GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

クヌギのスプーンづくり

毎月開催されている木のスプーンづくり講座
最近は、材料を持ち込んで参加される方も多くおられます。

21日に開催したスプーンづくり講座に、京都から参加してくださった栗原さんは、里山の手入れをした際に出された「クヌギ」を持参しました。
IMG_4310.jpg

クヌギは関西では里山の代表選手。
使わない手はありません。

しかし樹皮が非常に堅く、銑の刃がこぼれそうです。
IMG_4343.jpg

ここで新兵器!
IMG_4347.jpg
スタッフの吉田さんお手製の「銑」です。
木工機械に使われる刃を加工してつくりました。
ハイス鋼(ハイスピード鋼)なので刃は非常に丈夫です。

切れ味抜群!
IMG_4339.jpg

ろくろで挽いたあと、半分に割ってみます。
IMG_4382.jpg

すると、中はこんな模様が
IMG_4383.jpg
一年目の幹が茶色く残っています。
子どもの頃は暴れん坊でしたが、大人になると丸くなるんですね(笑)

更に削り出していきます。
まあるい幹(枝)をそのままろくろにかけると、縞模様(放射組織)がまさしく放射状に美しく出てきます。
IMG_4412.jpg

完成した一対のクヌギのスプーンです。
IMG_4424.jpg

主催者側が用意した材料ではなく、山を手入れして出された木や、庭木の剪定木など、身近な木を材料にすることにより、より樹と木のつながりを実感することができます。
直径8cm、長さ35cm程度あれば充分にスプーンをつくることが出来ます。
今後とも、持ち込み大歓迎です。

(小野)
  1. 2012/04/25(水) 23:20:26|
  2. 講座の実施報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【講座のご案内】皮付きのスプーンづくり | ホーム | 新緑のスプーンづくり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/336-ab1c6174
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)