GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

木曽福島へ行ってきました

6月18日(土)・19日(日)の二日間、長野県の「ふるさと体験館きそふくしま」において、「木ゴコロ」実感・スプーン作りと題して、グリーンウッドワークによる木のスプーンづくり講座が開催されました。
この講座は、木から感じる里山講座~再発見!「今、そこにある木々」という3回連続の里山講座の最終回として実施されました。

1回目は「この木何の木?」観察会と題して、身近な木の観察を行い30種以上の樹種が確認できたそうです。ここでは、里山が利用されなくなり獣害が増えたこと、世界的な食料や資源不足に備えて、山を大切にする生活を送りたいなどといった意見が出されたそうです。
2回目は「里山お手入れ体験会」と題して荒れた森の伐採を行ったそうです。

そして3回目の今回、7人の参加者が体験館に集結しました。
この体験館、昭和3年に建てられた黒川小学校の木造校舎で、平成9年まで実際に使われていたそうです。
黒川郷と呼ばれたこの地域は、養蚕が盛んで、大きなお屋敷が多く残っています。
山はかつて木曽馬を育てるための牧草地として使われ、現在はその名残として樹高の低いもこもことした同齢の広葉樹林が多く見られます。

まずは、今回使う木の伐採からはじめます。
IMG_4806_convert_20110627213554.jpg
畑の縁にあるオニグルミの木が大きく育ちすぎて、畑に影をつくるので伐って欲しいという話があったため、この木を使うことになりました。
これも立派な里山の手入れです!

ろくろを設置したのはつい先日出来上がったばかりの木造の舞台。
IMG_4872_convert_20110627213906.jpg
天井高もポールがちょうど当たらない高さで、ぴったりろくろが5台納まりました。
これはグリーンウッドワークのためにつくられた建物ではないかと思うくらいでした(笑)

二日間掛けて、じっくりと取り組んでいただきました。
IMG_4914_convert_20110627215901.jpg

二日目の休憩時間に体験館特製の杏仁豆腐を、つくったスプーンで試食してみました。
IMG_4891_convert_20110627214120.jpg

IMG_4892_convert_20110627214402.jpg
ここで食べ心地を味わっていただいたあと、若干の修正作業を行います。

最後に塗装のお話。
今回塗装に使うオイルはもちろん材と同じオニグルミ!
といいたいところですが、ここ木曽の名産エゴマでやってみようということになりました。
(エゴマだれの五平餅最高です!)
まずは、フライパンでエゴマを炒ります。
IMG_4897_convert_20110627214634.jpg

そして、木綿の布に包んで金槌で叩くと、じわっと油が染み出てきます。
これをスプーンに擦り込みます。
(実際にはスプーンが乾燥した後、自宅で塗っていただきます)
IMG_4901_convert_20110627215049.jpg

自分達で伐った木を使ってスプーンをつくった参加者の感想の中に「庭で摘んだ花を飾るようなもの」と例えられた方がいました。
そんなふうに思ってもらえて嬉しいです。
IMG_4911_convert_20110627215447.jpg
とても穏やかな二日間を過ごすことが出来ました。
(小野)
  1. 2011/06/27(月) 22:04:12|
  2. 講座の実施報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JUON NETWORK総会イベントに参加しました | ホーム | 広葉樹の製材>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/239-0d626050
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)