FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工  ~六つ目籠(小)づくり~

今年度(’20年度)も、県立森林文化アカデミーの授業で竹細工を行いました。(12/20、21、22)
クリエーター科の学生10名が、去年度と同じ六つ目籠(小)づくりに挑戦しました。
12/20は淡竹林の整備を行ったので、竹細工は2日間です。

先ずはヒゴ作り。
竹を必要な長さに切るところから始まります。
1_20201226134512d90.jpg

細かく割ります。みな静かです。
2_202012261345136bf.jpg

割って、へいで、また割って・・・
3_202012261345140d5.jpg

ヒゴの仕上げが終わったら、型紙を使って底の六つ目から編んでいきます。
line_53623087202095_convert_20201226144501.jpg

立ち上がり。
底編みより難しいけど、面白いところですね。
4_20201226134516fee.jpg

横竹(箍)はね、右上がりの縦竹の下に入れてね・・・
5_20201226134518b06.jpg

2本目、3本目の横竹(箍)を編み進め・・・
6_20201226134519c7e.jpg

最後に縁竹をあてて籐皮を巻いて・・・
7_20201226134520f32.jpg

完成品を並べてみました。
8_20201226134522534.jpg

全員完成です。
9_202012261345231ee.jpg

皆さんからは、ヒゴ作りの出来が編みに大きく影響すること、立ち上がりの編みが難しかったこと、難しかったけどまたやりたい、などの感想がありました。
皆さん竹細工は初めてとのことで、ヒゴ作りも六つ目編みの底編みも立ち上げもさぞ苦労したことでしょう。
初めて竹細工をする人に、六つ目編みの籠はちょっと難しいですね。
この授業では、竹採りのための淡竹林整備を行い、竹ひごを作り、籠を編んで仕上げる、という竹籠作りのための一連の作業を行いました。結構きつかったではないかと思うんですが、それでも楽しんでもらえたようでよかったです。これをきっかけとしてまた竹細工をやってみてくださいな。

                (キト)
  1. 2020/12/26(土) 17:10:10|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<薪づくりの会が開催されました(12月6日) | ホーム | 森のどんぐりコーヒー(12月6日)森カフェ編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1412-bc947235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)