GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

里山の時間~マイタケ原木栽培~

20cmに玉伐りしたコナラとアベマキ、
全て、古城山ふれあいの森で伐採されました。
IMG_3582.jpg

平成29年3月3日
玉伐りした原木をドラム入れて、缶に水をため始めたのが早朝6時
森林文化アカデミーの学生さんがお手伝いしてくれました。
IMG_3584.jpg

そのドラム缶に薪をくべて煮続けます。
IMG_3590_20170408135148acd.jpg

朝霧にけぶる美濃まち
IMG_3597.jpg

天空の小倉山城の絶景
早起きは三文の得ですね。
IMG_3616_20170408135151766.jpg

延々薪をくべ続け、沸騰したのが着火3時間後の午前9時。
IMG_3686_20170408135344f4c.jpg
ここから約6時間さらに原木を煮沸します。
マイタケ菌は雑菌に弱い為、
それくらい煮沸殺菌したあとに植菌しないと雑菌に負けてしまうのです。

さあ、待っている間にクリーンルームの組み立て。
園芸用の温室を転用しています。
IMG_3652_20170408135224b40.jpg
左が森林文化アカデミーの津田先生。
年に一回の組み立て作業に、あーでも無いこーでも無い。

津田先生から、きのこの切り絵も教わりました。
講座の待ち時間に、子どもたちに楽しんでもらいます。
IMG_3655.jpg

たき火ついでに、ご飯もつくっちゃいましょう。
IMG_3658.jpg

お釜のご飯と、ちょっと手抜きのレトルト食品。
IMG_3659.jpg

定番のカレーと牛丼をいただきま~す。
IMG_3663_2017040813530039c.jpg
野外でみんなと食べるご飯は最高です。

昔々、アカデミーの学生が山でお洗濯!?
IMG_3667_20170408135303850.jpg
いえいえ、原木の煮汁を使った草木染めの準備です。
まずは豆乳で下処理をして乾かします。

絞り模様をつけて、煮汁(タンニンの液)に浸したあと、
IMG_3683.jpg

鉄媒染すると、、、結果は明日のお楽しみ。
IMG_3685.jpg

明日の講座の参加者の方が、
おやつを持参でお手伝いに来てくださいました。
IMG_3660.jpg

年度末の忙しい時期でしたが、
ご自身の息抜きと私たちへの激励に、
アカデミーの柳沢先生も立ち寄ってくれました。
IMG_3666_20170408135301676.jpg
ああ、なんてのどかで贅沢な里山の時間でしょう。

6時間煮沸し続けて、
午後の3時にようやく殺菌終了。
IMG_3700_2017040813534741c.jpg

手際よく栽培用の袋に詰め込みます。
IMG_3692.jpg

午後4時に作業完了。
IMG_3712_20170408135349977.jpg
このまま原木を冷まして、
明日のろうきん森の学校森工塾(もっこうじゅく)に備えます。

つづく



  1. 2017/04/08(土) 14:07:19|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<里山が交流の場に~マイタケ原木栽培~ | ホーム | 【ろうきん森の学校】五感で味わうスプーンづくりキャンプ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/935-5b604373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)