GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

アウトドアで自分のためのものづくり!スプーンづくりキャンプ(2日め)

ふつかめの朝。
DSC_0744 (255x450)
キャンプの醍醐味は、この清々しい朝ですね。最高です。

気持ちのいい陽光の中、朝からスプーンづくり。
DSC_0760 (450x255)

DSC_0752 (255x450)

お昼前までで、ここまでできました!
DSC_0762 (450x255)

今日は、自分が作ったスプーンを使ってお昼を食べてみます。
DSC_0764 (450x255)
「まだまだ、厚いな・・・」
「大きいと、食べにくかったな・・・」
「自分にとっては食べやすくても、人にとっては食べにくいっていうこともあるよね」
「お店に売ってるスプーンも、口に入れてみて買いたいよね」
これまでに、こんなにもスプーンのことばかり考えていたことがあったでしょうか。
FB_IMG_1496570228798 (450x338)
グリーンウッドワーク協会理事長の小野は、「スプーン解剖学」と名付けました。

午後からは、スプーンの微調整。
DSC_0765 (450x255)
時々口に入れてみたりしながら、モーラナイフで黙々と削っていきます。
もくもくって「黙々」と書くんですね。書いて字のごとく、
まるで蟹を食べているかのように、スプーンをひたすら削っていました。
DSC_0766 (255x450)
なんて贅沢な時間。

さあ完成です!
DSC_0769 (450x255)

完成したスプーンで、
ひるがのミルクプリンを食べてみます
DSC_0770 (450x255)
柄の持ちやすいさ、すくいやすさ、口当たり。
自分だけのための、最高の一本ができました。

1496559995949 (450x337)
<参加者のみなさんの感想>
・次つくるときは、もっと理想のカーブを目指したい。
・これからは、木を見たらスプーンが作りたくなっちゃいそう。
・心が折れそうになったけど、みんなのおかげで折れなかった。スプーンは折れたけど。
・試行錯誤する時間がゆっくりとれてよかった。みんなそれぞれが食べやすいスプーンができた。
・2日間が小学校の図工の時間みたいに「あっという間」だった。
・ゆっくり時間をかけれたので、はじめて最後まで完成させることができた。

ろうきんの森岐阜地区のすてきなフィールドがあってこそ実現した、『スプーンキャンプ』。
もっと内容をねりねりして、定番化していけるといいなぁ、とスタッフ間でも盛り上がりました。

(かしわ)
  1. 2017/06/09(金) 13:11:24|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小冊子「里山スプーン」のご紹介 | ホーム | アウトドアで自分のためのものづくり!スプーンづくりキャンプ(1日め)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/959-35d38f96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)