GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

古城山イベント「ふれあいの森で薪小屋づくり体験」

美濃市のうだつのあがる街並みからすぐ近くの「古城山ふれあいの森」では、
市内の森林に携わる団体が、それぞれの団体の特徴をいかした活動をしています。
たとえば、森林ボランティアクラブは、森の整備。
グリーンウッドワーク協会は、ろうきん森の学校。

年に数回は、この森で活動する団体で「古城山イベント」も開催しています。

<<2017年11月19日(日) 古城山イベント・薪小屋づくり>>

今年の一回目の「古城山イベント」は、「薪小屋づくり」。
古城山ふれあいの森での活動に使う薪を保管するための小屋をみんなで作ります。
DSCF1993(450).jpg
材料にはあらかじめ伐採しておいた古城山のアラカシの樹を使います。

DSCF2006(450).jpg
削り馬を使って成形。
今回も、グリーンウッドワークの技術を使って、薪小屋を作ります!

DSCF2024(450).jpg
お昼は、炊きたてのカマドごはんです。
風の冷たい日でしたが、作業で体はポカポカ!そとごはんはやっぱりいいものです!

DSCF2026(450).jpg
午後からは、午前中に穴開け・ホゾ取りをした材を組み立てます。
ちゃんと組みあがるか、ドキドキの瞬間!組みあがった時には歓声がおきました(^▽^)/

DSCF2037(450).jpg
参加者の感想
・薪づくりのイベントはよくあるけど、『薪小屋』はめずらしい!と思って参加しました。
・この間の台風で家の薪小屋が壊れてしまった。家にも同じものを作りたい。
・生木が手に入らないので、参加者が自分の家用に持って帰られる薪小屋を作れるイベントがあるといい。

美濃市に住む方が、市内の森に関心を持ってもらえるようなイベントを
これからも開催していきたいですね!

(かしわ)
  1. 2017/11/25(土) 08:49:53|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

指導者養成講座in滋賀⑥ スツールづくり(その2)

琵琶湖から日が昇ります。
グリーンウッドワーク指導者養成講座最終課題のスツールづくり二日目です。
23998427_1360576437385452_793822005_o.jpg

<<2017年11月19日(日) 指導者養成講座初級編⑥>>

6月から始まったこの講座もいよいよ最終日となりました。
季節が半周めぐって比良山系には冠雪も見られるようになりました。
23897255_1360576890718740_544079037_o.jpg

前回講座の10月22日深夜に通過した台風21号の影響で、
ここ近江舞子は甚大な被害に見舞われました。
ほとり・ポトリの施設も屋根が破損し雨漏りが発生しました。
22780297_1332200353556394_8959371171048958610_n.jpg

前回の講座から一ヶ月間、材料の貫をしっかり乾燥させなければいけなかったのですが、雨漏りで湿気の多い施設内に放置されていた一部の貫が黒く変色。
カビてしまったようです。
こんなアクシデントもいい教材です。
ストーブで強制乾燥と滅菌処理。
23998630_1360576590718770_1904950079_o.jpg
失敗の経験も大いなる学びとなります。

本来3~4日かけてつくるスツールを二日間の強行スケジュール。
「グリーンウッドワークは時間に追われて忙しいもの」という気持ちは持ってもらいたくありません。
皆さん真剣に削りながらも、互いの仕事のことや将来のことを語りあっていました。
23897408_1360576714052091_572992597_o.jpg

午後からは穴あけと組み立て。
23949195_1360577420718687_1338046249_o.jpg
貫の乾燥、丸ほぞの乾燥収縮、ほぞのインターロッキングなど、ポストアンドラングスツールの要点について学んでいただきました。

日が沈むのもすっかり早くなり、座編みのころにはあたりは真っ暗に。
23961067_1360577677385328_885468635_o.jpg

受講者の一人からは
「勉強になりましたし、何よりとても楽しくて、完全に癒しの場にさせてもらっていました。
この楽しさを広めたいと思います。」
との感想をいただきました。
23998205_1360577794051983_2121999992_o.jpg
グリーンウッドワーカーの卵たちの活躍に期待します!
(小野)


  1. 2017/11/24(金) 10:47:28|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四日市に行ってきました2017

11月19日(日)、
昨年に引き続き、三重県四日市市で開催された「みえ北里山まつり」に呼んでいただきました。
1511154606560.jpg

自然観察会やピザ焼き、スラックラインなど自然体験が行われる中、
グリーンウッドワーク協会はお子さんを中心に20名ほどに木の指輪づくりを体験していただきました。
1511154617105.jpg

講師は指輪づくりのスペシャリスト、現代の木地師、加藤哲さん。
1511154571428.jpg

大きな虹も私たちを歓迎してくれました。
1511154637742.jpg
四日市でもグリーンウッドワークが徐々に浸透してきました。
(写真:加藤さん、文責:小野)
  1. 2017/11/23(木) 08:00:29|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

養老改元フェスタにてものづくり体験を開催してきました

養老改元1300年を記念して、養老町では一昨年からイベントが行われ盛大に節目の年をお祝いしています。
昨年まではプレイベントでしたが、今年は本番!ということで、3連休を通してにたくさんの催しが行われていました。
DSC_2814(450).jpg DSC_2823(450).jpg

<<2017年11月3日(金・祝)~5日(日) 養老改元フェスタ>>

会場は見晴らしの良い養老公園。
DSC_2828(450).jpg

グリーンウッドワーク協会では「奈良時代のものづくり体験」のブースをいただき、
イベントをお手伝いしてきました!
DSC_2815(450).jpg

●木笏(もくしゃく)づくり
DSC_2807(450).jpg

木笏とは、聖徳太子とか、おじゃる丸が持っている「アレ」です。
DSC_2816(450).jpg

子どものお仕置き棒にするという方が多かったですが(笑)
みなさん面白がって、何より削り馬に興味を持ってくださって体験していってくれました!
DSC_2840(450).jpg

●小枝のお箸づくり
DSC_2809(450).jpg
小枝の皮をそのままいかしてつくるかわいいお箸づくりです。
これにハマってしまって、去年も作ったけどまた作りに来たよ!という子もいました。
DSC_2826(450).jpg

かっこいい箸ができました!
DSC_2819(450).jpg

●木の指輪づくり
DSC_2812(450).jpg
ろくろも一台持って行って、指輪づくりの体験もしました!
見本を見て「かわいい!」と作っていってくださる方が多かったです。
DSC_2808(450).jpg

コツをつかめば、ひとりでもきれいに仕上がります!
DSC_2813(450).jpg

岐阜、愛知のグリーンウッドワーカーが集結してプログラム対応しました!
大人数対応のイベントは大変ですが、
こうしてグリーンウッドワーク協会の会員さんが集結するのもいいものですね。
DSC_2821(450).jpg

(かしわ)
  1. 2017/11/12(日) 12:12:12|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足柄キンタロウ学校グリーンウッドワーク体験会をお手伝いしてきました!

今回も、足柄丹沢の郷ネットワークさんにお声がけいただき、
神奈川県の2地域でグリーンウッドワーク体験会をお手伝いしてきました!

<<2017年10月28日(土)~29日(日) 足柄キンタロウ学校グリーンウッドワーク体験会>>

神奈川県松田町西平畑公園にて実施する、足柄キンタロウ学校グリーンウッドワーク体験会も今年で4年目。
22851851_1336919609751135_4735877252835130016_n(450).jpg

台風が接近していた生憎の天候の中、みかん狩り帰りの親子や地元の幼稚園の先生たちなど、たくさんの方々に参加して頂きました。
22788653_1336919639751132_8257184199958226646_n(450).jpg

DSC_2760(450).jpg

DSC_2763(450).jpg

翌日には、山北音まつりにもブースを出させていただきました。
DSC_2767(450).jpg
足柄丹沢の郷ネットワークさんのイベントでいつも使う材料も、山北町の森の木。
今年第一回目のイベントだそうですが、
おいしい食べ物や地元の出展も多く、こういうイベントで山北町がさらに盛り上がるといいですね。
DSC_2765(450).jpg

神奈川に滞在中、2日連続で食べてしまったほどおいしかった「みほ弁」
みほちゃんが作ったお弁当、ではなく、
三保という3つの集落が集まった地域の民宿のお母さん達が地域おこしのために開発したお弁当なんだとか。
包み紙には、神奈川県の民芸、ヌルデで作られる「かどにゅうどう」の絵も。
(「かどにゅうどう」って何?という方は、12月23日の「削りかけ文化を知る(講演会)」にぜひご参加ください!!(宣伝))
23031538_1336919663084463_3287130484295239550_n(450).jpg
地域がこうした取り組みで盛り上がっていると、訪れるこちらも嬉しくなりますね。
NPO法人足柄丹沢の郷ネットワークの福島さんとの付き合いも早9年になるとのこと。
これからも人とのつながりを大切にしたいものです。
22853130_1336919693084460_5039596331442850519_n(450).jpg

(かしわ)
  1. 2017/11/11(土) 11:11:11|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ