GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

御殿場に行ってきました

10月14日(金)~16日(日)の3日間、
静岡県御殿場市の国立中央青少年交流の家において、
2016年度(第17回)CONE全国フォーラムin御殿場が
開催されました。

このフォーラムは、はじめて
日本野外教育学会第19回大会と同時開催されました。
これは、研究者と実践者が同じ場に会する画期的な取り組みとなりました。
IMG_9438.jpg

グリーンウッドワーク協会は、
2日目の4時間プログラムと3日目の90分プログラムの場をいただきました。
4時間プログラムは当初室内でスプーンづくりの予定でした。
IMG_9446.jpg

しかし、快晴の気持ちの良い天気に屋外で活動しないのはもったいない!
ということから、富士山を眺めながらの作業に急遽変更。
IMG_9457.jpg

芝生広場に削り馬を並べました。
IMG_9476.jpg

青空の下、気持ちよく削っているうちに、
一日あっという間に時間が過ぎてしまいました。
IMG_9470_201611091757046b0.jpg

研究者の方はもちろん、彫刻家や学習塾の経営者など
様々なジャンルの方にご参加いただきました。
IMG_9485_201611091757396fd.jpg

最終日の90分プログラムは
「今すぐ使える木育プログラム」ということで、
お馴染みの森の色えんぴつを体験していただきました。
IMG_9555_201611091757410e3.jpg

本当は木を伐りに行くところから始めたいのはやまやまでしたが、
いかんせん時間がない。
また、施設内の木を勝手に伐ることもままならないので、
事前に用意した木を室内で削ってらいました。
IMG_9571_20161109175742887.jpg

ここで大切にしたいのがどんな木を使っているか?
木の名前
匂い、色
堅さ、柔らかさ など
五感を使ってものづくり
IMG_9605.jpg

「今すぐ使える」といいながらも
特別な道具が必要です、
それなら、削り馬や銑に変わる道具はないか?
そんな事も問い掛けながら体験していただきました。
IMG_9603.jpg

この三日間を通じて、
たくさんの方にグリーンウッドワークを体験してもらいましたが、
私たちも、グリーンウッドワークの体験がもたらす効果について、
いろいろな方からフィードバックをいただきました。
IMG_9614.jpg

今後の私たちの活動に大いに刺激となったそんなフォーラムでした。
参加者の皆様、運営に関わられた方々、ありがとうございました。
14650216_10207360168227230_2107637373251139154_n[1]
(小野)
  1. 2016/11/09(水) 18:03:34|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生物多様性の10年に向けて | ホーム | 【イベントのご案内】養老改元プレフェスタ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/877-7dd087d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)