GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工  ~鵜籠(ふたつざし)作り講座~

木曽川鵜飼の鵜匠さん二人に鵜籠(ふたつざし)の作り方を指導しています。
先回は、六つ目の籠を編むためのヒゴ作りを始めたところまでを報告しました。

そのヒゴ作りも終わって編みに入ったところです。
1_20140225231625247.jpg

縁を巻くための竹を割っています。
若くて柔らかい新竹を使い、一旦薄いヒゴにして乾燥させ、水に戻してから使うため、編みが終わる前に予めヒゴ作りをします。
力があるんで、いっそ気持ちいいくらいにパッコンパッコン割れていきます。
2_20140225231626fab.jpg

それをヒゴにしているところ。
かなり薄くしないと使い難いのですが、均一に薄くしていくのは、やっぱり難しいのですよ。
3_20140225231627b18.jpg

編みの指導中。
4_201402252316283e2.jpg

小生が作ったものを見本に。
5_2014022523162957c.jpg

編みが終わって、縦竹全部を1本1本折り返して仕舞をやってます。
6_201402252317213d9.jpg

先に作って置いた巻縁を巻いているところ。
材があんまり若くなかった上に厚かったために、縦にぺしぺし割れてしまいます。
やっぱ材はちゃんと選ばなきゃならんということのようで。
7_20140225231722afc.jpg

とにかく完成しました。
ふたつざしは比較的簡単だとは雖も、予想以上に良く出来たと思います。
8_2014022523172356b.jpg
このお二人は、職場に帰っても、別の職員に作り方を指導して作業を進めているそうです。
お二人の鵜籠は今年の鵜飼に使って、耐久試験をするそうですので、楽しみですね。

  (それにしても、こういう籠ってどうして被りたくなっちゃうんでしょう? キト)
  1. 2014/02/25(火) 23:56:35|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<森の整備 | ホーム | 高山に行ってきました2014>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/554-c365ee69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)