GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

森へのいっぽを踏み出そう

森へ出かけたいと思っているけど
踏み出せないでいるあなたへ贈る
「はじめてでもできる森の素材でクラフト体験」

森のクラフトを
より安全に、簡単に、そして楽しく
そのための3つのポイントは
・生木は案外やわらかい
・樹種による性質の違いを知る
・道具の固定方法を考える
IMG_2860.jpg

さあ、森の色えんぴつづくりです
もちろん削り馬と銑を使えば、安全に楽しくできますが、
道具の購入という大きなハードルが立ちはだかります。
IMG_2883.jpg

それではホームセンターで買える刃物を使ってみましょう。
IMG_2879.jpg

え?こんなものが??というものもありますが、
まずは試してみることが肝心です。
瑞々しい生木、その中でも柔らかい樹種を選べば、
野菜用のスライサーでもこの通り。
IMG_2912.jpg

銑の代わりになる刃物・・・
意外といけるのがオルファのフックカッター
IMG_2900.jpg

脚立を削り馬代わりに
足掛けもちゃんとあります!
IMG_2895.jpg

もちろん、切り出し小刀で普通に鉛筆削りもありですが、
さらに安全に、そして簡単に削るには、
刃物を木工用バイスで固定して、
削る木を引っ張ります。
IMG_2889.jpg

案外これが「森」につながる一番の近道かもしれません。
IMG_2887.jpg

参加者の皆さんからは、
「道具のこんな使い方があるなんてびっくり」
「生木ってこんなにいろいろ使える」
「子どもたちにより安全に道具を使わせることができる」
「熱中した」
「友達に自慢したい」
「自分のできることからやり始めたい」
「子どもを対象としたイベントに出展したい」
みなさん、森への一歩を踏み出せたでしょうか?
IMG_2916.jpg

1月29日(日)静岡県静岡市で開催された、
NPO法人ホールアース研究所主催
ろうきん森の学校共催の
「つながる教室~森へのいっぽ」の報告でした。
(小野)
  1. 2017/02/13(月) 17:34:43|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ろうきん森の学校】森の恵みを味わう(2017年度) | ホーム | 森のカフェでバレンタイン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/919-a1d5a954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)