GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

松ぼっくりの有効利用

12月23日(水)ろうきん森の学校 森工塾
「松ぼっくりのファイヤースターターづくり」を開催しました。

ファイヤースターターとは、
要するに「着火剤」
油分が多くて燃えやすい松ぼっくりですが、
火をつけようとするとなかなか着きにくいものです。
これが、ちょっと手を加えるだけで着火剤に早変わりします。
参加者の皆さんは薪ストーブや焚火に使いたいとのことでした。
IMG_8784.jpg

しかし、ろうきん森の学校 森工塾は工作教室ではありません。
まずはこの森の成り立ちから学びます。

私たちが活動する美濃市古城山環境保全モデル林は国有林に隣接しています。
昭和30年代後半に、営林署が北米原産のスラッシュマツを植林しました。
松枯れに強く、生長が速いことが理由と思われます。
このスラッシュマツの種がこの森まで飛んで来たようです。
IMG_8734_20151231021246943.jpg

それでは材料の採取です。
さあ、森に出かけましょう。
IMG_8791.jpg

森の入り口でアカマツの葉を使って松葉相撲
アカマツは二葉松(にようまつ)です。
IMG_8790.jpg

山の斜面を転げ落ちないように気を付けながら、
スラッシュマツの松ぼっくりを拾います。
IMG_8793.jpg

こんなにたくさん採れましたが、
先日の雨に濡れて、しょんぼり松ぼっくりです。
IMG_8800.jpg
ところで、スラッシュマツは葉っぱが三つ束になった「三葉松」
松葉相撲は、やりにくそうですね。

管理棟に戻って、いよいよファイヤースターターづくり
予め乾燥させて開いた松ぼっくりにたこ糸をぐるぐる巻きに
IMG_8806.jpg

湯煎したパラフィン(ロウ)にドボンと漬けて、
しっかりとロウを染み込ませます。
IMG_8807.jpg

少し冷ました後、
クレヨンで着色したロウを掛けてデコレーション
屋台のカキ氷屋さんみたいですね!
IMG_8840.jpg

リスにかじられた、通称「エビフライ」を
本当にエビフライっぽくしてみました(笑)
IMG_8855.jpg

こんな素敵な着火剤、燃やすのがもったいないですね。
クリスマスの飾りにももってこいです。
IMG_8857_20151231021411abb.jpg

大人たちが熱中している間、
子どもたちには木のおもちゃで遊んでもらいました。
白鳥六ノ里の「ものもりの森」から伐り出された材を使ってつくられました。
一つずつ転がしたり、たくさん入れてみたり、
いろいろな遊び方を楽しんでもらいました。
IMG_8818.jpg
※この木のおもちゃは清流の国ぎふ森林・環境税を財源とした
地域活動支援事業の助成を受けてつくられました

出来上がったファイヤースターターに火をつけてみます。
火の周りには必ずこうやって人が集まるんですね!
IMG_8863.jpg

今年4月に始まったろうきん森の学校・岐阜地区
これまで多くの方に足を運んでいただきました。
来年からもこの森にたくさんの人が集まってもらえるようなプログラムを
提供していきたいと思っています。
(小野)

  1. 2015/12/31(木) 02:35:17|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<竹細工  ~六つ目の盛り籠~ | ホーム | 【ろうきん森の学校】森工塾「木のコーヒープレートとリーフチョコづくり」>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2015/12/31(木) 02:41:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/747-7f5db582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)