GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

草箕を作ってます

鵜籠を作る前の修行の日々が続いていますが、今は草箕(竹箕とも石箕とも)を作っています。
草箕というのは、草や泥やを運ぶのに使うもので、こんな格好です。これは師匠の石原さんの作ったものです。
IMG_2986.jpg 

講座は毎回こんな雰囲気でやっています。
IMG_3199.jpg 
草箕は、それ自体も材料も大きくなったので、結構大変なんです。
IMG_3159.jpg 

 1.jpg

草箕の形を決める、芯竹と呼ばれる竹をきれいに曲げるため、師匠が火であぶっています。
IMG_3195.jpg 

それを真似て久津輪先生もやってみると
IMG_3196.jpg 

はい、上手く曲がりました。 パチパチ
IMG_3198.jpg 

そんなこんなで、やっと出来ました。理事長がとても嬉しそうです。
IMG_3162.jpg 

片方は師匠の草箕ですが、さて、小生が最初に作った草箕はどっちでしょう。って、クイズにならないくらいひどい形ですね。
(決して写真のゆがみではありません)
 IMG_3159_20100911221941.jpg

因みに、一応全員が草箕を(まともに)完成させました。
次は、網代編みの籠です。

*この講座は一般の方は参加いただけません。   (文責キトウ)
  1. 2010/09/11(土) 22:34:34|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<障がい児・非障がい児交流事業③ | ホーム | 柿渋づくり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/158-3f7876a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)