FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

森工塾「舞茸原木栽培」③植菌(3月1日)

昨日袋詰めにした舞茸原木は
一晩経ってすっかり温度も下がりました。

>>>舞茸原木栽培連続講座①
>>>舞茸原木栽培連続講座②

この日は講師に森林文化アカデミーの津田先生をお呼びして、
まずはきのこのお話しから。
88015615_821215541694934_5104268468916584448_n.jpg
後に見えるビニルハウスが植菌用の無菌室です。

雑菌が混入しないようにまずは完全防備。
88175484_185691179385813_3580977241292537856_n.jpg

温室の中をエチルアルコールで消毒するのはもちろん、
植菌用のスプーンもアルコールランプで加熱殺菌。
細心の注意を図ります。
87951190_2442097029454149_2152471951866593280_n.jpg
今回接種する菌は、
昨年の秋に古城山で採取した天然の株から培養した菌を使います。
どんなマイタケができるか楽しみです。

ハウスの中で順番に植菌している間に、
他の参加者の方にはムキタケの植菌を体験してもらいました。
88063782_519032319050788_8450114491479228416_n.jpg
地面の上で穴をあけたり、穴に入った菌を指で押さえたりと、
こちらはなんとゆるーい感じか。
この落差がなんともいいですね。

穴に詰めたオガ菌の上を封蝋で塞ぎます。
87953479_2916246935102181_5655303001942786048_n.jpg

スチロールの蓋ははがれやすいし、ペタペタろうを塗るのも楽しいですね。
88064416_836713290179966_2507558093890519040_n.jpg

本日の昼食は舞茸尽くし。
88975092_613291406182622_8568351024127934464_n.jpg
これは、昨年の秋に収穫したものを冷凍保存した原木舞茸です。

料理担当は本日がデビューの原ちゃん。
88147058_504432720474597_1391932831151685632_n.jpg
普段は森のようちえんでお料理を作っているスキルを、
存分に発揮してくれました。
89148694_556231498324096_4986198267466350592_n.jpg

やっぱりみんなでおしゃべりしながらお外で食べる手づくり料理は最高です!
88236416_518052698912956_3661681618109595648_n.jpg
(昨日と言っていることが違う)

前半三日間を終えての感想です。
「ここで出会える人が楽しい人ばかりで良かった。」
「ここまで手がかかる分、秋の収穫が楽しみ。」
「毎年恒例のこの講座で、持って帰ったほだ木はずっと失敗続き。
今年はうまくいくように期待したい。」
「毎年メンバーが違うので、新しいお話しが聴けて、何度来ても楽しい。」
「ご飯が美味しい。」

スタッフの感想は、
「子どもを連れてきたい。」
「何年も同じ講座をやってきても、来る人が変わって、どんどん裾野が広がっている感じ。」
「ここに集まってくる人が好き!」

これからも里山づくりという名の人づくりを続けていきたいと思います。

おの(後半に続く)
  1. 2020/03/03(火) 00:13:52|
  2. ┗ ろうきん森の学校
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<森工塾「シュリンクポットづくり」開催しました(3月7日) | ホーム | 森工塾「舞茸原木栽培」②煮沸殺菌(2月29日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1323-b872762d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)