GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

ぎふ木育大交流会が開催されました

9月27日(日)と28日(月)の二日間、
岐阜県立森林文化アカデミーを会場として
岐阜県主催の「ぎふ木育大交流会」が開催されました。
県内外から「森のようちえん」や「プレーパーク」などの関係者や
これから始めようとしている方が集結、
二日間合わせて、延べ700人を超える参加者が集まりました。
私たちグリーンウッドワーク協会は運営のお手伝いをさせていただきました。
IMG_4871_201510092351439cb.jpg

いくつかのテーマに分かれて分科会が開催されましたが、
古城山環境保全モデル林では
「森のようちえんにとって好ましい場所づくりは?」と題して
森林文化アカデミーの萩原ナバさんを講師として開催されました。
IMG_4916.jpg

50人の参加者にグループに分かれて森を歩いてもらった後、
この森で何ができるかを考えて、段ボールにまとめ、
管理棟のデッキをステージにして発表してもらいます。
IMG_4928.jpg

こんな提案がありました

子どもたちが自由に使える道具置き場
夜の森を探検
火が使えるかまど
水路をつくって水遊び
洞穴で雨宿り
森の音楽会
ハンモック
冬はそり滑り
ロープに籠を吊るして斜面を引っ張る
などなど

子どもたちには森さえあれば何もいらない、
最初から何でも用意しておくと子どもたちの生きる力が養われない、
何て意見もいただきました。

お父さんお母さんが楽しめる場所づくりも必要ということで

山Bar(森のビアガーデン)
ママが日除けでくつろげるスペース(子どもの見守りスペース)
大人の秘密基地(母親が悪さをする基地)
3日間サバイバル体験!
(結局自分たちが遊びたい!)

などなど、たくさんのアイデアをいただきました。
古城山の森の魅力を外の目から見ていただく良い機会となりました。
IMG_4939.jpg

たくさんの熱い思いが混ざりあい、新たなつながりもたくさん生まれたこの大交流会。
これから自分たちに何ができるか問い続けながら、また新しい未来を切り開いていきたいです。
IMG_5078.jpg
(小野)
  1. 2015/10/10(土) 00:10:51|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<森のスプーンづくり2015秋 | ホーム | 宮川森林組合の広葉樹の植樹>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/715-5d605e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)