GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

森の色えんぴつづくり(白鳥編)

10月11日(日)郡上市白鳥の「ものもりの森」において、
長良川おんぱくプログラム「七種類の樹で七色の森の色えんぴつづくり」を開催しました。
IMG_5569.jpg

昨年のおんぱく「恵みの森の椅子づくり」は二日間とも雨に祟られ、
室内での開催となりましたが、
今年は小雨ながらも森の中での作業を決行しました。

まずは、ものづくりで森づくりネットワーク(モノ森ネット)の山口さんが森の案内をします。
IMG_5444.jpg

今年も「清流の国ぎふ地域活動支援事業」の補助を受けて作業道が整備されました。
森に道ができると、こうやって人が集まります。
森の中にどんどんと人に入ってもらうことが、モノ森ネットの願いです。
IMG_5446.jpg

参加者の皆さんに気に入った落ち葉を拾ってもらいました。
ミズナラやブナ、カエデなどなど、この森にはたくさんの樹種が見られます。
IMG_5434.jpg

早速手ノコを片手に色えんぴつづくりの材料調達です。
IMG_5448.jpg

標高1100mに位置するものもりの森は、中間温帯という植生区分に当たります。
ヤマモミジ、コハウチワカエデ、ヒトツバカエデ、
リョウブ、シロモジ、アオダモ、ミズメ・・・

少し肌寒く雨が降ったりやんだりのすっきりしない天気でしたが、
参加者の皆さんはそんな森でも楽しみながら参加していただけたようです。
IMG_5526.jpg

終了後に皆さんからいただいた感想をご紹介します。

気持ちの良い空気、青々した緑の葉っぱ、凛とした木たち、
柔らかいのにしっかりした土、鹿の声、晴れたり大雨な大自然、
暖かい焚き火、おなじくらい森にあたたかい人たち。
IMG_5487_20151019002222997.jpg

そんな素晴らしい日に、家族で色鉛筆を作りました。
世界に一つ(≧∇≦)感動です
あぁ、なんて贅沢。
IMG_5594.jpg

小さい息子たちだけど
小さいからこそ、おもったり、感じることがきっとある。
IMG_5480.jpg

子どもには、いろんな経験をさせたいよね。
できるできない、より、見るだけでもいい。においや景色、親子で体験する喜び
親のほうも、のびのび生き生き参加!
IMG_5602_201510190024071b3.jpg


木をいただいて色えんぴつをつくった
木に堅いもの、柔らかいものがあるなんて今まで思わなかった
いつも使っている色えんぴつに負けないくらい、自分では上手く出来たと思います!!

森の中に入った瞬間一気に寒くなりました。なぜだろう?
いや~それにしても「く・う・き」きれいでしたね。
吸うたびにきもちかったです!!

皆さんにお会いして
こんなに優しい人見たことない!!!!って思いました。
色鉛筆大事にします!!!!!
IMG_5597_20151019002404e77.jpg

秋深まる森で
焚き火とコーヒーは最高のおもてなしでした。
IMG_5575.jpg

ディープな森でだからこそです♪
焚き火はうちの子たちは大喜びでした。
ブナの実を食べたり野生動物を感じたり、焚き火の有り難さが身にしみたり。
IMG_5587.jpg

子どもたちには、大人には不便な環境くらいがちょうどいい。
何よりグリーンウッドワークはこの環境で行うのが似合いますね。
素敵な1日でした。
IMG_5603_20151019002437a5a.jpg

この講座は、平成27年度清流の国ぎふ地域活動支援事業の補助を受けて実施しました。
IMG_5600.jpg
(小野)
  1. 2015/10/19(月) 23:49:41|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<森の色えんぴつづくり(美濃編) | ホーム | 竹細工のあかりワークショップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/718-dedbb510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)