GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

マイクさんの椅子づくり~側の組み立て~

椅子づくり3日目。いよいよ講座最終日です。
まずは、側面の組み立てです。

なか二日間人工乾燥させた貫のホゾの直径を計ってみます。
因みに、乾燥させる前の寸法は直径15.9mm(5/8″)。
木目に直角方向は約15mm。(5%程度縮みました。)
5709746890_4e93bbafce_convert_20110528224901.jpg

木目に水平方向は約14.5mm。(10%程度縮みました。)
5709183155_2f44c1c7e9_convert_20110528224812.jpg

このホゾに対して、ホゾ穴の径は14mmで開けます。
前脚が水平になる角度(貫が垂直になる角度)に後ろ脚を固定します。
CIMG0464_convert_20110528225740.jpg

ここでもチェアメーカーズベンチが大活躍。
後ろ脚がうまく納まるように、作業台に穴が開いています。
5709747820_6f5bb7888b_convert_20110528225305.jpg

角度治具は猫ちゃんの形です。
穴あけ用のポンチは棒の真ん中にマーキングが出来る優れもの。
5709752804_ddec1c7c6b_convert_20110528225606.jpg CIMG0468_convert_20110528225648.jpg

このようにセットします。
CIMG0469_convert_20110528225841.jpg

穴あけは二人一組で行います。
CIMG0472_convert_20110528225407.jpg
グリーンウッドワーク協会初代理事長の加藤さんは、新婚旅行で前日私たちと合流。
奥さんと共に椅子づくりを手伝ってくれました。

いよいよ組み立てです。
貫の向きは、木口の木目方向を横にします。
即ち、ホゾ穴に対して縦方向に効かせます。
接着剤は使いません。
以前は接着剤を使うなら使ったほうが良いと言っていたそうですが、その当時はホゾ穴が今より緩い寸法だったそうです。
CIMG0474_convert_20110528231117.jpg
ギロギリと大きな音を立てながら、組み立てていきます。

そして、マイクさんの講座での恒例の儀式。
5709771664_efa0f662c8_convert_20110528225217.jpg
ぶら下がって抜けないことを確認します!

つづく (小野)
  1. 2011/05/28(土) 23:17:06|
  2. イギリスのグリーンウッドワーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マイクさんの椅子づくり~ホゾ穴あけ~ | ホーム | マイクさんの椅子づくり~背板の加工~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/232-d2fc5e1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)