FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~本物の半分の大きさの鵜籠(よつざし)~

蓋と脚付きの鵜籠(よつざし)の注文がありまして、作りました。

P8286074_convert_20200903085452.jpg

但し、本物の鵜籠の半分の大きさで、左が本物、右が今回作ったもの。
直径、高さが半分なんでして、容量は1/8くらいですな。
P9046095_convert_20200905180755.jpg

蓋。
杉で作りました。仄かな桃色で、やさしい香りがします。紐は棕梠で。
P8286081_convert_20200903085530.jpg

ちゃんと開けられるんですよ。真ん中のへだては、ありません。
P8286080_convert_20200903091049.jpg

脚も籠と同じ淡竹で作りました。
P8286079_convert_20200903090813.jpg

この半鵜籠の主、ぬいぐるみの「叶鵜」君です。 「叶鵜」は「かなう」と読みます。
展示用の鵜籠でした。
P8286086_convert_20200903091027.jpg

「叶鵜」君一家。
P8296089_convert_20200903085658.jpg

籠の寸法が半分だからヒゴの寸法も半分くらいにして、編むことはできたけれど、結構てこずりましたね。
段ボールでモックアップを作ってぬいぐるみとの大きさを確認し、試作した上で製作するって、おもしろかったです。
無事に役立ってくれますように。

                          (キト)
  1. 2020/09/07(月) 13:25:55|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山県市 みやまの森で木からスツールをつくる(9月5日・6日) | ホーム | 長野県朝日村へ行ってきました・前半(8月29日・30日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1362-f282385c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)