FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

森工塾「ゴッホの椅子づくり」講座②( 3月20日・21日)


ろうきん森の学校 森工塾
「ゴッホの椅子づくり」


森工塾「ゴッホの椅子づくり」講座①(2月20日・21日)
森工塾「ゴッホの椅子づくり」講座②(3月20日・21日)

IMG_5570.jpg

後半初日は後脚と前脚の木取りから。
後脚は長さ800mmもあるので、立ったままではハンマーで割ることができません。
そこで寝かせた状態でクサビを打って割りました。

IMG_5577.jpg

ある程度まで割ったところでマンリキに持ちかえます。
これだけ長い材料もフシが少ないので、マンリキで半分くらいまで割れ目が入ったら、あとはこじるだけでパカンと割れます。
まっすぐな良い材が取れました。

IMG_5588.jpg

フシがあるとそこから割れなかったり、部材として弱くなってしまうので、チェーンソーで節を切ってもらって前脚にしたり、薪にしたりと余すことなく使いきります。

みなさん慣れてきて、はじめて木工にチャレンジする女性もひとりで木取りできるようになりました。

IMG_5574.jpg

後脚は長いので、削り馬で正確に面を出すのが難しいですが、どんどん削っていきますよ。

163078976_3533971650045909_1321853003785981728_n.jpg

今回の講座は遠方から参加者がいらっしゃっるということで、前回話題になったご当地の銘菓「山帰来」を参加者の方が用意してくださいました。

IMG_5591.jpg

古城山の森でもよく目にする、サルトリイバラの別名でもある「サンキライ」の葉でつつまれた麩まんじゅうです。

もちもちとした食感となめらかな口当たりの生麩に、こし餡の上品な甘みが美味しい!

いよいよ雲行きが怪しくなってきました。
天気予報では夕方から雨。降る前に木取りまで終わらせたいので少し巻いていきますよー!

IMG_5609.jpg

後脚が仕上がった人はホゾ穴をあけていきます。
数が多いのでめげそうですが、ひたすら手回しドリルをまわして穴を開けます。

IMG_5617.jpg

穴を開け終わったら、いよいよ後脚と背板、貫を組み立てます。
上から順に梯子のように打ち込んでいきます。

IMG_5624.jpg

なんとか雨が降り出す前に全員後脚が完成しました!
記念にポーズ♪

IMG_5627.jpg

夕食は美濃のソウルフード「ニュー柳屋食堂」で交流会。
こうして講座の後に語り合えるのは何ヶ月ぶりでしょうか。
宿泊が可能な連続講座だからこそのお楽しみですね。

IMG_5660.jpg

翌朝は前脚の組み立てから。
外はあいにくのお天気。
時折激しく降る雨に森での作業はあきらめて、今日はみの木工工房FUKUBEに移動して作業します。

IMG_5653.jpg

グリーンウッドワーク協会の工房には、10年ほど前に京都の河井寛次郎記念館に展示されているゴッホの椅子を特別にお借りして計測して再現した椅子があります。

そのほかにも、創業当初(1971年)からスペイン製のグアディスの椅子を取り扱っている、京都の輸入雑貨店「西洋民芸の店グランピエ」で購入したゴッホの椅子(現在は脚部が鉈割りではなくロクロ挽きになっています。)や、これまでの講座で制作したものなど、さまざまなゴッホの椅子があります。

みんな「ゴッホの椅子」なのですが、比べてよく見ればいろいろ。
型が決まっているようで,案外自由なんですね。

IMG_5662.jpg

さてここから少し難しくなります。
ゴッホの椅子の脚は前後とも背の方に寄り掛かるように少しだけ傾いています。
そのうえ背から脚にかけて下に行くほど狭くなっていたり、座面が台形だったりするので、そのまま垂直に穴を開けてしまうとうまく組み上がらないのです。その辺りの説明を聞いても頭の中は???ハテナがいっぱい^^;

IMG_5678.jpg

そこで、こんなゲージが登場します。

162973806_3535709429872131_2606175670455952404_o.jpg

座枠や貫が前脚の方に広がるようにするためには、ほぞ穴自体を斜めにする必要があるので、このゲージに合わせて、正面や横から確認してもらいながら穴を開けます。

IMG_5657.jpg

前脚を組んで、ねじれていないかチェック!ねじれている時は作業台に差し込んで、力をかけて修正します。

IMG_5659.jpg

前脚が組み上がったらいよいよ昨日組み立てた後脚とつなげていきます。

IMG_5695.jpg

組み上がったら水平なところにおいて、前から後ろから、ひっくり返してと、引いて客観的に見ることで、全体のゆがみを確認。歪んでいたら生木の特性を活かして、歪んだ方と逆の向きに床に押し付けたりして形を整えます。

IMG_5685.jpg

午前中には椅子の木部が完成!
と思いきや、まだまだ大事な作業がありました。
脚の木口の面取りです。

IMG_5710.jpgIMG_5708.jpgIMG_5705.jpg

銑やナイフを使って、ざっくりとした面で仕上げます。

IMG_5766.jpg

窓から見える板取川が雨で濁ってどんどん増水しています。
こういうとき、屋内の工房が使えるのはとってもありがたいです。

お昼ご飯は昨夜に続き、みんなで近所の定食屋さんへ。
ディスタンスを取りながら、会話も控えながらではありますが、食事を共にする喜びって大事ですね。
道中の桜がもう満開でした。一雨ごとに春が近づいてきています。

IMG_5716.jpgIMG_5717.jpg

午後からは座編みです。
今回はい草とペーパーコードをご用意しましたが、みなさんい草の縄で編みました。

IMG_5730.jpg

座面が台形なので、こんな感じで捨て編みをして長方形に編めるようになったら、あとは順番を間違えないようにしっかりと編みます。
うっかりすると間違えたり、どこまで編んだかわからなくなっちゃうので、全集中です!

IMG_5718.jpg

い草とペーパーコードそれぞれの太さや質感の違いで、結構雰囲気が変わります。

IMG_5742.jpgIMG_5746.jpg

裏も確認しながら黙々と編みます。表が綺麗なひとは裏も綺麗。

IMG_5747.jpgIMG_5748.jpg

参加者さんから「ばきちゃんは木工のときはおしゃべりで座編みは無言になるね。」って言われてはっとしました。
ほんとにそうなんです。

指摘してくれた参加者さんは逆で「木工のときは黙々とやるけど、座編みになると独り言が増える。」って。
グリーンウッドワークはその人のありようが出るって思うんだけど、なるほど鋭い指摘。面白いですね。

IMG_5762.jpg

予定通り5時には全員完成しました。

IMG_5754 (1)

みんな違ってみんないいゴッホの椅子の出来上がりです。

IMG_5773.jpg

162608523_3536360109807063_2282051633033965272_n.jpg

こういうところにちょっと遊びゴコロを入れちゃったりとか

163261366_3536360196473721_6633475138429899470_n.jpg

こういうところがゴッホの椅子らしくてカッコいいですねー!

「同じようにつくったのに座り心地が違いますね。」とそれぞれの椅子を座りくらべ。
座って他の人が作った椅子との違いを感じるのも楽しいですね。

IMG_5755.jpg

恒例の参加者の感想は…

「普段1人でやっているので、みなさんと毎回楽しかったです。ご飯も充実していましたね。ワークショップもやっているので、教える側の目線も見られてよかったです。」

IMG_5750.jpg

「グリーンウッドワークが何か分からず、ただ木の椅子をつくると聞いて参加したので、丸太を割るところからで。
わたしにはできないかと思ったけど、皆さんに助けてもらって完成して、夢のようです。みなさんセミプロみたいな方ばかりの中で、こんなすてきな椅子が出来ました。一生の思い出になります。」

「背を立てたので、姿勢を正すことを椅子に教えられています。笑。時間を気にせずやるのが好きだけど、やっぱり早い人が多かったので、スピードあげたいなとも思った。やり方がわかるって楽しいと思いました。」

「一年ほど前に削り馬をつくっていたけど、銑をもっていなかったので、今回使えてよかったです。ラダーバックをやりたいですね。できたら7月から8月後半くらいがいいです。」

IMG_5752.jpg

「4日間ありがございました。基本が分かるといろいろできる。山歩きをするので、普段持ち歩ける椅子を作ってみたいです。」

IMG_5777.jpg

このメンバーでの4日間、ほんとに楽しかったです!
椅子づくり講座は長丁場ですが、そのぶん参加者同士の繋がりも深くて、最後まで駆け抜ける感じが私はとても好きです。

いつかまたラダーバックチェアの6日間講座でお会いできるのを楽しみにしています。

ばきちゃん(グリーンウッドワーク協会)
  1. 2021/03/23(火) 14:00:05|
  2. ┗ 椅子づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【ろうきん森の学校】 竹林整備と竹細工講座「六つ目編みの盛りかごづくり」(5/29) | ホーム | 生活情報誌ぷらざ 月間3・4月合併号>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1439-de86cfb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)