GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

初夏の里山ごはん

6月6日(土)美濃市古城山環境保全モデル林において、
ろうきん森の学校 森工塾(もっこうじゅく)
「初夏のガイドハイクとグリーンウッドワーク体験」を実施しました。

この日も里山ご飯をご用意しました。
包むをテーマに、ホオノキの葉(朴葉)とサルトリイバラの葉っぱを採取しました。

ホオノキは手に届く位置にある萌芽した葉っぱは簡単に採れるのですが、
数が限られています。
高い木についている葉を長い木の枝を使って落とし、
どうにか数を集めることができました。
IMG_0153.jpg

サルトリイバラは明るく切り開かれた林道沿いにたくさん生えていますが、
この時季はまだ葉が小さく、包むには向いていません。
随分探し歩いて林内を見渡してみると、
ありました、サルトリイバラの群生地!(笑)
サルトリイバラは1年で枯れてしまう草本ではなく、
半低木という木本に分類されるそうなので、
来年以降もこの場所は期待できそうです。
IMG_0122.jpg

里山ごはんの基本は、やっぱりかまどで炊いたご飯。
この日の秘密兵器は、会員さんがつくってくれた「ファイヤースターター」
日本語で言うと「着火剤」
IMG_0160.jpg

松ぼっくりでつくったろうそくです。
純粋にキャンドルとしても楽しめそうです。
IMG_0175_2015060812055175d.jpg

柔らかな火が長く持続してくれるので、一発で薪に燃え移ってくれました。
IMG_0196.jpg

IMG_0200.jpg
これは優れものです!

この日のメニューはお寿司
IMG_0248.jpg

そう、朴葉寿司です。
朴葉寿司は岐阜の郷土料理で、農作業や山仕事の休憩時に食べられていました。
朴の葉には殺菌作用もあり、携帯用にはもってこいです。
爽やかな朴葉の香りも食欲をかき立てます。
IMG_0309.jpg

3時のおやつもあります。
上新粉をこねて団子をつくります。
IMG_0328.jpg

サルトリイバラの葉っぱにくるんで出来上がり。
この地方では、サルトリイバラの葉に巻かれた麩饅頭が有名です。
また、サルトリイバラのことをサンキラ(山帰来)とも呼び、
このお饅頭をサンキラ餅ともいうそうです。
IMG_0343.jpg

とても贅沢な一日を送ることができました。

つづく (小野)

  1. 2015/06/08(月) 12:12:55|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初夏の森を満喫 | ホーム | 近江舞子でゴッホの椅子づくり(前半)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/675-b043e4d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)