FC2ブログ

GWWlogo

人力の道具で生木を削って小物や家具をつくる、グリーンウッドワークの講座を行っています。
これからの講座の予定は、下のメニューの「年間スケジュール」をご覧ください。

竹細工 ~竹細工教室  成果の巻 の続きの続きの・・・~

令和2年最初の報告です。

☆ 麻の葉つぶし の平笊です。
  途中の編みは難しかったけど、出来上がりには満足してます。高価そうに見えるし。
P1105828_convert_20200229111029.jpg
ξ ひごが薄かったからか、全体的に柔らかくなりましたね。

☆ 鉄線 の平笊です。
  編みが楽しめるようになりました。 
P1125830_convert_20200229111042.jpg
ξ 鉄線編みが楽しめるとはすごいですね。

☆ 茶碗籠(課題の2個目) です。
  ひご作りも編みも楽しかったです。
  ひご作りは均一にならず、難しかったです。
P1125832_convert_20200229111617.jpg
ξ いい形にまとまりましたね。

☆ 網代編み の手提げ籠です。
  大体こんな感じの籠にしたい、といって作り始めたけど試行錯誤の連続で四苦八苦しました。
  これから中の袋を色々変えて楽しみます。
P1125836_convert_20200229111701.jpg
ξ 持ち手を工夫したり中の袋も自作したりで、楽しんでますねぇ。

☆ 網代編み の弁当箱です。
  いやぁ長かった。
  編みの規則性が分からないし、火曲げに慣れてないので寸法が決まらなくて・・・
  竹細工っぽいんで、出来上がったことは満足してます。
P2075888_convert_20200229111716.jpg
ξ 縁の火曲げは難しいです。でもお子さんのために良いものが出来ましたね。
  長く使ってくれることを願ってます。

☆ 小熊手 です。
  爪の火曲げは、寸法を揃えるのが難しかったです。
  用途によって形を変えて作るのは面白かった。
P2095893_convert_20200229111729.jpg
ξ 生活の中の夫々の場所で使いやすい形に拵えて、昔の人はすごいと思います。

☆ 網代編み の子供の弁当箱です。
  編みは少しずつ慣れてきてると思うけど、立ち上がりの角は何度やっても難しいです。
  でも、出来上がればうれしいですね。
P2215901_convert_20200229111744.jpg
ξ やっぱり数をこなすことですね。

☆ 雪洞 (ひな壇の手前の白い球) です。
  ひいなさまの雪洞です。雪洞を作ろうと思いついてから出来上がるまで、ものすごく時間がかかったしいろいろ考えました。何とか出来たけど、なんかいまいち。
  また来年考えます。
1582450484627_convert_20200301134504.jpeg
ξ こういうものは何でもありで、工夫するのは面白いですよね。

花粉の季節だし、コロナのこともあるし、どうすりゃいいんだろうと思いますが、出来ることをやって何とか乗り切るしかないですね。
ではまた次の成果報告をお楽しみに。

                  (キト)
  1. 2020/02/29(土) 14:14:41|
  2. 竹細工の技術継承
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<森工塾「舞茸原木栽培」②煮沸殺菌(2月29日) | ホーム | 第16回川と山のぎふ「まざりば」開催しました(2月27日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://greenwoodwork.blog112.fc2.com/tb.php/1321-448ca185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)