FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・~

竹細工教室の今年最初の報告です。

☆ 四ツ目の手提げ籠です。
  ヒゴが細すぎたのか形が決まらず苦労したけど、完成して良かった。
  持ち手が初めてやる形面白かったです。
P1176461_convert_20210222102321.jpg
ξ 変則的なヒゴ使いの四ツ目で面白いですね。涼やかです。

☆ 差し六つ目編みの脱衣籠です。
  編みは難しくはなかったけど、六つ目に差すのが、集中力が続かず気力を維持するのが大変でした。
  大きいものは、やったぞ って満足度が高いです。
P1246479_convert_20210222102336.jpg
ξ しっかりしたきれいな籠ですね。

☆ 八つ目編みの小物入れです。
  八つ目はよう分からん。思ってたより難しかったです。
  当て縁の火曲げも難しかったです。 次はもう少し大きい(A4が入る)ものに挑戦。
P2056550_convert_20210222102350.jpg
ξ ヒゴが厚くてしっかりしたものになったですね。

☆ 菊底、ござ目編みの湯籠です。
  前に作ったプランタ籠とは雰囲気が違って面白かったです。
  底を平らに出来ずコロンとしてしまう。凹ませるのは難しかった。
P2056553_convert_20210222102407.jpg
ξ 菊底を凹ませるのはかなり厄介ですよね。分かりますよ。

☆ 六つ目の小籠です。
  六つ目編みは何とか出来るようになってきました。
  ヒゴを作っているときは気が付かないけれど、編み始めると厚い薄いがあってやり難いことが分かります。
P2196650_convert_20210222102421.jpg
ξ ヒゴ作りの精度が全てですね。

☆ 八つ目編みの笊です。
  初めての八つ目編みです。しっかりしたものになったと思います。
  縁の柾割りは大変だったし、針金もうまく巻けなかった。細かいこともきっちりやることが大事ですね。
P2216653_convert_20210222102437.jpg
ξ 八つ目の笊もきれいです。

今年もあっという間に2か月が過ぎようとしてます。早いものです。
                            (キト)
  1. 2021/02/22(月) 12:24:29|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<《ろうきん森の学校》森工塾「グリーンウッドワークで 暮らしの雑貨づくり」連続講座のご案内 | ホーム | 《ろうきん森の学校》森工塾「森の恵みを味わう~春・山菜編~」のご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1426-a07411ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)