GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

北のグリーンウッドワーク2015・マイスツールづくり

11月7日・8日の二日間
むかわ町木育講座「北のグリーンウッドワーク・スキルアップ研修」が
むかわ木育の学校で開催されました。
この講座はむかわ町主催で、私たちグリーンウッドワーク協会と
木育ファミリーの煙山さんが講師として招かれました。
IMG_7093.jpg

この講座は、単なる椅子づくり講座として楽しむだけではなく、
むかわ町における木育活動の指導者育成をはかるために
グリーンウッドワークの「イロハ」を学んでいただきました。

イロハのイは、
「いつでも森や木を身近に感じられること」
IMG_7129.jpg

今回使った木は、近くの畑に自生していた「オノエヤナギ」
割裂性は非常に良く、効率的な木取りができました。
IMG_7142.jpg

小割がうまくいくと、銑による成形の手間も省けます。
木の素性や特性を考慮した「適材適所」が重要となります。
IMG_7160.jpg

イロハのロは、
「論理的に技術を伝えられること」
IMG_7178.jpg

二日間の椅子づくり講座でネックになるのは「貫の乾燥」です。
今回は乾燥材のカラマツを使用することで対応したのですが、
生木の木工では乾燥収縮の工程を省くことはできません。
そのために、脚と貫の接合部を模式的に再現した「マイハンマーづくり」を
体験していただきました。
まずは、八角形に削った柄にテノンカッターでホゾを付けます。
IMG_7182.jpg

乾燥は3分間クッキングで「レンジでチン」
木口から水蒸気が上がっている様子が確認できるでしょうか。
IMG_7200.jpg

ハンマーの頭に穴をあけて、
IMG_7186.jpg

楕円形に変形したほぞを打ち込んで出来上がり。
IMG_7203.jpg

シラカバやヤマザクラのハンマーが完成です。
IMG_7209_20151120102017808.jpg

早速椅子の組み立てに使用してもらいました。
IMG_7220.jpg

そして、イロハのハはもちろん、
刃物のメンテナンス
ここまで出来ればあなたも立派なグリーンウッドワーカーです。
IMG_7233.jpg

しかし、イロハだけで終わらないのがグリーンウッドワークの奥深いところ。
イロハニのニは、
にこにこ楽しく夜も木育談義
IMG_7192.jpg

ホは、ほっと一息休憩タイム
IMG_7174.jpg

ヘト・・・へとへとになって座編みに苦戦される方もいましたが、
IMG_7241.jpg

最後はみんな笑顔で感慨もひとしお
IMG_7249.jpg

出来上がった椅子に座ってふりかえり
IMG_7269.jpg
・木の匂いを実感できる木工だった
・素敵な会だった
・人に伝えるのって結構大変
・今まで持っていなかった知識を得られた
・この学校の古い床の上で作業することに意味がある
・この楽しさを伝えたい

むかわ町での木育活動の新しい一歩を踏み出した、
そんな研修会になったと思います。
お招きいただいたむかわ町の皆様、
協力いただいた木育ファミリーの皆様、
そして、参加者の皆様、
ありがとうございました。
(小野)
  1. 2015/11/20(金) 10:31:48|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奈良時代のものづくり | ホーム | むかわ町木育講座が開催されました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/729-d347ffbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)