GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

広葉樹の森づくりを考える講演会とワークショップを開催しました【初日】

グリーンウッドワーク協会と「ものづくりで森づくりネットワーク」との共催で
「広葉樹の更新を考える講演会」を開催しました。
20476544_1260069100769520_2445808820147495198_n(450).jpg

<<2017年7月29日~30日「天然更新と植栽デザインを学ぶ〜広葉樹の更新を考える講演会とワークショップ」>>

初日は岐阜県立森林文化アカデミーにて、
ものづくりで森づくりネットワークの塩田昌弘さんから2日間の活動の目的を紹介したのち、
森林文化アカデミーの横井秀一先生と
三重県の宮川森林組合の中須真史さんから講義がありました。

ものづくりで森づくりネットワークさんは、
森林所有者や、木工家、林業家などの集まりで
現在『ものもりの森』として活動している森で
『持続可能な管理をされた広葉樹の山から伐った木で木工作品を作ることで森づくりを支える』活動をしています。
伐る木の選木、
限られた資源を使って、限られた人に届ける木工作品
人が通えるための道づくり、
ものもりの森でのグリーンウッドワーク体験と、
活動のおもいや、取り組みを紹介していただきました。
IMG_5935.jpg

横井先生の講義では、
広葉樹の天然更新をテーマに、
まずは遷移の段階ごとにあらわれる樹種の特徴(極相種、遷移中期種、パイオニア種)
天然下種更新、
樹種による種(たね)の特性の違いや結実の豊凶、
管理について、
更新のはじまりは伐採、伐採は更新のはじまり
……などなど、広葉樹の森づくりの参考になるキーワードがずらり!
IMG_5941.jpg

この興奮冷めやらぬ中で
つづいては宮川森林組合さんの取り組みの紹介。
広葉樹の施業
自然配植(植栽デザイン)、
防鹿対策、
地域性苗木の生産
……と、まさにモノ森でこれから取り組みたいことを、
何年も前から実際に森林組合として取り組まれていました!
IMG_5944.jpg
実践的な現場での話しに、会場からは「おー!」と感嘆の声があがることもしばしば。

先生方のお話しを聞いて、気持ちを高ぶらせたところで
2日目は、実際に活動している郡上市白鳥町にある『ものもりの森』へと。

つづく

(かしわ)

※このイベントは、岐阜県の森林・環境税を基金とした
「平成29年度清流の国ぎふ地域活動支援事業」の
補助を受けて実施しました。
  1. 2017/08/05(土) 00:41:27|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<広葉樹の森づくりを考える講演会とワークショップを開催しました【森編】 | ホーム | 【ろうきん森の学校】森工塾 森の恵みを味わう~秋・きのこ編~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/982-067c2d14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)