FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

森工塾「舞茸原木栽培」④伏せ込み(7/18)

舞茸原木栽培連続講座第4回目はホダ木の伏せ込みです。

これまでの講座の様子はこちらをクリック
>>>舞茸原木栽培連続講座①
>>>舞茸原木栽培連続講座②
>>>舞茸原木栽培連続講座③
>>>プランター伏せ込み

3月1日に植菌した原木が、
4か月半でこんな具合に白い菌で覆われました。
IMG_20200718_111618.jpg
全部で68袋ある中で、雑菌におかされたのはわずかに二袋。
この5年間で最高の出来でした。

参加者の三浦さんも自宅で培養したホダ木をご持参くださいました。
IMG_20200718_095437.jpg
これまで毎年参加して下さる三浦さんは、
毎回のように青カビ(雑菌)にやられていましたが、
今年は培養袋のしわに入り込むほど完熟してくれたと、
嬉しそうに報告してくれました。

今朝はあいにくの大雨。
しかし、このホダギを梅雨が終わる前には伏せこみたいとの思いから、
予定通り実施しました。
数名の参加者の方が残念ながらお休みされたことから、
このブログにて詳細をご報告いたします。
(少々長い文章になりますが、しばしのお付き合いを)

今年から新しくろうきん森の工房の近くに舞茸畑をつくることになりました。
2年前、薪割り用に大きなアラカシを倒したところに大きなギャップ(空き地)が出来ていて、
そこをみんなで開墾しました。
IMG_20200718_101533.jpg

ホダ木を伏せこむ深さは土壌の水分条件によっても異なりますが、
今回はホダ木の高さと同じ15cm程度の深さまで掘りました。
IMG_20200718_111246.jpg

培養袋からホダ木を取り出します。
IMG_20200718_112528.jpg
このプ二プ二感。
ベタベタ感は全くなく、プラスチック製品のような、
何とも言えない気持ちよさ!

ホダ木は上下間違わないように立てたまま隙間なく並べます。
IMG_20200718_111757.jpg

こうやって密集させることにより菌が集まって大きなきのこの収穫が期待できます。
IMG_20200718_112818.jpg

今回、ここ古城山ふれあいの森で採取した天然舞茸から培養した菌と、
購入した舞茸菌の二種類の菌を接種しました。
培養している時は全く気づかなかったのですが、
袋から出してみると、講師の津田先生が両者の違いに気付きました。

古城山の株はぷよぷよした白
IMG_20200718_112848.jpg

購入した株は菌糸の回りが薄めで黄色っぽい感じ
IMG_20200718_112838.jpg
収穫した舞茸の味や香り、食感の違いが楽しみです。

埋め戻す前にもう一度触ってみました。
ああ気持ちいい。
IMG_20200718_112951.jpg

ちょっとかじってみた人も!
IMG_20200718_113002.jpg
食感は目玉焼きの白身。
舞茸の味はまだしません。

作業の手がすいたので、
塩田さんは何やら作り始めました。
IMG_20200718_115112.jpg

斜面の上り下りがしやすいように階段づくり。
IMG_20200718_115211.jpg
皆さんそれぞれが自分の得意分野を生かして、
森にある材料で里山整備。
いい光景です。

掘った土で埋め戻します。
隙間にもしっかりと土が入るよう丹精込めて。
IMG_20200718_113134.jpg

ホダ木の高さまで埋め戻します。
IMG_20200718_114201.jpg

ホダ木の上部は舞茸が発生する際に、
枝分かれする部分に土が巻き込まれないように、
粒の細かい赤玉土で覆います。
IMG_20200718_115009.jpg

厚さは2~3cm程度。
赤玉土を使うことにより、ホダ木の隙間もしっかり埋まってくれます。
IMG_20200718_115149.jpg

次に落ち葉かきです。
IMG_20200718_115328.jpg

その裏では竹の伐採。
IMG_20200718_102119.jpg

割って、さいて、日よけの支柱をつくります。
鉈を叩く木槌も、シラカシの立ち木を使ってつくっちゃいました。
IMG_20200718_121641.jpg

乾燥防止のマルチングとして硬い樫などの落ち葉を敷き詰め
ドーム型の支柱を建てます。
IMG_20200718_121311.jpg

寒冷紗を掛けて出来上がり。
IMG_20200718_122220.jpg
いやあ、舞茸畑ができました!
感無量です。
半日の作業でしたが、
里山に眠っているお宝を使って、
みんなで楽しく過ごした里山の時間。
持ち込んだものは舞茸菌を半分と少しの赤玉土、寒冷紗のみ!

今年の9月下旬か10月上旬に、
天然舞茸にも劣らないと言われる原木栽培の舞茸が食べられる予定です。
連続講座の最終回(収穫、試食)は9月26日(土)に開催します。
最後だけの単発参加もOKです。
お楽しみに。
(おの)
  1. 2020/07/18(土) 18:27:05|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「森のハンモックづくり」ろうきん森の学校森工塾(2020.7.19) | ホーム | 【ろうきん森の学校】森工塾「柿渋づくりと柿渋染め」のご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1347-cd82ffa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)