GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

色えんぴつづくり体験を開催しました!(森のようちえん・森のしょうがっこうまつり)

日本昭和村の平成記念公園にて「森のようちえん・森のしょうがっこうまつり」が開催されました。
グリーンウッドワーク協会では、森の色えんぴつづくり体験を行いましたよ。

<<2018年2月4日(日)森のようちえん・森のしょうがっこうまつり>>

会場は、山びこ学校前の芝生広場。
お日様はずっと照っていましたが、時々雪がちらつく寒い日でした。。。(>_<)
DSC_3566.jpg

ご家族連れの参加がほとんど。定員40人の方に楽しんでいただけました!
見学に来てくださった方もたくさん!
DSC_3562.jpg

ぐるぐる穴あけは、お母さんと一緒に!
DSC_3561.jpg

お子さんでも、削り馬が使えます!
むしろお子さんが、削ることにすごくハマったりするんですよ~
DSC_3560.jpg

もちろん、親子で一緒に削り馬に乗ってもOK!
DSC_3564.jpg
気温は寒かったですが、
グリーンウッドワークで体を動かして、体験中は寒さを忘れ。。。られてるといいなぁ!笑

この施設、来年度には「ぎふ清流里山公園」としてリニューアルオープンするそうです!
広大な敷地に、池や芝生広場、建物などがたくさんあって、
岐阜の自然体験の中心施設になりそうな予感。
これから楽しみですね。
  1. 2018/02/09(金) 09:00:08|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古城山イベント「ふれあいの森で薪づくり体験」を開催しました!

ろうきん森の学校を開催させていただいている「古城山ふれあいの森」。
この森では、市内の森林に携わる団体が、それぞれの団体の特徴をいかした活動をしています。
年に数回は、この森で活動する団体が協力して「古城山イベント」も開催しています。
今期3回目のイベントは薪づくり体験です!

<<2017年12月17日(日) ふれあいの森で薪づくり体験>>

今回伐ったのは、アラカシとコナラ。
どちらも、火持ちがよく薪ストーブには最適な木です!
DSC_3205.jpg

DSC_3206.jpg
ありがたくいただきました。(奥には、ろうきん森の工房が見えます!)

今回は、道下で伐ったので道上にあげないといけません。
DSCF2304.jpg

簡易架線をはって、大人も子どももみんなでひっぱって、山から運び出しました!
DSCF2308.jpg

いい樹がきましたよ!
DSC_3202_col.jpg

これを油圧式の薪割り機で割って
DSC_3212.jpg

斧でさらに細かく割ります!ひたすらこの繰り返し!
DSCF2323.jpg

お昼ごはんのカレーでエネルギーを補給しつつ
DSCF2328.jpg

こんなにたくさんの薪が割れました!
DSC_3211.jpg
満面の笑み♪

割った薪は、ふれあいの森で使うために少し分けていただき、(ありがとうございます!大事に使います!)
参加者の皆さんにお持ち帰りいただきました!
DSCF2337.jpg

木持ち金持ちという言葉があるそうで、
薪をたくさん持っていると、心が豊かになるんだとか。
DSCF2341.jpg
<参加者の感想>
・みんなで山で薪をつくる、という仕組みはいいなと思った。
・木を伐り出すところから見られたのがよかった
・いい汗をかきました
・薪を使って、かまどでご飯も炊いてみたい

次回の古城山イベントは、
1月21日(日)の「火起こし体験」です!こちらもご参加お待ちしています(^^)/

(かしわ)
  1. 2017/12/26(火) 10:01:05|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森林インストラクター研修会でグリーンウッドワーク体験をしてきました!

今回は、岐阜県の森林インストラクター研修会ということで、
東白川村の「こもれびの里」さんにて、グリーンウッドワークの研修会に講師として呼んでいただきました!

<<2017年12月10日(日)森林インストラクターぎふ研修(東白川村こもれびの里)>>

まずは、こもれびの里内で体験に使う樹を物色。
DSC_3160.jpg

「このクリの、この枝先が虫こぶでやられているから、枝の元の方を使ったらどう?!」
DSC_3162.jpg
伐採!(枝だけ)

「このガマズミは、萌芽しすぎていて混み合っているから、1~2本切ろう!」
DSC_3164.jpg
伐採!(ちょっとだけ)

樹を見る確かな目でみなさん躊躇なく切っていきます!!
たいてい、講座に参加される方は「本当に切っちゃってもいいのかな…」的な後ろめたさを感じてくださっている(と勝手に見ていて思うのですが、たぶんそうなんだと思います)のですが、
こうやってちゃんと切る理由を伝えてあげるといいですね。

そんなこんなで、午前中だけで15種類の樹を伐りました!
24862411_1375681385874957_8543303147870821525_n.jpg
樹種は、ヌルデ、ヒノキ、ツクバネガシ、マルバノキ、アセビ、クリ、コシアブラ、ホオノキ、トチノキ、コナラ、リョウブ、ヤマボウシ、アオハダ、ガマズミ、グミ。
伐りながらその場で目にもとまらぬ早さで同定されていきました。み、見習いたい。。。!(勉強しなきゃ!)

お昼ごはんは、こもれびの里名物?の、カレーバイキング。4段階の辛さのカレー、ごはん、サラダなどが食べ放題で1,000円!!
いいな!安いな!宿泊施設もあるって!この施設、講座で使いたい!!とはしゃぐGWW協会。(主にO理事長)
25152293_1375681442541618_5549925605738332983_n.jpg

午後から、こもれびの里さんの工房で体験開始です。
まずは、グリーンウッドワークとは、グリーンウッドワーク協会とはの紹介から。
DSC_3158.jpg

参加者として、今年ゴッホの椅子づくりをさせていただいた郡上高校の先生も来てくださっていました。
生徒さんが作ったヌルデの椅子を持ってきてくださったので、紹介してもらいました。
>>郡上高校ゴッホの椅子づくりの様子
DSC_3159.jpg

体験の内容は、まずは手回しドリル、削り馬などひととおりの手工具が体験できる「色えんぴつ」!
DSC_3172.jpg

DSC_3171.jpg

削り馬は、こもれびの里さん作の馬も3頭登場!
今回が初レースのデビュー戦だそうです。
24899758_1375681342541628_2315659675209242035_n.jpg
立派なサラブレッドに育ててください。

おやつには、郡上高校の食品流通課の生徒さんが作ったというケーキと、
DSC_3176.jpg

東白川茶!緑茶と、和紅茶も用意してくださいました。
DSC_3177.jpg
どれも、とてもおいしかったです!
高校生の作ったケーキもあっという間に完食。この生徒さん、すぐにケーキ屋さんできちゃいますね!

おやつ後は、クリスマスツリーづくり。
DSC_3178.jpg
とても上手に仕上げる方も!
DSC_3179.jpg

東白川村の樹で作った、クリスマスツリーと色えんぴつの森が広がりました!
DSC_3182.jpg

さすが、樹に詳しい方々ばかりで、こちらがとても勉強になりました。。。!
森林インストラクターさんとのコラボ講座とか、
こういう森林公園さんとのコラボイベントとか、やりたいなぁ。(お話しこないかなぁ)

(かしわ)
  1. 2017/12/18(月) 10:00:27|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古城山イベント「ふれあいの森で薪小屋づくり体験」

美濃市のうだつのあがる街並みからすぐ近くの「古城山ふれあいの森」では、
市内の森林に携わる団体が、それぞれの団体の特徴をいかした活動をしています。
たとえば、森林ボランティアクラブは、森の整備。
グリーンウッドワーク協会は、ろうきん森の学校。

年に数回は、この森で活動する団体で「古城山イベント」も開催しています。

<<2017年11月19日(日) 古城山イベント・薪小屋づくり>>

今年の一回目の「古城山イベント」は、「薪小屋づくり」。
古城山ふれあいの森での活動に使う薪を保管するための小屋をみんなで作ります。
DSCF1993(450).jpg
材料にはあらかじめ伐採しておいた古城山のアラカシの樹を使います。

DSCF2006(450).jpg
削り馬を使って成形。
今回も、グリーンウッドワークの技術を使って、薪小屋を作ります!

DSCF2024(450).jpg
お昼は、炊きたてのカマドごはんです。
風の冷たい日でしたが、作業で体はポカポカ!そとごはんはやっぱりいいものです!

DSCF2026(450).jpg
午後からは、午前中に穴開け・ホゾ取りをした材を組み立てます。
ちゃんと組みあがるか、ドキドキの瞬間!組みあがった時には歓声がおきました(^▽^)/

DSCF2037(450).jpg
参加者の感想
・薪づくりのイベントはよくあるけど、『薪小屋』はめずらしい!と思って参加しました。
・この間の台風で家の薪小屋が壊れてしまった。家にも同じものを作りたい。
・生木が手に入らないので、参加者が自分の家用に持って帰られる薪小屋を作れるイベントがあるといい。

美濃市に住む方が、市内の森に関心を持ってもらえるようなイベントを
これからも開催していきたいですね!

(かしわ)
  1. 2017/11/25(土) 08:49:53|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

指導者養成講座in滋賀⑥ スツールづくり(その2)

琵琶湖から日が昇ります。
グリーンウッドワーク指導者養成講座最終課題のスツールづくり二日目です。
23998427_1360576437385452_793822005_o.jpg

<<2017年11月19日(日) 指導者養成講座初級編⑥>>

6月から始まったこの講座もいよいよ最終日となりました。
季節が半周めぐって比良山系には冠雪も見られるようになりました。
23897255_1360576890718740_544079037_o.jpg

前回講座の10月22日深夜に通過した台風21号の影響で、
ここ近江舞子は甚大な被害に見舞われました。
ほとり・ポトリの施設も屋根が破損し雨漏りが発生しました。
22780297_1332200353556394_8959371171048958610_n.jpg

前回の講座から一ヶ月間、材料の貫をしっかり乾燥させなければいけなかったのですが、雨漏りで湿気の多い施設内に放置されていた一部の貫が黒く変色。
カビてしまったようです。
こんなアクシデントもいい教材です。
ストーブで強制乾燥と滅菌処理。
23998630_1360576590718770_1904950079_o.jpg
失敗の経験も大いなる学びとなります。

本来3~4日かけてつくるスツールを二日間の強行スケジュール。
「グリーンウッドワークは時間に追われて忙しいもの」という気持ちは持ってもらいたくありません。
皆さん真剣に削りながらも、互いの仕事のことや将来のことを語りあっていました。
23897408_1360576714052091_572992597_o.jpg

午後からは穴あけと組み立て。
23949195_1360577420718687_1338046249_o.jpg
貫の乾燥、丸ほぞの乾燥収縮、ほぞのインターロッキングなど、ポストアンドラングスツールの要点について学んでいただきました。

日が沈むのもすっかり早くなり、座編みのころにはあたりは真っ暗に。
23961067_1360577677385328_885468635_o.jpg

受講者の一人からは
「勉強になりましたし、何よりとても楽しくて、完全に癒しの場にさせてもらっていました。
この楽しさを広めたいと思います。」
との感想をいただきました。
23998205_1360577794051983_2121999992_o.jpg
グリーンウッドワーカーの卵たちの活躍に期待します!
(小野)


  1. 2017/11/24(金) 10:47:28|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ