GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~鵜籠作り講座~

竹部会では、犬山市 木曽川鵜飼の鵜匠のお二人に鵜籠作りを教えることになりました。
木曽川鵜飼で使われているのは、鵜を2羽入れて運ぶ、「ふたつざし」と呼ばれるもので、4羽入れる「よつざし」の様に丸くは無く、上から見ると小判型をしていて、胴は真っ直ぐ立ちあがっています。(奥にチラッと見えているやつ)
流石にいきなり原寸は無理だってんで、先ずはミニふたつざしのヒゴ作りから。
1_20131228155601860.jpg

編み。
普段から腰蓑や鵜飼舟(!! 但し実際には使ってない)など仕事の道具は自作している方々でも、やはり手こずっていらっしゃる。
3_20131228155603d8b.jpg 2_201312281556038f1.jpg

取り敢えず完成。
真ん中は小生ので、ちょいと短い端材を使ったんで寸足らず。
4_201312281600393f0.jpg

上から。
底に刺した力竹の向きと小判型の向きが、みな微妙に違ってる。ま、最初はこんなもんさ。
5_20131228155604d30.jpg

で、ミニが出来たから次は原寸、というわけでヒゴ作り開始。
流石にミニ鵜籠をたった1個作っただけでいきなり原寸はきついのではあるまいか、とは思えども然り乍ら、色々とね、ありましてね、ともかくやることにしました。
6_201312281556056ea.jpg 7_20131228155632e62.jpg

年明けも早々から再開します。
12月から2月までの期間限定の9日間ですが、何とかその間に、原寸のふたつざしの形にしたいものです。

                        (キト)
  1. 2013/12/28(土) 16:39:39|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【講座のご案内】手づくりのスプーン講座 | ホーム | ラダーバックチェア~店舗の椅子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/539-6f05b3cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)