GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工  ~竹林の新竹~

今年の迫間の竹林は筍が豊作でした。
我々が整備を始めてから4年目にして初めて見る壮観でした。
3週続けて竹林に入り、新竹に目印のテープ(生分解テープです)を巻きました。
今日も竹部会4名+1名で作業してきましたが、これでしばらく竹林での作業はお休み(暑いので)です。

入口。
竹林は竹が密に生えて、中は薄暗い。
1_20160706202403b8c.jpg

入口横に我々を迎えてくれるように咲いていた、くちなしの花。って、本当のところは草や蔓を伐り払ったら現れたんでした。
小生の一番好きな花。
2_20160706202404278.jpg

竹林の内部。外から見るよりは明るく感じます。
解りにくいけど黄色いテープを巻いたのが今年の竹。
もっと解りにくいけどピンクのテープを巻いたのが2年前の竹。
つまり、1年前と3年前は新竹が無かったということ。
3_20160706202405d4c.jpg

去年から入った三角地。
ここも竹がびっしり。
解りにくいけど黄色いテープが一杯。
4_20160706202406141.jpg
今年の筍たちは、細工に使えるまでに整備を繰り返ししながら3年ほど待たねばなりません。
整備を繰り返しながら・・・ええ、待ちますとも。

                     (キト)
  1. 2016/07/06(水) 21:42:16|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<千葉へ行ってきました~初日~ | ホーム | ほとり・ポトリでゴッホの椅子づくり2016(前半)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/821-15f07032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)