GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

念願の有道杓子講座を開催しました

有道杓子(うとうしゃくし)
それは岐阜県飛騨地方の奥深い集落でつくられてきた木杓子です。
グリーンウッドワーク協会ではかつて、
この岐阜県で行われていた昔ながらの木工を学ぼうと、
2009年の夏にツアーを組んで高山まで行ったこともありました。
>>>そのときの様子はこちらから

あれから8年
高山から奥井先生を招いて、
ろうきん森の学校として有道杓子づくりの講座を開催することができました。
>>>奥井木工舎HP


道具は至ってシンプル
まずはマンリキや楔で材料となるホオノキの丸太を割ります。
縄文・弥生時代から行われている原始的な割り木工の技術です。
このマンリキという道具も日本では高山独自のものです。
IMG_4740.jpg

柄の付け根の部分をのこぎりで切り込みを入れたあと、
鉈でそぎ落としていきます。
IMG_4769.jpg

仕上げは出刃包丁
先生曰く「杓子もお刺身と同じ、鮮度の良いうちに削りましょう」
普段料理するときより長い時間包丁を使ったんじゃないかというかたも(笑)
IMG_4852_20170515235445930.jpg

ここはやっぱり関の孫六で
IMG_4866.jpg

最後に曲鉋(杓子鉋)ですくう部分を掘っていきます。
先生はシュッシュと気持ちのよい音を立てて削られます。
IMG_4874.jpg

出来上がりはこんな感じ。
お手本は波模様がきれいです。
IMG_4885.jpg

さあ、やってみましょう。
しかしなかなかうまくいきません。
でも本当に楽しかった。
うまくできなかった人は次回のリベンジを誓っていました。
IMG_4910.jpg

熱中しすぎて、気がつけば6時半を回ってもうすぐ7時。
その甲斐あって非常に完成度の高い作品が出来上がりました。
20170513有道杓子完成

皆さん納得の笑顔。
(先に帰られた皆さん、写真が撮れずに申し訳ありません)
20170513有道杓子集合写真

岐阜の誇る岐阜伝統のグリーンウッドワーク
今後も有道杓子づくりの講座を続けていきたいと思っています。
(小野)
  1. 2017/05/16(火) 08:00:47|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二日間での椅子づくりに挑戦!ゴッホの子ども椅子づくり(1日目) | ホーム | 【ろうきん森の学校】森工塾「竹ひごからつくる竹細工講座~四海波づくり~」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/951-4b49e7d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)