GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工  ~鵜籠・鳥屋籠~

これは鳥屋籠。
鵜飼の現場で使われる鵜籠ではなく、鳥屋に置いて鵜がこの中で寝るための籠、でした。
今日、ぎふ長良川鵜飼の鵜匠さんが持って来てくださったものです。
10年くらい使ってきたものだそうで、元々の形が解らないくらい変形し、なんとも凄まじい有様です。

1_2014050722522164a.jpg

全体的に短いヒゴで補修されていて、大きく変形しています。
2_201405072252224f2.jpg

ひっ傾いてしまっている。
3_20140507225224908.jpg

ヒゴがかなり広い範囲で欠落していて、大穴があいています。
竹が腐るだけでなく、鵜が突いて大穴をあけることもあるそうです。
4_20140507225225bd7.jpg

籠のヒゴは皮を外側にして作ってあるんですが、皮か身か解らないくらい全体的に削れてしまっています。
鳥屋籠は鵜の寝室なんで、それなりにフンで汚れます。これをガシガシ洗うため傷みも激しいそうです。
5_20140507225226d49.jpg
鳥屋籠を間近で見るのも触るのも初めてのことで、それがこの有様では製作するための参考にはし難いのですけど、ともかく作ってみることにしました。
作ったらまた皆さんに報告します。

                     (キト)
  1. 2014/05/07(水) 23:35:44|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<六ノ里の森づくり2 | ホーム | 六ッ目のパン籠づくり講座 (第1回)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/568-dade9757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)