GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

障がい害児・非障がい児交流事業⑤

ものづくりからはじまるパートナーシップ「ささえてもらってつながる手」
最終回が11月21日(日)に森林文化アカデミーにおいておこなわれました。
5214234284_efd09bce3d_convert_20101203225106.jpg

まずは今まで4回の講座のおさらいです。
以前山で拾ったどんぐりが、しっかりと根を出していました。
5214235854_823ed7dc6c_convert_20101203225136.jpg

そして前回つくったスプーンをお披露目です。
5213643185_bb7a9e4dab_convert_20101203223733.jpg
みんなの目が輝きます。
今日はみんなでカレーをつくり、このスプーンで食べます。
題して「作ったスプーンを味わおう」です。

まずは野菜を切るグループと、火を焚くグループに分かれます。
野菜を切るグループは包丁やピーラーを使って手分けして作業しました。
5213648545_07e10e905e_convert_20101203223846.jpg 5214245490_fd2ea1dbf5_convert_20101203223824.jpg
みんな上手に刃物を使っていました。

焚き火グループは、焼き芋の準備です。
濡れ新聞と銀紙にまいて火の中に入れます。
5214242802_45ff15ab6f_convert_20101203224049.jpg 5214243236_d189060074_convert_20101203224122.jpg
この火は、グリーンウッドワークで出た端材や削り屑を燃やしました。
やっぱり子どもは焚き火が大好き。
みんな大喜びです。

切った野菜を協力して運びました。
5213655663_4d52345b2c_convert_20101203223913.jpg 5213656223_1c5e0fcca1_convert_20101203223937.jpg

鍋に野菜と肉とカレールーを入れて煮込みます。
5213659297_6d57831cbc_convert_20101203224002.jpg

そしてスタッフを含めて35人分のカレーが出来上がりました。
5214259082_d005179ffb_convert_20101203224221.jpg 5213666319_996504532a_convert_20101203224245.jpg
焼き芋は、焚き火を燃やしすぎて、こげちゃいました。

スプーンの材料であるリョウブの命を頂いたという意味も込めて、みんなで「いただきます」をしました。
それでは、美味しい笑顔のオンパレードです。
5213670453_c9ce9a4246_convert_20101203224519.jpg 5214263078_ac6a475e6f_convert_20101203224615.jpg 5214261480_682327c210_convert_20101203224552.jpg
5214262754_a4bb3703e1_convert_20101203230250.jpg 5214263416_07033789fe_convert_20101203230315.jpg
5214261814_0916747a66_convert_20101203225219.jpg 5214262046_953eed6d5d_convert_20101203230217.jpg
5213672269_78c3414fa8_convert_20101203224741.jpg 5213675253_e878aebf41_convert_20101203224807.jpg

片付けが終わった頃、木枯らしが吹いて葉っぱの雨が舞い散りました。
ここで、「はっぱじゃないよぼくがいる」という絵本を読みました。
5213677035_0a949484b7_convert_20101203224454.jpg
絵本の中には葉っぱの顔がいっぱい。

その後、顔のような穴が開いた葉っぱをみんなで捜しました。
5213678105_df4c5d653d_convert_20101203224917.jpg
これまでの連続講座で培った感性を発揮する場面です。
5213677555_4c1493f8c4_convert_20101203224846.jpg

最後に修了証を手渡しました。
5214272464_5aa040f4dd_convert_20101203234835.jpg 5213678335_d54081c091_convert_20101203234805.jpg
岐阜県産材のスギと美濃和紙でつくった特別な終了証です。

振り返りの時間です。
これまでの講座でこんなことを勉強しました。

森の木が生活の道具になったこと。
木が人の生活を支える燃料になったこと。
みんなの植えた種がいずれ育って森になること。
いわゆる「森の循環」についてです。
理解できる子もできない子も、体験したことを何か少しでも覚えていてくれたら嬉しいです。
もう一つはつながり。
森の恵みを利用することによって得られた森と人とのつながり、言い換えればつい最近までおこなわれていた里山の知恵。
そして森に入ることによって生まれた人と人とのつながり、ある種の連帯感。
難しいことはわからなくても、「森って楽しい」ってことを知ってもらえればそれだけでもいいです。
5213680199_3bcc3082fc_convert_20101203224340.jpg
この講座を通じて感じたことは、子どもたちは森に入ると自然と笑顔になるということでしょうか。
子ども達への「木育」の重要性を改めて実感した連続講座でした。
(文責:小野)
  1. 2010/12/05(日) 20:00:00|
  2. 講座の実施報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【講座のご案内】平日のスプーンづくり | ホーム | ミニ鵜籠>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/176-dff49f72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)