FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

山県市 六つ目編みの竹かご作り体験

秋も深まって朝晩は寒いくらいになった10月31日、山県市の北武芸民館を会場にして、六つ目編みの竹かご作り体験を行いました。

今回はかごを編むだけで、さわりの部分のヒゴ作りはしないので、どんなふうにやるのかを実演しました。(ちょっとです)
PA316356_convert_20201102132342.jpg

今回は六つ目編みのかごです。
台紙を使って底の部分から編みます。
PA316360_convert_20201102132404.jpg

六つ目編みはヒゴの上下の順番が揃ってないと次の作業がやり難く、この説明が結構厄介なので現物で説明してるんですが、皆さん熱心に聞いてます。
PA316363_convert_20201102133223.jpg

底編みが終わった後は立ち上げです。最初の難関です。
PA316373_convert_20201102133241.jpg

横竹(箍ともいう)を編み込んで胴の完成です。
PA316385_convert_20201102133256.jpg

横竹の長さや間隔に気を付けて、水平に編み込んでいきます。
PA316386_convert_20201102133309.jpg

順調に横竹の編み込みが完成しました。
PA316387_convert_20201102133325.jpg

縦竹(底編みから立ち上がったヒゴ)を、折り返してるんですが、この作業を”仕舞い”といってます。
PA316394_convert_20201102133342.jpg

仕舞いが終わったら、最後の難関の縁付けです。
当て縁を組み付けてから、籐皮を隙間が無いようにしっかり巻いていきます。
PA316404_convert_20201102133358.jpg

全員無事に完成しました。
PA316412_convert_20201102133413.jpg

底編みも胴編みも六つ目編みで、結構難しいものなんですけど皆さん完成して良かったです。
難しかったけど面白かった、自分で作れて驚いてる、もっと簡単だと持ってた、難しくて解らないことばかりでショックだった、などの感想をいただきました。(予想通りです)
これをきっかけにして、身近な竹という素材を使って楽しんだり、その面白さを周りの方々に伝えていただけると良いですね。

                         (キト)
  1. 2020/11/02(月) 15:39:54|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【イベントのご案内】実のなる木の植栽体験 | ホーム | 古城山イベント2020「親子で伐採体験」を開催しました(10月18日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1387-78114b61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)