GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

障がい児・非障がい児交流事業③

9月12日(日)の交流事業第3回目は「森の手入れをしよう」をテーマに開催されました。
今日は森に入って木の伐採を行ってもらうので、まずは柔軟体操から。
4983052582_f5b00d8490_z_convert_20100916093848.jpg

それから5種類の葉っぱを選んでもらい、グループ分けをしました。
樹種はホオノキ、キリ、カシワ、スズカケノキ、ユリノキの五つです。
大きさや形を比べながら、同じ形の人同士が集まります。
P1030355_convert_20100916094021.jpg 4983059008_195e46b549_z_convert_20100916093940.jpg
今日一日はこのグループ内で協力しながら作業を行ってもらいます。

今までにのこぎりを使ったことの無い子もいたため、まずは安全に作業をするための練習から始めました。
削り馬に木を乗せて、しっかりと固定してもらいます。
切る人は両手でのこぎりの柄を持って挽きます。
4982471485_f55920681f_z_convert_20100916094110.jpg 4983074054_825ba283fe_z_convert_20100916094140.jpg

RIMG1474_convert_20100916094321.jpg 4983078174_d2574212ff_z_convert_20100916094210.jpg
お互いの息が合わないと上手く切れません。
ここでは、力の加減と、相手を気遣うことがポイントです。

お昼のお弁当は班毎に好きな場所で食べてもらいました。
4982481891_125f75d76b_z_convert_20100916094354.jpg
障がいのあるなし、年齢の差に関わらず、皆がうちとけ合って仲良くご飯を食べる姿に、子ども達の適応力の速さを実感しました。

いよいよ午後からは、森に入って木の伐採です。
4982501045_3698d57404_z_convert_20100916094431.jpg

適度な間隔で5本のリョウブの木を、各班一本ずつ伐ってもらいました。
4983134614_12fe9473f3_z_convert_20100916094655.jpg 4982544879_cb3217150b_z_convert_20100916094626.jpg
まだまだ残暑厳しく、林内には蚊も多く居ましたが、汗をかきつつ、各自が少しずつのこぎりを入れて、木を切り倒しました。
P1030383_convert_20100916094858.jpg

木を伐った後、上を見てみると、葉っぱの間にぽっかり青空がのぞいています。
4982553949_49c60622c0_z_convert_20100916094737.jpg
ここから光が入って、また新たな木の成長を促します。
木を伐ることも、森を育てることにつながるんです。

伐った木は40センチくらいに玉切りします。
4983162440_51c09c6085_z_convert_20100916094816.jpg
今日一日のこぎりを使い続けて、ほとんどの子が上手に使うことができるようになりました。
特に午後に伐った生木は、午前中の練習に使った乾燥した木に比べると非常に軟らかいことを実感してもらいました。
4982491153_58a01506d8_z_convert_20100916094928.jpg

この木は次回4回目に、足踏みろくろを使ってスプーンに生まれ変わります。
それまでの間、水につけて、乾燥を防ぎます。
RIMG1518_convert_20100916094959.jpg
(文責:小野)
  1. 2010/09/16(木) 10:05:34|
  2. 講座の実施報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木のカトラリーづくり講座終了 | ホーム | 草箕を作ってます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/159-184b142e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)