたくさんで終始ゴキゲン♪
23844364_1361787930597636_7637000313989576662_n450.jpg
<参加者の感想>
・ガイドハイクが楽しかった。
・削り馬は、やってみると思い通りにいかなかった。けど、欲しい。
・全部楽しかった。作りたい欲がメラメラ湧いてきて、子どもそっちのけになった。
・難しかったけど、最後にツリーができあがるとうれしかった。子どもが産まれたら子どもを連れてまた参加したい。
・自然と触れ合うことがあまりないので楽しかった。
・自分のからだをフルに使った楽しい一日でした。

子どもも大人も楽しめる、ふくちゃんのガイドハイクはいつもいろんな発見があります!
グリーンウッドワーク、ガイドハイク、食べ物、植物観察。。。森の楽しみ方はいろいろ。
森工塾でも、いろんな楽しみ方を提案していきたいですね。
(かしわ)
  1. 2017/12/01(金) 09:00:10|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あこがれの森のキッチン!かまどづくりワークショップ

今年の一大イベント「ろうきん森の工房」ワークショップも、いよいよ最後の講座です!
前回のワークショップで作った日干し煉瓦を使った、森のキッチン、かまどを作ります。
>>日干し煉瓦づくりワークショップの様子

<<2017年10月21日(土)~22日(日) ろうきん森の工房 かまどづくりワークショップ>>

講師は、パーマカルチャデザイナーの四井真治さんと、庄司正昭さん。
22552635_1330849070358189_1689641679143568202_n(450).jpg

参考図書はこちら。
四井さんの手がけられている、「地球のくらしの絵本」シリーズです。
DSC_2220(450).jpg DSC_2221(450).jpg

日干し煉瓦に石灰を混ぜた土を塗って積んでいきます。
DSC_2668(450).jpg

形が見えてきたー
DSC_2670(450).jpg

「かまわ」を置いてみて、微調整。。。
DSC_2681(450).jpg

かまどの表面のデコボコをきれいにならして
DSC_2684(450).jpg

少し乾かして、またならして。。。
DSC_2688(450).jpg

完成っ!
台風が接近していたので、急ぎ足で作り上げました!
DSC_2692(450).jpg
絵本にも載っていない細かい方法も習いながら、見ても美しい、使って良しのすてきなかまどができましたー!(まだ使ってませんが)

作業に必死だったのであまり写真を取れませんでしたが、
グリーンウッドワーク協会会員の名和さんが定点撮影動画をあげてくださいましたので、こちらもお楽しみください!
※リンクを開くと音楽が流れますのでご注意ください。
https://www.facebook.com/hiroshi.nawa.16/videos/1533011293454488/

2日目には、会場をうだつのあがる街並みの中の「美濃のいえ」に移して、
四井さんの講演会。
DSC_2698(450).jpg
パーマカルチャーのこと、自然と循環する暮らしのこと、
そしてそれを実践している四井さんの暮らしを、たくさんのきれいな写真で紹介していただきました。

台風が意外とまだ大丈夫そうだったので、昼食後にかまどの様子を見に行くと。
ヒビが!!
DSC_2705(450).jpg
。。。入るのはあたりまえらしいです。
このヒビが入らなくなるまで、毎日かまどを見に来てヒビを埋めます。

ヒビの埋め方も習いました。
DSC_2708(450).jpg
ヒビを埋めながら、「あんな使い方もできそう!」「ここをこうしたら、こんな使い方もできそうだねー」と話しが盛り上がりました。
「自由に作るから、自由に使える」との四井さんの言葉。手づくりの特権ですね。

<参加者さんの感想>
・家にいつかかまどが欲しい。もちろん日干し煉瓦で!
・かまどをてかてかさせるのは楽しい!
・火のある暮らしに興味があった。かまどがあれば、毎日火遊びして暮らせる!
・自分でもこんなに簡単に作れる上、作ったあとにゴミが出ないことに感動!
・たくさんの人とのWS。ひとりでできないものもできるし、いろんな人と話しができるので自分の自信に繋がった。
・学校でこういうのを作る授業をすると、子どもの思考力などを伸ばすのによさそう。
・なぜかまどがいいのか、今まではなんとなくだったが四井さんのお話しで腑に落ちた。
・パーマカルチャーという言葉をよく知らなかったが、「豊かさ」を作ることだと考えたらおもしろいと思った。
・人が生活することで豊かになるという話にしっくりと来た。

「家族で使うものは、家族でつくる。自分達の暮らしの場を自分たちの手で」という話がとても印象的でした。
このかまども、みんなで大事に使わせていただきたいと思います!

(かしわ)
  1. 2017/10/26(木) 22:04:10|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ