GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

岐阜印のワークショップ

岐阜印ってご存知ですか?
64203_566676906731450_1243146976_n.jpg

メイド・イン・岐阜を大切に、岐阜を元気にする素敵なモノづくり。
そんな商品やそれに関わる企業を、たくさんに人に知ってもらうために生まれたマークです。

岐阜県から異業種間の企業ネットワーク支援事業を受託している杉山製作所モノづくり事業部が主催する、
「丸太からお皿をつくるワークショップ」が4月20日(日)、各務原の木材団地で行われました。
IMG_7460.jpg

今回使う木は岐阜県にゆかりの多い「ホオノキ」
IMG_7435.jpg
刃物のまち関市でつくられる日本刀の鞘に使われる材はホオノキです。
飛騨高山でつくられていた有道杓子(うとうしゃくし)、朴葉味噌に朴葉飯。
岐阜県人は昔からホオノキの幹から葉っぱまで余すことなく有効利用を図ってきました。

この岐阜県産材のホオノキを使ってお皿をつくっていただきました。
一日かけて、割って、削って、彫って、
IMG_7432.jpg

IMG_7477.jpg
モノづくりに没頭していただきました。

途中、木材団地内の平野木材さんの土場を見学。
平野木材の岩出さんに、国内の広葉樹の流通などについてお話を聞きました。
IMG_7450.jpg

ちょうど、翌日のケヤキの解体ショーに使われる300年生の丸太が圧倒的な存在感で横たわっていました。
IMG_7448.jpg

講座と同時並行で加藤さんにはスモークの実演。
IMG_7424.jpg

3時の休憩にいろどりを添えていただきました。
IMG_7474.jpg

さあ、出来上がったお皿に何を乗せましょうか?
IMG_7505.jpg
パン、ゆで卵、ビールのつまみ、チーズ、お菓子、サラダ
アクセサリー、文具、ヘアピン・ゴム・ピアス などなど

皆さんの思いのこもったお皿、大切に使ってもらいたいです。
(小野)


  1. 2014/04/26(土) 00:48:43|
  2. ┗ 器づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<六ッ目のパン籠づくり講座 (第1回) | ホーム | ふくべの森づくり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/566-7b0ac929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)