FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・~

春3月桜の季節。
花粉さえ無ければ(今年はコロナも)とは思うけれど、気を取り直して報告します。

☆ 透かし網代編みの手提げ籠です。
  ヒゴ作りが大変でした。底の箱網代が難しかったけれど、ヒゴの厚さが大事と再確認です。
  立ち上がりから持ち手まで、どんどん形が変わっていくのが面白かった。
P2216656_(2)_convert_20210320204349.jpg
ξ 目がきれいに揃ってますねぇ。

☆ 八つ目編みの小物入れです。
  やっと出来ました。資料によって手順が違ってて、それを試してみたのは面白かった。
  縁竹の火曲げは難しかったです。  
P3146680_(2)_convert_20210320204408.jpg
ξ 形もまとまったし、がっちりできてますよ。

☆ ござ目編みの野菜籠です。
  持ち手をどうするか散々悩みました。気持ちが悪くなるくらい。
P3146685_convert_20210320204425.jpg
ξ 実用的で、何やら良い形。

☆ 八つ目編み2種。 手提げ籠と小物入れです。
  縁竹の火曲げが難しかった。慌ててやると失敗します。
P3196703_convert_20210320204457_convert_20210320212739.jpg
ξ 皆さんは縁竹の火曲げの作業量が少ないのでね、なかなかうまくいきません。数ですね。

☆ 鍋敷きです。
  へぎは集中してできました。慌てちゃダメですね。
P3196705_(2)_convert_20210320204516.jpg
ξ 竹を切るところから始めて一日で出来たんだから大したもんですよ。

皆さんこの調子で色々作って楽しみましょ。

                   (キト)
  1. 2021/03/21(日) 14:25:17|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生活情報誌ぷらざ 月間3・4月合併号 | ホーム | 森工塾「シュリンクポットづくり」(3月13日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1436-6339f7f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)