GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

つなぐ人フォーラム・ワークショップ

つなぐ人フォーラム3日目のワークショップは、
山梨県小淵沢で木工房いとうぐみを主宰する伊藤真樹さんと共同で
実施しました。
IMG_4808.jpg

まずは、実際に使う木を伐採します。
最低気温が氷点下20℃と凍えるような寒さでしたが、
快晴で気持ちのよい天気でした。

インタープリターの「まいまい」がキープの森について
解説してくれました。
IMG_4802.jpg
かつてこの森は薪炭林として人々に利用されていたそうです。
ここから、萌芽した細いリョウブの枝をいただきました。

こんな凍える世界でも、木の断面はこんなに鮮やかな緑色。
瑞々しさを保っていました。
IMG_4809.jpg

この日は足踏みろくろを使って箸置きをつくってもらいました。
IMG_4818.jpg

細い枝をそのままろくろにかけて溝を掘ります。
IMG_4839.jpg
予め伊藤さんに用意してもらっていたオオシマザクラは樹皮が非常にきれいです。

ろくろから外して玉切りした後、マンリキで半分に割ると
IMG_4846.jpg

こんなにかわいい皮付きの箸置きが出来上がりました。
IMG_4829.jpg

足踏みろくろを待っている間に、箸も削ってもらいました。
このワークショップの副題は「アサヒの森の活用を考える」でした。
CSRで企業の森づくりに取り組むアサヒビールの方にも、
グリーンウッドワークに興味を持っていただきました。
IMG_4831.jpg
短い時間ではありましたが、参加者の方々には
森に思いをはせながらものづくりを楽しんでいただきました。

さまざまな分野の方々に興味を持っていただいたことにより、
グリーンウッドワークが異分野を横断的につなぐ魅力のあるものだと
あらためて実感することができました。
IMG_4848.jpg

このつながりを大切にし、今後の活動に活かしていこうと思います。

(小野)
  1. 2013/03/05(火) 00:01:04|
  2. ┗ その他イベント等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<石原文雄さんが伝統文化継承功績者顕彰を受けました | ホーム | つなぐ人フォーラムに参加しました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/448-edbf1c06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)