FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

森工塾「柿渋づくりと柿渋染め」開催しました(9月12日)

毎年恒例の柿渋づくり
講師はお馴染みの「てっちゃん」こと加藤哲利さん。
IMG_20200912_110611.jpg

柿渋づくりに適した柿は、赤く熟れ始める寸前の青柿。
今年は例年に比べて1~2週間程度遅い開催と、
更に猛暑の影響もあってか、色づいて柔らかくなった柿もありました。
IMG_20200912_104718.jpg
講座日程の設定って難しい!

予め用意していただいた青柿の他に、
ろうきんの森で育った柿も採取します。
IMG_20200912_103245.jpg

ミニトマトサイズの豆柿が収穫できました。
IMG_20200912_103452.jpg

さあここからはお料理教室です。

まずは包丁で細かく刻みます。
IMG_20200912_111415.jpg

虫の顔みたい。
IMG_20200912_110315.jpg

真横に切断するとこんな模様が出てきました。
IMG_20200912_111519.jpg

切断した青柿に昨年採取した三番渋を「ひたひた」になるまで注ぎます。
IMG_20200912_112613.jpg
「グビッと一杯」やりたい感じですね!

グイーンとミキサーで粉砕します。
IMG_20200912_110829.jpg
「抹茶ジュースだ」

袋に入れてギューッと絞って出来上がり。
IMG_20200912_115328.jpg

搾りかすから更に二番渋を取ります。
IMG_20200912_112903.jpg
「オカラができた!」

一番渋と二番渋を混ぜたものをペットボトルに入れて持ち帰ってもらい、
お家で熟成させます。
3~5年くらい経つといい柿渋になるそうです。

ここでお昼休み。
先日の虫キャンプに参加してくれたお父さんは、山に虫捕りに!
IMG_20200912_124421.jpg
講座で編んだハンモックも大人気。
私はムカデにかまれて散々でしたが、森で過ごす時間ってやっぱりいいですね。

午後からはお待ちかねの柿渋染め。
これを楽しみに来てくださった参加者もおられました。

これまで舞茸原木の煮汁で草木染めの体験はたくさんやってきましたが、
これは何度やっても楽しい。
そして毎回新しい発見があります。

今回はスタッフの原ちゃんが用意してくれた鉄媒染液が大活躍。
鉄媒染液のつくり方は、
書籍「グリーンウッドワーク~生木で暮らしの道具を作る」の115頁参照
文字を書いたり
119161937_3287864064628315_8306633030115251977_n.jpg

葉っぱのスタンプも楽しいですね。
IMG_20200912_140711.jpg

そして、政府から配られた例のマスクも、
こんな素敵な柄に染まりましたよ。
IMG_20200912_141006.jpg
名付けて「葉っぴーマスク」
柿渋の臭いはちょっと勘弁してもらいたいところですが(笑)

参加者のみなさんには幸せな時間を過ごしていただけたと思います。
IMG_20200912_150647.jpg

ろうきん森の学校が始まって6年目。
平成28年につくった4年物がいい具合に熟成されてきました。
(左から2番目)
IMG_20200912_100947.jpg
さあ、この柿渋を何に使おうかな?
(おの)
  1. 2020/09/17(木) 15:50:39|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「二日間で作る!生木からスツールづくり体験」(神奈川)のご案内 | ホーム | 令和2年度(後期)森工塾のご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1368-790c771d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)