GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

足柄丹沢の郷ネットワーク~森の色えんぴつづくり

今年も、足柄丹沢の郷ネットワークさんの主催する
グリーンウッドワーク体験講座のお手伝いをしてきました。
DSC_1620(450).jpg

<<2017年8月19日(土) 足柄キンタロウ学校・グリーンウッドワーク講座2017夏>>

会場は、横浜市の地区センター。
今回も横浜市の水源となる
山北地域の森の手入れで出た生木を使った色えんぴつです!

材は、アブラチャン、シデ、マキ、
カラスザンショウも使ってみました!
イボイボ色えんぴつも、なかなか楽しかったですよ。

色えんぴつの穴開けは、小さいお子さんでも楽しくぐーるぐる!
DSC_1611(450).jpg

えんぴつ削り作業
低学年でも、お父さんお母さんと一緒ならできます!
DSC_1609(450).jpg

男の子は、ひとりでノコギリにチャレンジ。
DSC_1612(450).jpg

ウッドバーニングで名前や模様を入れます
DSC_1616(450).jpg

上手な子は、何本も作っていきました!
DSC_1613(450).jpg

DSC_1615(450).jpg

DSC_1614(450).jpg

足柄丹沢の郷ネットワークさんと共同で進めてきたこの活動も早5年となりました。
森とのつながりを感じられる体験が、この地にも少しずつ根付いてきています。

(かしわ)
  1. 2017/08/28(月) 09:22:32|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放課後ランドin美濃~あおぞらパーカッション教室開催しました!

グリーンウッドワーク協会は、木工の活動以外にも
子どもをまん中においたまちづくりを目指すべく
「美濃市ぜ~んぶで放課後ランド!」の活動にも参加しています。
DSC_1584(450).jpg
今年の夏休みの放課後ランド企画は『あおぞらパーカッション』!
長良川ラテンモードDXの古田さんを講師に、
ろうきんの森で、本物の打楽器などを演奏するパーカッションで遊びました!

<<2017年8月16日(水)・17日(木) あおぞらパーカッション教室>>

とはいえ、ろうきんの森に来たならばやっぱりグリーンウッドワークも体験してほしい。
と、いうことで生木の小枝を使って笛も作りました
DSC_1585(450).jpg
コシアブラやタカノツメは、「カタナの木」と呼ばれていて、写真のように樹の皮が刀の鞘のようにすっぽり抜けます。
この木の性質を利用して笛を作ります。
20799983_1277273149049115_8546749465257646398_n(450).jpg
生木なら、だいたいの木が「カタナの木」になるようです。
今回は、シダレヤナギを使いました。

こんな楽しい音おもちゃを持ってきてくださった方も!
DSC_1586(450).jpg

動画では、こんなかんじ♪


ドラムを習っている子の横で、虫を追いかける子も。
20914182_1277272832382480_5701855963892198699_n(450).jpg

2日目には、伝説の?サックス少年も登場!
20800098_1277272765715820_8656989169479108001_n(450).jpg
リズムだけでも、もちろん楽しいですが
メロディーが加わるともっと楽しい!
ひとり加わるごとに、「楽しい」が増えていくのがアンサンブルの魅力ですね。

1日目の参加者
20882132_1436581403043929_3531517181018326801_n(450).jpg

2日目の参加者
20799403_1277273129049117_6510008128445842318_n(450).jpg

ドラムや笛でパーカッションして遊んだり(ろうきん森の工房は、屋根があるので音が響いて意外といい感じです!)
虫を追いかけたり
グリーンウッドワークをしたり。

ろうきん森の工房というひとつの空間で、
いろんな楽しみ方ができて、一緒に楽しめる。
すてきな空間ができた2日間でした!(^^)/


(かしわ)
  1. 2017/08/23(水) 14:28:38|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ものづくりで森づくりネットワークの活動~高校生の体験を受け入れました!

先月、講演会とワークショップを開催した「ものづくりで森づくりネットワーク」さん。
IMG_5958.jpg
(写真は、講演会翌日のワークショップの様子)
このイベントに引き続き、
今回は2泊3日で東京の高校生の体験受け入れを行いました!
そのうちの初めの2日間を、グリーンウッドワーク協会でもお手伝いさせていただきました。

まず、1日目は台風が近づいていたので屋内で木についてのお話し。
材木見本を見ながら、樹種による違い、特徴を学びます。
DSC_1423(450).jpg

材木見本と、葉っぱも見比べながら。
本当はみんなで採ってきたかったけど、雨で森に行けなかったので事前に採っておいた樹種、全部で13種類。
これで、明日グリーンウッドワークを体験しますよ!
DSC_1425(450).jpg

そして、「ものづくりで森づくりネットワーク」の郡上市白鳥町六ノ里の森での活動紹介をしました。
DSC_1426(450).jpg

夜は、ペンションリトルパインさんで交流会。
高校生に、この活動に参加した理由などをインタビュー!
DSC_1435(450).jpg
みんな、夏休み期間中にも関わらず、自ら立候補して
自分の学校の机の材料となる木が伐採される森を見に来てくれているんだそうです!
高校生にして、この意識の高さ。すばらしいです。

ものづくりで森づくりネットワークのメンバーの普段の活動や
今後の抱負も語りました!
DSC_1433(450).jpg

地元白鳥のキコリさんにもお越しいただきました
DSC_1431(450).jpg
縦挽きと横挽きの違いについてもレクチャー。

博物館に置いてあるような、かっこいい道具も持ってきてくれました!
まだまだ現役だそうです。
(きこりさんも、まだまだ現役です!すごすぎます)
DSC_1446(450).jpg

さあ次の日はグリーンウッドワーク体験です!
DSC_1456(450).jpg

DSC_1453(450).jpg

学生さん、ひとりひとりの個性が光る『色えんぴつ』が完成しました。
DSC_1467(450).jpg

DSC_1465(450).jpg

<グリーンウッドワーク体験 感想>
・同じ”木”だと思っていたけどドリルの刺さり方、削りやすさなど樹種によって全く違った
・伐った時に水がぶわっと吹き出てきて、生きているものなんだということを実感した
・ふつうの製品を当たり前に使っていたけれど、生きている木から作られているということを改めて実感した
・木のことをもっと知りたいと思った
・削る時の刃の角度など、材を見極めながら、木とうまく付き合っていくのがおもしろいと感じた
・カエデがたくさんあったので、全種類のカエデで色鉛筆をつくった。同じカエデでもたくさんあるのがおもしろかった。
・日本は材木をもてあましている。こういう使い方もあるんだと思った。
・楽しくて熱中した。ものづくりは達成感が得られて楽しい。

お昼ごはんはリトルパインさんの「朴葉めし」!
差し入れは、リトルパインさんからトウモロコシとトマト、
今回のプロジェクトの橋渡し的な存在のえんちゃんからは赤福。
ありがとうございます!
DSC_1468(450).jpg

午後からは、雨も弱くなってきたので六ノ里の森へ。
今年はじめての伐倒の前に、二礼二拍手一礼。
DSC_1472(450).jpg

きこりのじゅりーの手によってシナノキが伐倒されました。
DSC_1474(450).jpg

年輪を数えると、だいたい45歳くらい。
DSC_1478(450).jpg

この木を、3日目に材木屋さんの見学に行く時に持っていって製材してもらうんだそうです。
素敵な思い出になりますね!
DSC_1477(450).jpg

伐倒の見学の後は、来年切られる予定の区画へ行って、
この森で机の材料がどれだけ採れるかを測りました。
DSC_1484(450).jpg

調査が終ったら、伐倒した木をみんなで担いで帰ります!
DSC_1486(450).jpg
結構大変でしたね。

帰り道では、道づくりの方法や意義、思いについてお話しを聞いたり
DSC_1489(450).jpg

実生を採取して、持って帰ってもらいました。
DSC_1490(450).jpg
東京で大事に育てて、いつでもこの森のことを思い出してくださいね。

2日目、森から出たらこの日の活動は終了!
DSC_1469(450).jpg
学生のみなさんはこの後郡上踊りに行くんだそうです。
そして翌日は製材屋さんを見学して、今日の木を製材してもらって帰路に就くとのこと。

この3日間で、高校生の皆さんはどんなことを感じてくれたのでしょうか。
森の材や実生、そしてこの3日間の思い出や学んだことを東京へ持ち返ってもらうことで
皆さんのこれからの暮らしやこころが豊かになる一助になれば幸いです。

ものづくりで森づくりネットワークさんのふだんの活動はこちらから
>>face book

(かしわ)
  1. 2017/08/17(木) 14:08:07|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリーンウッドワーク協会の常日頃~マイタケの伏せこみとビートルベットの補修

先日、協会スタッフで”ろうきんの森”の整備をしました。
まずは、マイタケの伏せこみです。

2月に植菌をしたマイタケさん。菌がみっちりきれいに回っています!
優秀、優秀。
DSC_1282(450).jpg

ろうきんの森に植えてきましたよ。
DSC_1285(450).jpg

立派に育っておくれー。
20108308_1251346958308401_531061439738377719_n(450).jpg

今回は、竹部会のスタッフがいなかったので
グリーンウッドワークのスタッフで
あーだこーだ言いながらなんとかモウソウチクを割って
DSC_1283(450).jpg

マイタケベットの掛け布団?
寒冷紗の枠を作りました。
DSC_1287(450).jpg

完成ー!10月に出てくれるか、楽しみです。
20140152_1251347001641730_6320162775201814203_n(450).jpg

つづいては、カブトムシのベットです。
昨年イノシシに壊されてしまったビートルベットを補修します。
DSC_1288(450).jpg

マイタケベット用の余った竹ひごをぐるぐる
DSC_1289(450).jpg

中におがくずを敷き詰めて完成です!
20155909_1251563534953410_3008014735104678828_n(450).jpg
これで、今年もカブトムシがたくさん卵を産んでくれるといいなー。

伏せこみをしたマイタケは、10月のろうきん森の学校「森工塾」で収穫する予定です!

ろうきん森の学校「森の恵みを味わう~秋・きのこ編~」のご案内
>>>こちらをクリック

(かしわ)
  1. 2017/08/07(月) 09:26:27|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広葉樹の森づくりを考える講演会とワークショップを開催しました【森編】

広葉樹の更新を考えるセミナー二日目は、
標高1000mの白鳥町六ノ里「ものもりの森」での現場実習です。
IMG_20170730_115545.jpg

伐採後の幾度かの笹刈りによって光環境が改善されて、
意図しない形でウリハダカエデが優先的に生い茂った林
この林をどうしたいか?
人為的に誘導すべきか?
森の時間に任せるか?
そもそも、「ウリハダカエデ」という樹種をどう評価するか?
IMG_20170730_113447.jpg

木工家にとって有用な胸高直径40cmのウダイカンバ(マカバ)の大径木
IMG_20170730_122649.jpg

そして尾根筋にそびえる胸高直径50cmのブナ
私たちが長年目指してきた姿です。
しかし、全山ブナにする必要もありません!
IMG_20170730_124748.jpg

ここは、今年の伐採予定地です。
20m×20mの小規模皆伐(群状間伐)後、
どんな植栽デザインを考えましょう?
IMG_20170730_130108.jpg

ブナの有用な遺伝子を増やすために残した母樹の下には、
稚樹バンクとなりうる苗が育っています。
IMG_20170730_135550.jpg

そして2年前の植栽地
今後の植栽のための苗づくりも継続していく必要があります。
IMG_20170730_140604.jpg

一日森を歩き回りながらそれぞれの立地に合った
最適な更新プランについて皆さんに考えてもらいました。

<参加者の皆さんの感想です>
・昨年も来たが、一年経って様子が変わっていた。
自分たちの思う方向に持って行くために、いろいろなことを考えてやれたらいい。
地元の北海道に戻ったら参考にしたい。
(アカデミー学生)
・昨日の勉強会の後、自分の脳みそが動いているうちにすぐに森が見れてよかった。・
(木工家)
・普段人工林(スギヒノキ林)を相手にしていて、
針葉樹と広葉樹の混交林に転換できるといいなと思っているが、
現在林内に広葉樹の母樹がない状態である。
しかし、200年~300年のスパンで広葉樹の母樹ができればいいのではないかと思えるようになった。
(林業家)
・ウリハダカエデが優先して生える林は魅力的ではないと思っていたが、
ウリハダカエデを選抜的に育てて使うことができれば、
この森は魅力的な森になる。
笹に手を加えることによって、その下にある稚樹の光環境を改善することができる。
これからも、この森にかかわっていきたい。
(林業普及指導員)
IMG_20170730_110112.jpg
・場所と樹種と生育環境などの組み合わせが、パズルみたいで面白い。
ウリハダカエデがかご編みの材料となったり、シロップを採取したり、使い方を考えるのが楽しみ。
いいタイミングでこの地に移住できてよかった。
(デザイナー)
・東京ではこのような広葉樹のイベントがない。
森づくりは長期的な視野で考えないといけないと強く感じた。
自分なりに何ができるか考えて、実践してみたい。
(サラリーマン)
・つい最近森のことについて勉強し始めたばかりで、難しい話も多かった。
皆さんの森に対峙する姿が素晴らしい。
(高校生)
・ここの森から伐採された木を使って自分の母校の机と椅子ができる。
ここで森づくりをしている方たちの姿勢を、母校の高校生に伝えたい。
(NPO職員)
・毎年この森にかかわっているが、今まで頭の中で整理ができていなかった。
いろんな意見が出てまだまだまとまらないが、次の段階に持っていけるようにしたい。
(森林関係の企業)
・この森で木を伐ったり道をつけることで、森の質や価値を上げたい。
今回の成果をどう行動に落とし込むか、答えを見つけるのが楽しみ。
(きこり)
・地形図を読み取って造林計画を立てることなど勉強になり、知識の幅が広がった。
(材木屋)
・普段なかなか携わる機会のない広葉樹の更新というテーマに頭はぱんぱん。
徐々に消化できればいいかな。
(林業・製材・加工業)
IMG_20170730_101105.jpg
・大台町とは樹種、環境、必要な木、シカ害など前提条件が違う。
森林立地評価を行い、明確な目標をもって取り組むことが大切。
(講師の中須さん)
・一応の方向性が見えてきた。
現状の最適なプランを実行し、確認しながら立ち止まって考え直すという、
順応的管理という考え方を大切にしてほしい。
(講師の横井さん)

IMG_5958.jpg
このセミナーの最大の収穫は、
「今後もこの活動に参加したい」
「またこの森に来たい」
と言ってくださる方がたくさんいらっしゃったことです。
今回得られた知見をしっかりと計画に落とし込んで実行していきたいと思います。
(小野)

※このイベントは、岐阜県の森林・環境税を基金とした
「平成29年度清流の国ぎふ地域活動支援事業」の
補助を受けて実施しました。
  1. 2017/08/05(土) 13:17:58|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ