GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

パーマカルチャーを暮らしに

本日、美濃にお客さんが来られました。
会員の羽渕さんが昨年1年間通った、安曇野のパーマカルチャー塾の塾生やスタッフの方々です。
DSC03114_convert_20100221201750.jpg

パーマカルチャーとは、パーマネント(永久な)と、アグリカルチャー(農業)あるいはカルチャー(文化)を組み合わせた造語です。
すなわち、持続可能な農的生活と言ってもいいかもしれません。
これは、持続可能な森林文化を目指すグリーンウッドワーク協会と相通ずるものがあります。

まずは、今日体験していただく指輪づくりの材料を調達するために山へ行きました。
手ごろなリョウブの木を見つけました。
根元で二股に分かれていたので、太い幹に元気に育ってもらうために細い幹を伐採しました。
DSC03112_convert_20100221201932.jpg

年輪を数えてみると約20年。
たった5センチくらいの太さに育つのに、なんと20年もかかるんですね。
この木に敬意を払って、大切に削りたいと思いました。
DSC03122_convert_20100221202040.jpg

暖かな小春日和の中、足踏みろくろに挑戦です。
DSC03146_convert_20100221202154.jpg

やはり、伐ったばかりのリョウブの木は本当にみずみずしくて、気持ちよく削れてくれます。
DSC03139_convert_20100221202124.jpg

最後にウッドバーニングで模様を焼き入れてもらいました。
DSC03165_convert_20100221202252.jpg DSC03164_convert_20100221202222.jpg

短い時間でしたが、皆さん真剣に取り組んでいただきました。
お気に入りの木の指輪が出来上がったでしょうか。
DSC03168_convert_20100221202320.jpg
(文責:小野)

  1. 2010/02/21(日) 21:09:40|
  2. 講座の実施報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミズメのスプーン(第8回スプーンづくり講座) | ホーム | 【講座のご案内】第8回スプーンづくり講座>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/86-2e2c0ce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)