GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

秋の信州上田にて

今年3月に続き、2度目の「森林(もり)と暮らしの講座」グリーンウッドワークのスプーンづくりが長野県上田市のフォレスト工房もくりで開催されました。
1日目は生憎の雨模様。集材用のバックホウなどの重機を使って臨時のテントを張った下でのろくろ作業でした。
RIMG0055_convert_20101014003525.jpg

使った材は、先月の講座で間伐されたばかりのサクラ、トチノキ、キハダなどなど。
RIMG0050_convert_20101014003447.jpg

2日目はうって変わっての秋晴れです。
RIMG0081_convert_20101014003559.jpg
汗ばむ陽気で半そでのTシャツの方もおられました。

今回は早めに試食タイムにして、自分のつくったスプーンでヨーグルトを食べてもらいました。
RIMG0110_convert_20101014003749.jpg
「食べにく~い!」という声が。
RIMG0112_convert_20101014003843.jpg
まだまだ、厚かったり、幅が広かったり、逆に深かったり。
RIMG0113_convert_20101014003937.jpg

残った時間で、さじ面の修正と全体のフォルムを更につくり込みました。
そして出来上がった作品たち。
RIMG0121_convert_20101014003633.jpg

参加者の声です。
・乾燥した木でスプーンをつくったことはあったが、生木は初めてで、道具も初めて使うものが多く、新たな発見があった。
・完成したスプーンを見ると、これが丸太だったことが思い出せない。
・生木のような身近な材料からできることがわかった。
・つくりながら、デザインを軌道修正させて当初の思いから変わっていくことが楽しかった。
・2日目の午後のスプーンの形をつくり込む作業は、自分の世界に没頭して、木工の楽しみを味わえた。
P1060415.jpg
森との共生を目指す方たちと過ごした、素敵な2日間でした。
(文責:小野)
  1. 2010/10/14(木) 00:44:58|
  2. 講座の実施報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アメリカからの伝統工芸視察 | ホーム | 【講座のご案内】長野県でスプーンづくり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/163-b8887c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)