GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

兵庫に行ってきました(2)

2月13日(土)、14日(日)の二日間、
神戸での椅子づくりの後半戦です。

まずは脚の木取りから。
IMG_9759.jpg

堅いコナラにてこずりながらも、
丸太が四角い棒に割られていきます。
IMG_9768.jpg

1ヶ月前に貫を50本近く削った皆さんは
堅いナラもお手の物。
木目は意外と素直なのでどんどんと削られていきます。
IMG_9767.jpg

虫が入った材はこんなに黒くなります。
どんな色に仕上がるか楽しみです。
IMG_9777.jpg

なんとお昼前までに角材の木取りが終わりました!
IMG_9779.jpg

お昼ご飯は、今回主催者「きのき」の橘さんの奥さんがご用意してくださいました。
みんなでおしゃべりしながらのこの時間が一番楽しいかも。
IMG_9782.jpg

さあ、午後からもひたすら削る一日です。
この日の内に脚を丸棒にまで成形します。
IMG_9784.jpg

この風景、ちょっと異様ではありますが、
ちょうど数日前に届いたばかりの民映研のDVD「日本の姿」を鑑賞しながら削ります。
IMG_9785.jpg
焼き畑は30年周期で山を回していることに「へぇ~」
竹の繊維で竹縄をつくる技術に「へぇ~」
アイヌの結婚式、この映像40年前のじゃん「すご~い」
などと感嘆の声を挙げながら、どんどん丸棒が出来上がります。

薄く削った削り屑は大事にとっておいて、ストーブの前で乾燥させます。
IMG_9793_20160216102418111.jpg

翌日はバレンタインデー
甘いチョコレートは疲れを吹っ飛ばしてくれます。
IMG_9798.jpg

さあいよいよ組み立てです。
どちらの向きにホゾ穴をあけるか、
乾燥収縮を考慮して位置を決めます。
IMG_9800_201602161025268f8.jpg

チェアスティックと治具を使って正確に墨付け。
IMG_9801.jpg

手回しドリルで垂直に穴をあけます。
IMG_9804.jpg

この作業、いつもみんな笑顔になります。
IMG_9821.jpg

脚を角(つの)切りして、面を取ったら、いよいよクライマックスです。
IMG_9824.jpg

しっかり乾いた削り屑をクッションに詰めて、
座編み開始が3時過ぎ。
IMG_9830.jpg
あっ、ここ編み間違えた!という声が飛び交いながらも
完成に近づいてくるこの高揚感は何とも言えません。

そして完成した椅子たち。
色付きのペーパーコードもなかなかいい味わいです。
IMG_9835.jpg

みんな満足の笑顔
IMG_9854.jpg
最初にハードなコナラでのトライアルでしたが、
次回クリが入手でしたら復習しようと皆さんおっしゃっていました。
参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした。
そして、今回の講座を企画運営してくださった「きのき」の皆さん、
ありがとうございました。
(小野)
  1. 2016/02/16(火) 09:45:00|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ろうきん森の学校】森の恵みを味わう | ホーム | 竹細工 ~円空館での六つ目盛り籠づくり~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/760-49774834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)