GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

マイクさんの椅子づくり~伐採~

今回講座でつくる椅子は写真のようなラスバックチェアと呼ばれる椅子です。
CIMG0382_convert_20110515214430.jpg CIMG0384_convert_20110515214612.jpg
後ろ足と背もたれの有機的な曲線が美しい椅子です。
この部分は蒸気による曲げ木で成形します。
参加者の四人はこの椅子2脚分を、3日間掛けてつくり上げます。

まずは、使用する材を伐採します。
樹種はアッシュ。日本のタモ(トネリコ属)の仲間です。
写真のような根元で株分かれした樹を選びました。
CIMG0359_convert_20110515214807.jpg
この中のまっすぐな一本は地主さんのために残します。
二番目にいい材を使います。
胸高直径は約20cm。

樹齢はこの森が偕伐された時期と一致しました。23歳です。
CIMG0379_convert_20110515215013.jpg
根元は年輪が偏心していて、内部応力が働くため椅子づくりには不向きですが、アックス(斧)の柄には最適だそうです。

根元から60cmくらい上がると、もう年輪の芯は真ん中にあります。
CIMG0380_convert_20110515215132.jpg

ここから上を、後ろ脚に必要な90cmの長さに玉切りして材料調達完了です。
CIMG0381_convert_20110515215704.jpg

枝分かれした細い材も、足踏みろくろの踏み板の材やチョッピングブロックの脚などに使います。
もちろん薪にも、フェンスの材料にも余すことなく使われます。

つづく (小野)
  1. 2011/05/15(日) 22:28:40|
  2. イギリスのグリーンウッドワーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マイクさんの椅子づくり~後ろ脚の木取り~ | ホーム | ブルーベルの咲くころ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/225-d6db8c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)