GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工  ~六つ目の盛り籠~

森林文化アカデミーの授業として、12/3、12/10の二日間で六つ目の盛り籠(波縁盛り籠とも)作り講座を行いました。
エンジニア科の2名、クリエーター科の3名、共に2年生の5名が受講してくれました。

今回作ったのはこれ。
1_20151231200124ffc.jpg

白髪のじいさんがエラそうに講釈を垂れている、訳ではなく、材料となるヒゴの説明をしているだけでして。
2_20151231200125f8b.jpg

折角なんでヒゴ作りから始めようってんで丸竹を切る所から。
材木を切るのとは、ちょと勝手が違います。
3_20151231200127e40.jpg

丸竹を割る前に、ハカマを削ります。
鉈の当て方や持ち方に皆さん手こずってます。
4_20151231200128c79.jpg

丸竹の割り。
鉈で割を入れた後は竹の端材を突っ込んで割ります。
なかなか割れないし、大きな音は出るしで結構恐ろしいんですよね。
5_20151231200129aad.jpg

竹を細かく割っている。
見てる方が怖い。
7_20151231200238259.jpg

何だか危なっかしいなぁ。
23237767229_f71c806171_n.jpg

割って、幅引きをして、薄く仕上げて、ちゃんと出来ているか調べているところ。
きれいに丸くなっている。 よし!
8_201512312002392d3.jpg

編んで・・・
1_20151231233903145.jpg

完成
9_20151231200240cc4.jpg

完成!!
10_2015123120024292b.jpg

完成!!!
11_201512312003339f2.jpg

完成!!!!
12_20151231200334306.jpg

完成!!!!!
13_20151231200336137.jpg

全員完成。
14_201512312003377b1.jpg
今回の盛り籠は、二日間でヒゴ作りから編みまですべて自分で作りました。
自分たちで竹林から伐り出した竹だけを使って作ったのです。
自分が使うものを自分で作る。カッコいいと思います。

                         (キト)
  1. 2015/12/31(木) 20:18:37|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生木の木工教室 生徒募集 | ホーム | 松ぼっくりの有効利用>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/748-aaeea823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)