GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~鵜飼見物  蟹江川にて~

昼鵜飼ですよ。
でも、場所は愛知県の蟹江川。
木曽川鵜飼の鵜匠さんたちが鵜飼をやるってんで見物に行ってきました。

1_20150516205246aab.jpg

竹部会では木曽川鵜飼の鵜匠さんに、23年度は鵜籠、24年度は吐け籠の作り方を指導しました。
で、鵜匠さんたちが作った籠がどんな風に使われているか、を見に行ってきた訳です。
鵜飼舟にはこんな風に鵜籠が並んでました。
2_20150516205248381.jpg

今回は船頭をしてるけど、この人はベテランの鵜匠さんでして、この鵜籠を作ったのです。
本体は淡竹で、縁は真竹で。
縁のやけに青いテープはキズですが、鵜籠はよく出来ています。
3_2015051620524981c.jpg

鵜飼舟の舳先。
薪と一緒に置いてあるのが、バケツとバケツ入り吐け籠。
4_201505162052504af.jpg

この吐け籠もこの人が作りました。
吐け籠作りを勉強しに来ていた鵜匠さんから教えてもらって作ったんだそうで、それでこれだけできるんだからすごい。
5_2015051620525105e.jpg

もう一人の船頭さんが鵜の説明をしてるんですが、鵜籠の底の無粋な白い袋は舞台を汚さないためなんだそうです。
6_2015051620532171c.jpg

実はこの人もベテラン鵜匠さんなんだけれど、船頭姿も様になってますよね。
かっこえぇなぁ。
7_20150516205323481.jpg
竹部会が指導して作られた籠たちがこうしてちゃんと使われているのを見ると、うん、良い気分です。

                            (キト)
  1. 2015/05/16(土) 23:19:18|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<林の調査を行いました | ホーム | 【ろうきん森の学校】森工塾「初夏のガイドハイクとグリーンウッドワーク体験」のご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/668-7349fc37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)