GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

「恵みの森を味わうグリーンウッドワークツアー」が開催されました

5月17日(土)と18日(日)の二日間、郡上市白鳥六ノ里の森で、
恵みの森を味わうグリーンウッドワークツアーが開催されました。
IMG_8424.jpg
この講座は、岐阜県の清流の国ぎふ森林・環境税を活用した
補助事業「地域活動支援事業」に採択され、実施されました。

題して「伐って、使って、植える 広葉樹の森づくりとグリーンウッドワーク事業」
特にものづくりを軸に森林資源の循環的な利用を目指して設立された
任意団体「ものづくりで森づくりネットワーク(モノ森ネット)」との共催事業です。
モノ森ネットは、放置されていた広葉樹の二次林の手入れを2005年から開始し、
2011年には集材を目的とした簡易な作業路を開設するに至りました。
しかし、この道には2tトラックなどの運搬車両が通行できないため、
集材の効率化を目的に、県の補助のもと作業路の拡張工事を行うことになりました。

まずは、拡張工事を担当する澤田さんからお話を聞きました。
IMG_7953.jpg
この作業路拡張工事には環境負荷の少ない二つの工法が採用されています。
一つは表土ブロック工法。
埋土種子が多く含まれるなど植生の豊かな根株周りの表土を
作業路の谷側の法面に寄せると、
やがて植物が根を張ることにより土砂の流出を防ぎます。
根株は土留めの役割もします。

もう一つは天地返し。
固い地山と軟らかい表面の土とを入れ替えて頑丈な路盤をつくります。
林内の土は一切持ち出しません。

今回の作業路拡張の支障木となるコシアブラの木を伐り倒しました。
IMG_7999.jpg

この木を使ってものづくりを楽しんでいただきます。
IMG_8004.jpg

枝の先にはこの日に合わせたかのように、たわわに実る(?)コシアブラの若芽!
IMG_8020.jpg

早速お昼は山菜をその場で調理。
この日は山菜焼きそばと、キノコと山菜のバター炒めです。
IMG_8037.jpg

森の中での講座を楽しんでいただくための取り組みとして、
日よけのタープを設置しました。
IMG_8229_2014060318293727b.jpg

また、森の中で不便なのがおトイレ。
今回は食品用のコンポストに便座を置いた、移動式のコンポストトイレを設置。
IMG_8091.jpg
これで安心してお花摘みに行けます(笑)

伐り倒したばかりの木を使って、ものづくりの開始です。
IMG_8259.jpg

一日目はお皿づくりを楽しんでいただきました。
IMG_8132.jpg

そして夜は、農家ペンション「リトルパイン」さんの豪華お料理で乾杯!
IMG_8154.jpg

コシアブラの天ぷらを出来たばかりのお皿に乗せてみました。
IMG_8162.jpg

二日目はコシアブラの細い枝を使って、皮付きのスプーンづくり。
IMG_8410.jpg
コシアブラ尽くしの二日間。
せわしない都会の時間と違った、森の中でゆったりと流れる時間を、
堪能していただきました。

そして最後は植える取り組み。
優良なブナなどの苗を持ち帰り、大きく育てて数年後にこの森に移植します。
IMG_8409.jpg

伐って、使って、植える 広葉樹の森づくりとグリーンウッドワーク事業
これからも続きます。
IMG_8345.jpg
秋には「長良川おんぱく」の講座として実施予定です。
お楽しみに。

(小野)
  1. 2014/06/03(火) 09:07:46|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【講座のご案内】生涯学習講座「丸太からの椅子づくり」 | ホーム | ゴッホの椅子の物語~3部作完結~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/573-8ddd9d91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)