GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

2011年初削り

7日金曜日に竹取から始まった今年のグリーンウッドワーク協会の活動。
生木を使った削り初めが1月9日(日)に行われました。
昨年秋に行われたドリュー・ランズナー氏の椅子づくりでスタッフとして活躍していただいた方々を対象とした、ラダーバックチェアづくりの勉強会です。
DSC04125_convert_20110113213301.jpg
勉強会の目的は、ランズナー氏の手法を再検証すると共に、グリーンウッドワーク協会ならではの椅子講座運営を目指すことです。

まずは、貫の木取りです。
クサビとマンリキを使ってクリの丸太を割っていきます。
DSC04140_convert_20110113213424.jpg DSC04146_convert_20110113213500.jpg

皆さんさすが手馴れた方達ばかりです。
DSC04134_convert_20110113213338.jpg
あっという間に25mm角の材が木取られていきました。
DSC04153_convert_20110113213536.jpg

午後からは銑を使って20mm角に荒削りして行きます。
DSC04163_convert_20110113213728.jpg
肌寒い一日でしたが、一人15本の貫を黙々と削り続けます。
DSC04171_convert_20110113213801.jpg

途中、飛騨木工連の研修会でお世話になった柏木工の澤田さんが年始の挨拶に来て下さいました。
DSC04157_convert_20110113213659.jpg

グリーンウッドワーク協会初代会長の加藤さんは、昨年末結婚されたばかりの新婚ほやほやです。
この日は、奥さんの使う椅子をつくるために参戦。
後ろ脚の長い材を木取るのは一苦労です。
DSC04164_convert_20110113213945.jpg DSC04168_convert_20110113214014.jpg

総勢7名で約100本の貫を削り上げました。
DSC04182_convert_20110113214048.jpg

夜は、美濃市の北部にある美濃和紙の里、蕨生(わらび)地区にある「ゲストハウス笑び(わらび)」に場所を移して、新年会を開催しました。
img581cce56zik7zj[1]_convert_20110113214116
最近美濃市には、カヌーやボルダリングなどのアウトドア活動や、和紙づくりなどの体験講座を受けられる方を対象とした簡易宿泊施設が増えてきました。
このような施設が増えることにより、市外・県外からたくさんの方に来てもらい、美濃の魅力を知っていただけると嬉しいです。
(文責:小野)
  1. 2011/01/13(木) 21:51:54|
  2. 講座の実施報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<少年少女の更生プログラム | ホーム | 個展の開催>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/196-fe3a7201
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)