GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

森の色えんぴつづくり(美濃編)

10月12日(月)美濃市の古城山の森で、おんぱくプログラム二日目、
ろうきん森の学校「七種類の樹で七色の森の色えんぴつづくり」を開催しました。
IMG_5667.jpg

前日とは打って変わって気持ちの良い晴天となりました。
まずは森を案内しながら、色えんぴつにちょうどいい太さの木を採取していただきます。
IMG_5611.jpg

株立ちしている木は細い幹をいただきます。
IMG_5610.jpg

高枝伐りで、細い枝を少しだけお裾分け。
IMG_5618.jpg

わからない樹種は、検索表で調べます。
これには、お父さんお母さんが案外興味を持ってくれました。
IMG_5625.jpg

町に近い里山林の古城山の森は暖温帯という植生区分に位置します。
コナラ、アベマキ、アラカシ、ホオノキ、クリ、ヤマザクラ、ヒノキ、
コシアブラ、サカキ、ヒサカキ、ネジキ、アセビ、カナメモチ、
スラッシュマツなんて木もありますよ。
前日とはまた違った植生、
いろいろな違った森で
その森ならではの色えんぴつづくりなんてのもいいかもしれません。

どの木をどの色にしようかな?
IMG_5658.jpg

完成した色えんぴつには、
何の木か忘れないように、しっかり名前を書いておきます。
IMG_5707_20151020004215cc4.jpg

夫婦で協力
IMG_5706_20151020004214db2.jpg

家族で一緒に頑張ったよ
IMG_5708.jpg

前日の不便な森に比べて、
水も電気も建物もある、町から近いこの森は、
本当に恵まれた場所なんだなと実感しました。
IMG_5704.jpg

これからも、この森ならではの取り組みを展開していこうと思います。
(小野)

  1. 2015/10/20(火) 12:00:00|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ろうきん森の学校岐阜地区」開校式が執り行われました | ホーム | 森の色えんぴつづくり(白鳥編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/719-48ee0238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)