GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

六ッ目のパン籠づくり講座 (第1回)

パン籠づくり講座を行いました。

今回は六ッ目編み。
見た目は簡単そうなんだけれど、初めての人には案外難しい。

1日目は、今回も丸竹を割るところからヒゴ作りを始めます。
1_2014042923050966b.jpg

割った竹を更に割る。
竹に鉈を当てがってそのまま膝に打ちつけて割るんだけど、これが怖い。
2_201404292307172a5.jpg

膝も痛い。
3_201404292307190d3.jpg

割った竹を薄くへぐ。
これは抱きへぎと呼ばれるやり方。
4_20140429230720769.jpg

更に薄くへいでから、幅引きで必要な幅にしている。
5_20140429230721218.jpg
更に厚みを均一に仕上げて1日目が終了したんだけれども、18:30までかかってしまった。
みなさんお疲れ様でした。


2日目はあいにくの雨。
が、みなさん集合時間より早く集まってくださいました。やる気満々です。

底編み。
六ッ目編みのための台紙(CADで六ッ目を書いてラミネートしたもの)の上で順にひごを編んでいく。
6_20140429230722e98.jpg

立ち上げまで進んだところで、いよいよ ”パンランチ”。
主催者側が言うのも変ですが、あんまり豪華なんで驚きました。
7_201404292309316e4.jpg

レストランみたいだ。
紫蘇ペーストがめっぽう旨かったなぁ。もちろんハムも、ポテトサラダも、スープも、パンも、チーズも。
(あッ、ブルーベリージャムを食べてなかった)
8_20140429230932f91.jpg

パンランチを楽しんで、さあ、作業継続。
9_2014042923093402a.jpg

六ッ目編みは規則性が解れば、形にするのはそれほど難しくはない。
10_20140429230935f54.jpg

で、完成。
みなさんの作ったパン籠(とは言っても、何を入れても、どのように使っても自由です)はとても良く出来ました。
11_20140429230936e3f.jpg
参加者8名中5名が前回のそば笊講座に参加して下さった方々でした。
全く編み方が違うので手こずっていましたが、楽しんではもらえたようです。
静岡から参加された方にも楽しかったと言ってもらえてホッとしてます。
この場限りで終わらせず、普段の生活の中で竹細工を楽しんでもらえると良いですね。

                          (キト)
  1. 2014/04/30(水) 00:07:35|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<竹細工  ~鵜籠・鳥屋籠~ | ホーム | 岐阜印のワークショップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/567-9d71560f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)