GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

大北林研グループの研修会

3月8日(日)長野県の大北林業研究グループのメンバー11名がグリーンウッドワークの研修に来てくださいました。
大北とは長野県の北西部に位置する「大町市」と「北安曇郡」で構成された地域で、「だいほく」と読みます。

この大北地域の森は3割の人工林と、7割の広葉樹の二次林(かつての薪炭林)で構成されているそうです。
今回の研修の企画を立てていただいた企業組合山仕事創造舎代表の香山さん曰く
「人工林が3割しかない林業後進地が、豊かな天然林に恵まれた次世代林業のモデルになることを目指す可能性を秘めている地域でもあります」
とのこと。
IMG_7474_20150309181542dd0.jpg
(↑香山さんはオークションで落札したMy銑を持参)

会長の荒山里利さんからは
「手と足と体全部を使うこの原初的な木工を学び、今後このグループが目指す社会活動へとつなげたい」
というお話をいただきました。

この日に使った材料は全て大北の山から持って来ていただきました。
サルにかじられて弱っていたヤマグワ、枝打ちで払ったヒノキ、雪の重みで折れたハウチワカエデ、小谷村のコナラ、そのほか、ヤマザクラ、ネジキ、ウリハダカエデ、シナノキ、ミズナラ、ホオノキ、クリなどなど、選り取り見取り!
IMG_7381.jpg

ろくろを使ったスプーンづくりに取り組んでいただきました。
IMG_7416.jpg

この日は最高気温が18℃と汗ばむような陽気でした。
大北地域にはまだまだ雪が残っているそうです。
暑さになれていないこともあり、熱中症には気を付けて下さいと声を掛けたところ、
「スプーンづくりに熱中しすぎて、違う意味で熱中症だ」とのこと。
みんなで笑ってしまいました。
IMG_7472.jpg

この日の内に帰らないといけないということで、午後は急ぎ足でのスプーンづくりでしたが、
普段から活動的な方々が多いようで、しっかりお茶休憩もいれながら、しっかりとスプーンが完成しました。
IMG_7485_20150309181543afc.jpg

最後に荒山会長は、
「研修はこれで終わりではなく、今日が社会活動に向けた取り組みの始まり」
とおっしゃっていました。
IMG_7503.jpg

これからの大北林研グループの活躍に期待したいと思います。
皆さんありがとうございました。
IMG_7498.jpg

(小野)
  1. 2015/03/09(月) 18:22:10|
  2. ┗ スプーンづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<竹細工 ~竹細工教室 成果の巻の続き・・・~ | ホーム | 【講座のご案内】ほとり・ポトリでゴッホの椅子づくり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/646-fcfeeac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)