GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

岡山県新庄村へ行ってきました2016夏

8月13日(土)
岡山県の中で一番小さな村、新庄村(しんじょうそん)にお招きいただきました。
ここはメルヘンの里と呼ばれています。
IMG_6659.jpg

姫路城から出雲大社を結ぶ出雲街道の宿場町で昔の町並みが残されています。
道の両脇には、凱旋桜と言って日露戦争の頃に植えられたという
樹齢110年の桜が今もなお大切に守られていました。
IMG_6654.jpg

写真を撮り忘れましたが、この新庄宿の町並みも
山陰地方特有の石州瓦の赤い屋根が非常にきれいでした。
この町にも木地屋さんが住んでいた記録が残されています。
IMG_6653_20160818181633512.jpg

朝ごはんをいただいた醤油蔵を改装した食堂からの景色
メルヘンの里といわれる所以がこんなところにあるんじゃないかとも感じました。
201608130737000.jpg

こんな自然と文化の息づく村で、この日は小学生を対象とした色えんぴつづくりです。
まずは森に行って自分たちの手で木を伐ります。
IMG_6669.jpg

こんなに近くに自然があってもやはり最近の子たちはあまり森には入らないようです。
全員に一本ずつ枝を切ってもらいました。
IMG_6670.jpg

サクラ、クワ、ヤマボウシ、ケヤキなどなど、
いろいろな木を削り比べてもらいましょう。
IMG_6677.jpg

お昼ご飯はお母さんたちの手づくりカレー
体を動かした後はご飯が美味しい。
3杯もおかわりした子もいました。
IMG_6715.jpg

さあ、午後からはいよいよ色えんぴつづくりです。
子どもたちには最初に3色の芯を選んでもらったのですが、
夢中になって削っているうちに、
もう一本、もう一本と、
結局七本もつくった子も。
IMG_6728.jpg

この後、11月にもう一度新庄村を訪れることになっています。
「次は何ができるの?」
と、子どもたちも次の講座内容に胸を膨らませていました。
IMG_6738.jpg

役場の担当の方からも
「子どもたちに、森は身近にあって使えるものという感覚が生まれると良いなあと思います。」
という感想をいただきました。
秋にまた、この子たちに会うのが楽しみです。
(小野)


  1. 2016/08/18(木) 18:22:23|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<竹細工 ~ミニ鵜籠づくり講座 鵜飼ミュージアム2016~ | ホーム | 宇治田原へ行ってきました2016>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/836-051bdbdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)